【裏技】OCNモバイルONEの㊙クーポン入手方法!

Zenfone 8 実機 レビュー|ASUS Zenfone 8 Flipとの違いも比較

ASUS Zenfone 8 実機 レビュー

この記事では、ASUSのハイエンドスマートフォン「Zenfone 8」の実機レビューを姉妹機の「Zenfone 8 Flip」と比較しながら紹介していきます。

目次

ASUS Zenfone 8の付属品をレビュー

ASUS Zenfone 8の外箱は紙製で非常にシンプルです。もう少し高級感があってもいいように思います。

ASUS Zenfone 8の付属品は充電ケーブル、充電器、説明書、保護ケース、IMEIが記載されたシールです。

付属のケースは硬い素材でできたポリカーボネート製です。

ASUS Zenfone8の外観をレビュー

Zenfone 8のディスプレイは5.9インチの有機ELディスプレイで左上にパンチホール型のインカメラが搭載されています。

Zenfone 8の背面はおそらくポリカーボネート製で非常にチープ感があります。

1~2万円のスマートフォンなら許されるデザインですが、8万円以上もするスマートフォンでこのデザインはあり得ません。

アウトカメラは6400万画素のメインカメラと1200万画素の超広角カメラの2眼構成です。

背面から見て右側側面には何もありません。

左側側面には電源ボタンと音量ボタンが配置されています。

側面上部には、ハイエンドモデルとしては珍しくイヤホンジャックが搭載されています。また、マイクも確認できます。

側面下部にはスピーカー、Type C 充電ポート、マイク、SIMスロットがあります。

ASUS Zenfone 8のおすすめのアクセサリーをレビュー

ケース

保護ケースは付属の物を使用しても問題はありませんが、筆者は別途、透明のTPU製のケースをAmazonで購入しました。

400円未満と非常に安価にも関わらずサイズもぴったりで、おすすめできるケースです。

フィルム

Zenfone 8は購入時点でフィルムが貼られていないため、別途用意する必要があります。

ただし、ガラスフィルムを用いると、画面内指紋認証が利用できなくなるので注意が必要です。

そのため、おすすめはミヤビックスから販売されている「OverLay Brilliant 高光沢タイプ」です。

こちらのフィルムなら、問題なく指紋認証・顔認証が行えます。(詳細は次の章)

ASUS Zenfone 8の生体認証の速度・精度をレビュー

Zenfone 8Zenfone 8 Flip
顔認証
指紋認証
(画面内)

(画面内)

Zenfone 8シリーズの両機種とも生体認証は顔認証とディスプレイ内指紋認証に対応しています。

Zenfone 8の指紋認証・顔認証の精度に問題はありませんが、ディスプレイにフィルムを貼ると画面内指紋認証が使えなくなる可能性があります。

先ほど紹介したガラスフィルムとミヤビックスのPETフィルムで指紋センサー・顔認証の精度を検証しました。

顔認証の認証速度はOPPOやXiaomiのスマートフォンには多少劣るものの通常使用で困ることはあまりありません。

ただ、顔認証は、インカメラ部分にくり抜きのあるPETフィルムでは問題ありませんでしたが、くり抜きのないガラスフィルムを使用すると認証精度が低下します。

指紋認証においてもフィルムなしの状態やPETフィルムなど薄いフィルムなら問題はありませんが、ガラスフィルムを使用すると指紋認証は使えないので注意が必要です。

PETフィルムを貼った状態での指紋認証の認証速度は以下の動画の通りで、非常に高速です。

ミヤビックス OverLay Brilliant 高光沢タイプ フィルム貼付済み

ASUS Zenfone 8の生体認証の速度・精度についてまとめると以下の表のようになります。

悪い
普通
良い
顔認証
フィルムなし
1
2
3
4
5
くり抜きあり
1
2
3
4
5
くり抜きなし
1
2
3
4
5
指紋認証
フィルムなし
1
2
3
4
5
PETフィルム
1
2
3
4
5
硝子フィルム
1
2
3
4
5

ASUS Zenfone 8のサイズ・重さ・持ちやすさをレビュー

←Zenfone 8  Pixel 5→
スクロールできます
88 FlipPixel5iPhone12
重量169g230g151 g162 g
148165.04144.7146.7
68.577.2870.471.5
厚さ8.99.68.07.4
※ サイズの単位はmm

Zenfone 8のサイズ・重量は上図の通りです。

Zenfone 8を初めて持った時の感想は「小さい・重い・分厚っ」でした。

ASUS Zenfone 8はGoogle Pixel 5とほぼ同サイズですがZenfone 8の存在感は半端ないです。

Zenfone 8は比較的コンパクトなスマートフォンであるため持ちやすいと感じますが、持った時にずっしり感があります。

一方のZenfone 8 Flipは重量が200g超のため、比較的大型なスマートフォンと言えます。

Zenfone 8の持ちやすさ
悪い
1
2
3
4
5
良い

ASUS Zenfone 8のディスプレイをレビュー

左:Zenfone 8 右:Pixel 5
Zenfone 8Zenfone 8 Flip
画面サイズ5.9インチ6.67インチ
パネル有機EL有機EL
解像度2400 x 10802400 x 1080
リフレッシュレート最大120Hz最大90Hz
最大輝度1100 nits1000 nits

Zenfone 8のディスプレイは5.9インチの有機ELディスプレイを採用しています。

意外にも、Zenfone 8のディスプレイは、リフレッシュレート・最大輝度において上位機種?のZenfone 8 Flipより優れています。

また、ディスプレイの滑らかさに影響するリフレッシュレートは120Hzに対応しているスマートフォンでも「自動(最適化)」と「60Hz」しか選択できないことも多いですが、Zenfone 8では「自動」「120Hz」「90Hz」「60Hz」とユーザー側でリフレッシュレートを選択できるのは非常に嬉しいポイントです。

ただ、イマイチな点もあり、画像のようにキーボードで「わ」の下向きにフリック入力を行うと片手モードに切り替わり、非常にストレスです。

ASUS Zenfone 8の基本性能をレビュー

Zenfone 8Zenfone 8 Flip
SoCSnapdragon 888Snapdragon 888
メモリ8GB/12GB/16GB
(LPDDR5)
8GB
(LPDDR5)
ストレージ128GB/256GB128GB/256GB
microSD×

Zenfone 8、Zenfone 8 Flipともに、SoCは最新で最高峰の「Snapdragon 888」が搭載されています。

メモリや内蔵ストレージはモデルにより異なります。

SoCの性能ランク
低い
ローエンド
ミドルレンジ
ハイエンド
高い

Zenfone 8のベンチマークのスコア

アプリZenfone 8
AnTuTu800071
Geekbench 5
(シングル/マルチ)
1124
3526
PCMark16343

Zenfone 8の性能スマートフォンのアプリで測定してみました。

結果は上図の通りです。

数字で見ても分かりにくいため、誰もが知っている「iPhone 12」と比較してみます。

Zenfone 8の性能(AnTuTu)を比較
Zenfone 8
800071
Galaxy S21 Ultra
766724
iPhone 12
554447

上図の通り、Zenfone 8の性能は非常に優秀であることがわかります。

ただ、AnTuTuベンチマークを測定するとCPUの温度が70℃を超え(画像は67℃)非常に背面が熱くなります。

Zenfone 8は、以前紹介したXiaomi Mi 10 Ultraに匹敵するアツアツスマホです。

Zenfone 8のおススメの用途

Zenfone 8
電話
LINE
ネット検索
動画鑑賞
音楽視聴
ゲーム

◎:非常に快適
〇:快適
△:あまりおすすめしない
×:おすすめしない

「Zenfone 8を持っていれば困ることなし」といった性能です。

ただし、非常にメモリが必要な一部の3Dゲームは購入前に検証が必要です。

動作状況が気になるゲームがございましたら、コメント欄よりご連絡下さい。当ブログの管理人が動作確認を行い返信させていただきます。

ASUS Zenfone 8のカメラ性能をレビュー

Zenfone 8Zenfone 8 Flip
メイン6400万画素6400万画素
超広角1200万画素1200万画素
望遠800万画素
ズーム倍率0.5~8倍0.6~12倍
インカメラ1200万画素アウトカメラ

Zenfone 8、Zenfone 8 Flipともにメインカメラのイメージセンサーには1/1.73型のソニー製IMX686を採用しています。

IMX686はXiaomi Mi Note 10 Liteなどにも採用されているSONYのフラッグシップイメージセンサーです。

ASUS Zenfone 8で実際に撮影した写真を以下の機種と比較しながら紹介します。

  • Google Pixel 5
  • Apple iPhone 12 Pro
  • Samsung Galaxy S21 Ultra 5G

写真の下に機種名を記載しています。
画像はタップすれば拡大できます。

昼間

【超広角】

Zenfone 8は他社と比べると派手さはないものの現実に近い仕上がりとなっています。

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【等倍】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【2倍ズーム】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【5倍ズーム】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【8倍ズーム】

Zenfone 8は望遠カメラ非搭載のため、8倍での撮影は厳しいと感じます。

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

夜景

2年前に発売されたZenfone 6は夜景に非常に弱いイメージがありましたが、Zenfone 8では大幅に改善されたように感じます。

【超広角】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【等倍】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro

【2倍ズーム】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【5倍ズーム】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

【8倍ズーム】

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

食べ物

Zenfone 8において、麺の色は綺麗に表現できていますが、白ねぎの色や背景のぼかしに若干の違和感を感じます。

Zenfone 8
Pixel 5
iPhone 12 Pro
Galaxy S21 Ultra 5G

カメラ性能のレビューをまとめると、Zenfone 8はハイエンドスマートフォンであることを考えると、物足りなさを感じました。

そのため、5段階評価を行うと以下の通りです。(5が最大です。)

カメラ性能
Zenfone 8
1
2
3
4
5
Pixel 5
1
2
3
4
5
iPhone 12
1
2
3
4
5
Galaxy S21 Ultra
1
2
3
4
5

ASUS Zenfone 8の電池持ち・充電速度をレビュー

Zenfone 8Zenfone 8 Flip
バッテリー容量4000mAh5000mAh
急速充電
急速充電対応規格Quick Charge 4.0
Power Delivery
Quick Charge 4.0
Power Delivery

Zenfone 8の電池容量は4000mAhで端末のサイズを考えれば妥当です。

Androidスマートフォン向けのベンチマーク測定アプリ「PCMark」を用いて、ASUS Zenfone8のバッテリー持ち及び充電速度を測定しました。

Zenfone 8のバッテリー持ちの測定は120Hzのリフレッシュレートで行っており、他機種も最大のリフレッシュレートで測定しています。

バッテリー持ち(100%⇒20%)
Zenfone 8
4時間50分
Find X2 Pro
5時間55分
Galaxy Note20 Ultra
7時間11分
Galaxy S21
7時間57分
Galaxy S20
9時間27分
Galaxy S21 Ultra
10時間56分

電池持ちの測定結果は上図の通りで、ASUS Zenfone8の電池持ちは非常に悪いと言えます。

筆者が今までに購入したスマートフォンにおいて、同様のテストでバッテリー持ちが5時間を切るスマートフォンは見たことがありません。

また、ASUS Zenfone 8の充電速度(充電時間)の計測も行いました。

充電時間(20%⇒100%)
Zenfone 8
約1時間20分

Zenfone 8は急速充電規格のQuick Charge 4.0やPower Deliveryに対応していることもありすぐにフル充電することができます。

充電時間を気にする方はOPPOから販売されている65Wの超急速充電対応の「OPPO Find X3 Pro」をおすすめします。

ASUS Zenfone 8のの防水・防塵性能をレビュー

Zenfone 8Zenfone 8 Flip
防水・防塵IP65/IP68×

IP68とは・・・

青字は防塵性能を0~6で表しており、最大の6は「塵埃が入らない」。
赤字は防水性能を0~8で表しており、最大の8は「継続的に水中に沈めても機器は影響を受けない」。

すなわち、IP68は最も高い防水・防塵性能であるということです。

水回りで利用する方は、IP68に対応しているZenfone 8を選ぶのが良さそうです。

ASUS Zenfone 8の通信規格・SIMスロットについてレビュー

SIM①SIM②microSDeSIM
××

Zenfone 8はデュアルSIM(SIMカードが2枚挿入できる)に対応しているため2枚のSIMカードで同時に待ち受けすることが可能です。

Zenfone 8ではmicroSDが非対応となっているため、microSDを利用予定の場合はZenfone 8 Flipを選ぶのが良さそうです。

また、筆者が購入した香港版 Zenfone 8(ZS590KS)の対応バンド(周波数)は以下の通りです。

スクロールできます
5Gn1, n2, n3, n5, n7, n8, n12, n20, n28, n38, n77, n78
4GBands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26, 28
Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42
3GBands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 19

香港版 Zenfone 8(ZS590KS)には技適マークがあるため、日本国内で使用して問題ありません。

筆者の所有しているSIMカードで動作検証も行ってみました。

スクロールできます
回線通話通信備考
(Dプラン)で検証。VoLTEの利用不可。
××で検証。APNを設定するも通話・通信ともに利用不可。
××(n141)のSIMで検証。APNが設定できないため通話・通信ともに利用不可。
eSIMしか所有していないため検証不可。

また、APN設定項目には3キャリアのオンライン専用ブランド「」のAPNが既にプリインストールされていました。

Zenfone 8のレビュー|まとめ

Zenfone 8

ここまでZenfone8のレビューをお伝えしてきました。

Zenfone 8は非常にコンパクトなスマートフォンということもあり小型のスマホを求めている方におすすめです。

また、Zenfone 8は尖った機能がないため、比較的安価で高性能なスマートフォンが欲しい方にもおすすめできます。

Zenfone 8はGoogle Pixel 5の上位モデル「Pixel 5s(仮名)」のような存在です。

良い点
悪い点
  • 処理性能
  • 防水・防塵
  • デュアルSIM
  • ディスプレイ
  • 値段
  • 発熱
  • カメラ
  • 電池持ち

ASUS Zenfone 8を安く買う方法

最後にASUS Zenfone8を安く買う方法を紹介します。

海外モデル

香港版 Zenfone 8(ZS590KS)は技適取得端末のため、国内で問題なく利用できますが、利用できない(利用できない可能性がある)SIMカードがあるため注意が必要です。

機種価格備考
72,800円中古の価格
83,800円
89,634円~
83,784円~

国内モデル

ASUS Zenfone 8は日本で未発表のスマートフォンですが、技適認証を取得しているため、日本国内でもSIMフリーモデルとして販売される可能性があります。SIMフリーで販売されるとなれば格安SIMと同時に購入するのがオトクです。

機種実質価格備考
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • ポケモンGOで使用した場合の発熱、バッテリー持ちについて調査お願いします

    • コメントありがとうございます。
      120Hz、ディスプレイの輝度約60%の状態でポケモンGOをプレイした際の発熱・電池持ちは以下の通りです。

      Zenfone 8の発熱・電池持ちは非常に残念な結果でした。

      ●Zenfone 8

      端末の最大温度︰約42.0℃(非常に熱い)

      15分︰8%減
      30分︰16%減

      推定利用可能時間︰3時間7分30秒

      ※同じく4,000mAhを搭載したGalaxy S21 5Gでも同様のテストを行いました。参考までに。

      ●Galaxy S21 5G

      端末の最大温度︰約39.1℃(若干熱い)

      15分︰4%減
      30分︰8%減

      推定利用可能時間︰6時間15分

  • 日本版出たら即購入予定なのですがSD888ということでやはり発熱が気になります。
    ポケモンGOと同じようにドラクエウォークでも検証できますか?
    位置ゲーなのでリフレッシュレートは60Hzあれば十分だと思います。

    • コメントありがとうございます。
      ご要望いただいた通り、ディスプレイの輝度約60%の状態でドラクエウォーク(30FPS)をプレイした際の発熱・電池持ちを調査致しました。

      他のゲームアプリと比較する都合上、リフレッシュレートは120Hz及び60Hzで測定を行いましたが、ほとんど電池持ちに違いはありませんでした。

      ドラクエウォーク利用時の電池持ちはポケモンGO利用時ほど酷くはないので、実用レベルかと思います。

      ●Zenfone 8(ドラクエウォーク(30FPS))120Hz/60Hz

      端末の最大温度︰約37.0℃/約35.0℃

      15分:3%減/3%減
      30分︰7%減/7%減

      推定利用可能時間︰約7時間8分

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる