OPPO Reno7 A 実機レビュー|1万円台で買えます♫

オススメの格安SIM|LINEMO、UQ mobile、ahamoなら間違いなし

オススメの格安sim
  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

当記事では23の格安SIMを実際に使用している筆者が、皆さんに最適な格安SIMを提案します。

格安SIMをを扱う事業者は500を超えるとも言われており、私たち一般ユーザーからするとどの格安SIMを選べば良いのか迷ってしまいます。

悩んでいる人

いろんな格安SIMのサイトを見てみたけど正直違いがわからない。

スマ男

格安SIMは速度が遅いと聞いたけど、どこも遅いのかな?

スマホマホ

今使っている格安SIMの速度が遅いから乗り換えたいけど、そこが速いのかわからない。

など、公式サイトを見ても違いがわからないケースはよくあります。

そのため、筆者が実際に利用している有名所の格安SIMの中からさらに厳選し、皆さんにおすすめの格安SIMを紹介します。

その前にそもそも「格安SIMとはなんなのか?」を簡単に説明します。

格安SIMとは、通信料が携帯キャリア(ドコモ、au、SoftBank、楽天)よりも低価格な通信サービスのことを指します。

一般的には、大手キャリアから通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO、Mobile Virtual Network Operator)のことを指すことも多いですが、この記事ではキャリアとも呼ばれる移動体通信事業者(MNO、Mobile Network Operator)が展開するサブブランドやオンライン専用ブランドも格安SIMとして扱います。

目次

格安SIMでMVNOを選ぶメリットが少ない理由

メインブランドオンライン専用ブランドサブブランド
docomoahamo
aupovoUQ mobile
SoftBankLINEMOYmobile
楽天モバイル

2021年にはキャリアの低価格なオンライン専用ブランド(ahamo、povo、LINEMO)が誕生し、MVNO(IIJmio、mineoなど多数)を選ぶメリットはかなり少なくなりました。

MVNOを選ぶメリットが少なくなった理由は以下の3つが上げられます。

  • 速度
  • 料金
  • サポート

速度

2022年5月 下り速度のスコア 箱ひげ図 オススメの格安SIM
:メインブランド :サブブランド :オンライン専用ブランド

当サイトでは毎月格安SIMの測定を行っています。

そのデータからもMVNOよりもMNO(メインブランド、サブブランド、オンライン専用ブランド)の方が速度の面で優れている傾向にあります。

2022年5月の各格安SIMの下り速度をまとめた画像を見てもMNOの方が速度が出ているのは明らかです(SoftBank回線はなんとも言えませんが・・・)。

最新の速度測定結果はコチラで確認できます。

「なぜ、MVNOは回線の混雑する時間帯を中心に速度低下が起こりやすいのか」を簡単に解説します。

画像を見て下さい。

わかりやすいように、道路(帯域)と車(ユーザー)に例えて考えてみます。

MNOは3車線分の道路(帯域)を全て利用できますが、MVNOはコスト削減のため一部の道路(帯域)しか借りていません。

そのため、MVNOは多くの車(ユーザー)が利用するお昼休みや夜間の時間帯などになると道路(帯域)が混み合い、速度低下に繋がります。

料金

政府主導による「携帯料金値下げ」が実現し、MNOのオンライン専用ブランドが誕生しました。

そのため、MNO(オンライン専用ブランド)の価格差がほとんどない状況となりました。

楽天モバイル(MNO)はオンライン専用ブランドに対抗して値下げを実施し、現在では異常なほどお得な料金プランとなっています。

実際にMNO(オンライン専用ブランド)とMVNO(一部)の月額料金を比較してみます。

スクロールできます
楽天モバイル
MNO
LINEMO
MNO
OCNモバイルONE
MVNO
aeon-mobile-logo
MVNO
mineo-logo
MVNO
1GB1,078円770円858円1,298円
3GB1,078円990円990円1,078円
10GB2,178円1,760円1,848円1,958円
20GB2,178円2,728円1,958円2,178円
赤字:最安値

表のように実際に価格を比較してみるとMNOとMVNOの価格差はあまりないと言えます。

強いて言うならば、1GB、3GBなどの小容量はMNOが安く、10GB、20GBなどの大容量はMVNOの方が安い傾向にあります。

サポート

MNOとMVNOでは資金力も違うため、MNO方が手厚く迅速なサポートを受けられることが多いです。

MVNOでは「電話で問い合わせても全然つながらない」「MNP予約番号の発行に時間がかかる」などサポート面や対応で不安になることもあります。

各格安SIMのサポート面に関してもこのあとに記載しています。

おすすめの格安SIM

大変お待たせしました(汗)

それでは、オススメの格安SIMを紹介します。

1位:LINEMO

はY!mobileのシステムを流用していることもあり、全体的に満足度の高い格安SIMです。

筆者もメインで利用しているほどです。

3GBのミニプランが990円で利用できるのは非常に衝撃です。

LINEMOLINEMOはSoftBankのオンライン専用ブランド
速度は非常に速い(Y!mobile、SoftBank相当)
煩わしい割引は不要で3GB 990円/月
回線SoftBank
速度
非常に速い
店頭サポート
なし
サポート
チャット
電話
プラン
月額料金

ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
データ繰り越し
非対応
マイページ
見やすいが情報量が若干多い
主なキャンペーン他社からの乗換で1.2万円相当還元
ミニプラン基本料半年間実質無料キャンペーン
通話準定額(5分以内の通話が無料)が1年間無料
LINE MUSICが6カ月間無料
メリット3GBのプランが990円で利用可能

速度が速い
新規・MNPで最大1.2万円還元

マイページがY!mobileとほぼ同じで見やすい
デメリット店頭サポート非対応

プランの種類が少ない
スマホの販売なし

2位:UQ mobile

UQ mobileUQ mobileはauのサブブランド
店舗でのサポートが受けられるので安心感抜群
速度は非常に速い
料金は自宅セット割を適用すれば激安
節約モードでパケットも節約可能
回線au
速度
非常に速い
店頭サポート
あり(2,300店舗以上)
サポート
店頭
チャット
電話
プラン
月額料金

くりこしプランS +5G(3GB):1,628円(990円)
くりこしプランM +5G(15GB):2,728円(2,090円)
くりこしプランL +5G(25GB):3,828円(2,970円)

※()内の金額は自宅セット割適用時
データ繰り越し
対応(翌月まで)
マイページ
見やすいがauとのシステム統合によりバグあり
主なキャンペーンデータ増量オプションⅡが13ヶ月無料
自宅セット割
他社からの乗換で最大1.2万円還元
あなたにはがオススメです。
メリット速度が速い

店頭サポート対応

データの繰越あり

データの節約モードあり

MNPで最大1.2万円還元

スマホの販売あり
デメリット自宅セット割が適用不可だと料金は割高

3位:ahamo

ahamoahamoはドコモのオンライン専用ブランド
速度は非常に速い
現状20GBのプランのみ
5分以内の通話は何度でも無料
回線docomo
速度
非常に速いがパケ詰まりが致命的
店頭サポート
あり(3,300円/回)
※申込み・手続きのサポートのみ
サポート
チャット
店頭
※チャットで解決せずたらい回しにされることがある
プラン
月額料金

20GB:2,970円
5分以内の通話無料

大盛りオプション:+80GB 1,980円
データ繰り越し
非対応
マイページ
見やすいが、オンラインで手続き不可なケースあり
※eSIM再発行、ahamo⇒docomoのプラン変更はドコモショップでの対応
主なキャンペーン他社からの乗換で1万円相当還元
メリット速度が非常に速い

MNPで最大1万円還元
デメリット他キャリアと比較してパケ詰まりで通信できないことが多い

サポートの対応が不十分

マイページで手続きが完結しないことがある

4位:Y!mobile

YmobileY!mobileはSoftBankのサブブランド
店舗でのサポートが受けられるので安心感抜群
速度は非常に速く、料金も家族割を適用すれば激安
プランに508円/月相当のYahoo!プレミアムが含まれる
回線SoftBank
速度
非常に速い
店頭サポート
あり(ワイモバイルショップ:約2,600店)
サポート
店頭
チャット
電話
プラン
月額料金

シンプルS(3GB):2,178円(990円)
シンプルM(15GB):3,278円(2,090円)
シンプルL(25GB):4,158円(2,970円)

※()内の金額は家族割適用時
データ繰り越し
対応(翌月まで)
マイページ
見やすいが情報量が若干多い
自社に不利な情報はわかりにくい場所にある
主なキャンペーンデータ増量OP1年無料
家族割引サービス
他社からの乗換でスマホが最大3.6万円引き
ワイモバ親子割
あなたにはがオススメです。
メリット速度が速い

店頭サポートあり
データの繰越あり

MNPで最大3.6万円引き
スマホの販売あり
PayPayがお得に使える

Yahoo!プレミアムが付帯
デメリット家族割がないと月額料金が非常に高い

5位:楽天モバイル

楽天モバイル楽天モバイルは1プランで非常に分かりやすい
料金は非常に安いにも関わらず店舗でのサポートも対応
Rakuten Linkのアプリを使えば通話は無料
他社より圏外の場所が多いので注意
回線楽天
速度
非常に速い
店頭サポート
あり(約1,000店)
サポート
店頭
チャット
電話
プラン
月額料金

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

0GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~(無制限):3,278円
データ繰り越し
非対応
マイページ
非常に見やすく洗練されている
eSIMの発行がスムーズ
主なキャンペーン他社からの乗換でスマホが実質最大3.5万円引き
楽天ひかりが1年無料
メリット月額料金が非常に安い

通話(Rakuten Link)が無料

速度が速い

店頭サポート対応

段階制の料金プラン

MNPで最大3.5万円還元

iPhoneが安い(世界最安級)
デメリット他キャリアと比べて圏外になりやすい
1GB未満の月額料金が0円⇒1,078円に大幅値上げ

楽天モバイルの楽天回線エリア外の場合や圏外が心配な場合は以下のSIMを検討しましょう。

店頭サポート
絶対に必要
店頭サポート
どちらとも言えない
1GB1人で利用:
家族で利用:
20GB
無制限

6位:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEOCNモバイルONEはNTT系の格安SIM(MVNO)
スマホとSIMカードのセット購入が非常にお得
月額550円~利用できるが速度は若干遅い
回線docomo
速度
速い
店頭サポート
なし
サポート
チャット
電話
メール
プラン
月額料金

500MB/月コース:550円(10分通話無料)
1GB/月コース:770円
3GB/月コース:990円
6GB/月コース:1,320円
10GB/月コース:1,760円
データ繰り越し
対応(翌月まで)
マイページ
非常に見やすいが、他のOCNサービスの情報も表示されるので注意
主なキャンペーン㊙クーポン利用でスマホが激安
Amazon Music Unlimitedが実質無料
メリットスマホ+SIMのセットが激安

料金プランが豊富

サポートの問い合わせ方法が豊富で対応が早い
デメリット端末セットの割引額が下がりお得感が少なくなる
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次