【コスパ最強】OPPO Reno7 A 実機 レビュー

2021年 ベストバイ 買って良かったスマートフォン 5選【購入した80台から選出】

2021年ベストバイスマートフォン 5選【購入した80台から選ぶ】
  • URLをコピーしました!
楽天モバイルからの乗り換えにはLINEMOがオススメ!

どうも、スマホマホ(@sumahomaho)です。

2021年も終わり、寅年の2022年がやってきます。

今年はデジタル化やキャリアのオンライン専用ブランド()の誕生など通信業界において大きな変化があった1年でした。

さて、2021年最後の記事として、筆者が今年購入したスマートフォンの中から万人におすすめできるスマートフォンを5台紹介します。

当初は1台のみ選出する予定でしたが、選びきれないため5台になりました( ノД`)シクシク…

目次

2021年に購入したスマートフォン

筆者が2021年に購入したスマートフォンは以下の80台(49機種)で、2020年の30台、2019年の54台から大幅に増えました。

このうち、格安SIMの速度測定用に購入したiPhone SE(第2世代)が22台含まれています(*`艸´)ウシシシ

様々なメーカーのスマートフォンを購入してきたつもりでしたが、見返すとSHARPのスマートフォンが1台もありませんでした。

2022年はAQUOS R6、AQUOS zero6、AQUOS sense6辺りを購入していこうかと思います。

筆者が2021年に購入したスマホは以下の通りです。

メーカー機種名
AppleiPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone 12 Pro ×2台
iPhone 13 mini
iPhona 13
iPhona 13 Pro
iPhone SE(第2世代) ×22台
ASUSZenfone 8 Flip
Zenfone 8 ×2台
GooglePixel 3a
Pixel 4a
Pixel 4a (5G) ×2台
Pixel 5a (5G)
Pixel 3
Pixel 5 ×2台
Pixel 6 Pro ×2台
Pixel 6
HUAWEIMate 40 Pro
P50 Pro
LGV60 ThinQ
Fx0
motorolamoto g100
Motorola Edge 20
edge 軽奢版
OPPOFind X3 Pro
Find X3 ×2台
Reno3 5G
Reno5 A
A54 5G
SamsungGalaxy Z Fold3 5G
Galaxy Z Fold2 5G
Galaxy S21 Ultra 5G ×2台
Galaxy S21 5G Olympic Games Athlete Edition
Galaxy S21 5G
Galaxy A51 5G
SONYXperia PRO-I
Xperia 1 Ⅲ
Xperia 1 II ×2台
Xperia 5 Ⅲ
Xperia 5 Ⅱ
Xperia 5
Xperia 10 Ⅲ Lite
XiaomiMi 11 Ultra 5G ×2台
Mi 11 雷軍 Special Edition
Mi 11 Lite 5G
11T Pro
11T
Redmi 9T
合計金額4,716,597円

車買える金額じゃん( ゚Д゚)

2021年のベストバイスマートフォン 5選

2021年のベストバイスマートフォン 5選

2021年のベストバイスマートフォンを選出するに辺り、以下のことを重視しました。

  • 価格
  • サイズ
  • 入手難易度
  • 簡単に写真が撮れるかどうか
  • 一般人が満足する性能か機能か

スマートフォン選びにおいて価格は非常に重要な要素で、価格が高ければ高いほど良いというわけでもありません。

4万円程度のスマートフォンでも快適に使える端末がある一方で、10万円以上するスマートフォンでカメラの完成度が低いといった機種まで存在します。

スマートフォン選びでは端末のサイズや入手難易度も考慮する必要があります。

スマートフォンのサイズは意外と慣れてしまうことも多いですが、気にする方は多いです。

今回選出したスマホは簡単に入手できる機種(日本未発売端末は対象外)のみ採用しています。

また、「シャッターボタンを押すだけで綺麗な写真が撮れる」など簡単に操作できる機種をピックアップしたため、一般の方が十分満足できる機種ばかりとなっています。

それでは、 私、スマホマホ(@sumahomaho) が選び抜いた「2021年のベストバイスマートフォン【5選】」を紹介します。

第5位:ASUS Zenfone 8

ASUS Zenfone 8
良い点
悪い点
  • 処理性能
  • 防水・防塵
  • デュアルSIM
  • ディスプレイ
  • 発熱(改善傾向?)
  • 電池持ち
  • 文鎮化のリスクあり?

5位に選んだのは大型なスマートフォンが増える中、比較的コンパクトなASUS Zenfone 8です。

特出した性能はありませんが、価格と性能のバランスが非常に良く普段の持ち歩きスマホにぴったりです。

ASUS Zenfone 8のカメラは2年前に発売したZenfone 6と比べると大幅に進化し、シャッターボタンを押すだけで安定した品質の写真が撮れることに驚かされました。

ただ、小型端末ということもあり電池持ちが悪いです。

また、ごく一部のZenfone 8利用者で端末が文鎮化して起動すらしなくなると報告していますが、私が所有している2台(国内版と海外版)は今のところ問題ありません。(気にされる方は購入を控えましょう。)

Skyblue(@skyblue_1985jp)さんの情報によると、一部の店舗では、通常79,800円で販売されている8GB+128GBモデルが59,800円で販売されているようでかなりお買い得と言えます。

詳細はレビュー記事をご覧下さい。

第4位:Samsung Galaxy S21 Ultra

Samsung Galaxy S21 Ultra
良い点
悪い点
  • 処理性能
  • ディスプレイ
  • 最大100倍のズーム撮影
  • Sペンでメモやスケッチ
  • 生体認証(指紋・顔)
  • 価格
  • 重くてデカい
  • 電池持ち
  • docomoのみ販売(国内)

4位にはサムスンの技術が詰めこまれたGalaxy S21 Ultraを選びました。

Galaxy S21 Ultraは筆者が普段最も利用している?スマートフォンです。

Galaxy S21 Ultraは高い(価格)、重い、大きい、そして、日本国内ではドコモのみの取り扱いということで入手難易度も若干高いためこの順位としましたが、カメラのズーム性能(国内端末において)、ペンでのライティング機能、精度の高い生体認証はどれも普段の生活で助かるものばかりです。

100倍ズームは正直日常生活ほとんど使いませんが、10倍の光学ズーム(画質が落ちにくい)ぐらいまでは案外風景を撮る時などに役立ちます。

3位:Apple iPhone 13 mini

良い点
悪い点
  • 処理性能
  • ディスプレイ
  • 価格が安い
  • 電池持ち
  • 指紋認証非対応
  • (端末がコンパクト)

3位に選んだのは、誰もが知っている、最新のiPhone 13シリーズの小型モデルであるiPhone 13 miniです。

iPhone 13 miniはiPhone 12 miniと比べると電池持ちディスプレイの輝度(明るさ)が改善していますが、それでも電池持ちは物足りなさがあります。

ただ、Phone 13 miniは電池持ちとトレードオフでコンパクトさや軽さに重きを置いた端末です。

iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini
左からiPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini

筆者は元々「iPhone 13 miniのディスプレイは小さすぎるだろ?」と考えていましたが、実際に使ってみると、このサイズ感はすぐに慣れ、もはや快適に感じます。

また、各キャリアが異常なキャンペーンを行っているため、価格も非常に魅力的です。

端末の返却は必要ですが、docomoの場合、iPhone 13 miniが実質23円で利用できます(23ヶ月間毎月1円を支払い、支払い完了時に機種を返却)。

2位:Google Pixel 6

Google Pixel 6
良い点
悪い点
  • 便利なカメラ機能
  • 翻訳や音声認識を端末内で処理
  • 価格が安い
  • 重くて大きい
  • 顔認証非対応
  • 細かなバグ

2位にはGoogle Pixel 6を選びました。

Google Pixel 6にはAIや機械学習の機能を向上させるGoogle独自開発のチップセット「Tensor」を搭載しており、これが予想以上の働きをしてくれます。

Pixel 6のカメラはiPhoneのようにシャッターボタンを押すだけで綺麗な写真が撮影できるのも大きな魅力です。

それだけでなく、動く被写体を流し撮りのように撮影できる「モーションモード」、背景に写り込んだ邪魔なものを消去できる「消しゴムマジック」など便利なカメラ機能が端末内に組み込まれています。

Google Pixel 6にはスペックシート上ではわからない良さが多くあります(近日中にレビュー記事掲載予定)。

Google Pixel 6、Xiaomi 11T Pro
左からGoogle Pixel 6、Xiaomi 11T Pro

ライバル機のXiaomi 11T Proは120W超急速充電対応や高品質のディスプレイなど目を引くところはありますが、harman/kardon監修のステレオスピーカーが期待外れ、カメラも予想通りそこまででない(AIの補正が異常に強い)という印象です。

1位:Xiaomi Mi 11 Lite 5G

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
良い点
悪い点
  • 比較的高性能
  • おサイフケータイ対応
  • 軽くて薄い
  • 価格が安い
  • 大きい
  • 電池持ち

1位は文句なくXiaomi Mi 11 Lite 5Gです。

Mi 11 Lite 5Gは同価格(定価)でライバル機のOPPO Reno5 Aと比べても、デザイン、操作性(カクカクしない)、重さ、生体認証などあらゆる面において上回っています。

カメラ性能に関しては優劣つけがたいですが、上位モデルのMi 11と比較してもMi 11 Lite 5Gの写真を支持する方が多いので十分実用的なレベルかとは思います。

その他のXiaomiのスマートフォン(最上位モデルのMi 11 Ultraを含む)でも比較しましたが、十分健闘していると言えるでしょう。

また、Mi 11 Lite 5Gの発売当初は「ゲームがカクつく」、「FeliCaとタッチ決済を併用する場合は手動でモードを切り替えなければならない」など不便な部分も多くありましたが、度重なるアップデートでおおむね改善されました。

それでいて、通常43,800円程度で販売されているMi 11 Lite 5Gが、一部の家電量販店では期間限定で37,500円と驚くような価格で販売されています(儲かっているのか心配になるレベルです笑)。

https://twitter.com/sumahomaho/status/1476365880535961607?s=20

Mi 11 Lite 5Gはカラーとして、トリュフブラック・シトラスイエロー・ミントグリーンの3色が展開されているため若い世代の女性にも勧めやすく、iPhoneをメインで使っている方のサブ端末にももってこいです。

「新しいAndroidスマートフォンが欲しい」と言われ時にMi 11 Lite 5Gは人を選ばずにおススメできる2021年の名機です。

おまけ

私のようにスマートフォンは一切妥協したくないといった方には、以下の5機種をおススメします。

  • Samsung Galaxy Z Fold3 5G
  • Google Pixel 6 Pro
  • SONY Xperia PRO-I
  • Apple iPhone 13 Pro
  • Samsung Galaxy S21 Ultra 5G


楽天モバイルからの乗り換えにはLINEMOがオススメ!
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる