【裏技】OCNモバイルONEの㊙クーポン入手方法!

motorola edge 20 実機 レビュー|Mi 11 Lite 5Gやmoto g100との違いを比較

スマホマホ

こんにちは、スマホマホです。
@sumahomaho)や @sumahomaho)もやってます。

Motorolaのミドルレンジスマートフォン「motorola edge 20」の実機レビューをいち早く皆さんにお届けします。

motorola edge 20(XT2143-1)は2021年10月22日に日本でも発売されました。

motorola edge 20は6.7インチで144Hzのフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイ、Snapdragon 778GのSoC、6GBもしくは8GBのメモリ、128GBもしくは256GBの内蔵ストレージ、4000mAhのバッテリー容量、30Wの急速充電と機能がもりもりにも関わらず、5Gスマートフォンとしては最薄クラスの6.99mmと薄型ボディーに仕上がっています。

そんな魅力満載のmotorola edge 20を実際に使用して感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 軽くて持ちやすい
  • 画面の反応が良い
  • カメラがリアルに撮れる
  • 電池持ちが非常に悪い
  • 価格が高い
  • 発熱しやすい

それでは、motorola edge 20のレビューを詳しくお伝えします。

目次

motorola edge 20の付属品をレビュー

日本国内で販売されるmotorola edge 20の外箱は紙製で黒を基調としています。

グローバルモデルのmotorola edge 20は中国ではmotorola edge 軽奢版として販売されています。

motorola edge 軽奢版は白を基調とした外箱となっています。

販売される地域により箱のデザインが異なるのは面白いですね。

今回紹介するmotorola edge 20は、国内版のmotorola edge 20及び中国モデルのmotorola edge 軽奢版(グローバルROM)の2機種でレビューを行っています。

motorola edge 20の付属品は以下の通りです。

  • motorola edge 20 本体
  • 説明書×2
  • 透明で柔らかい素材のTPUケース
  • USB-C イヤホンジャック変換ケーブル
  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • SIMピン
  • IMEIが記載されたシール

motorola edge 軽奢版の付属品は以下の通りです。

  • motorola edge 軽奢版 本体
  • 説明書×2
  • フィルム(ディスプレイに貼付済み)
  • 透明で柔らかい素材のTPUケース
  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • SIMピン
  • IMEIが記載されたシール

Motorolaの一部のスマートフォンは本体にケースが装着された状態で箱に入ってため、驚く方もいるかもしれません。

motorola edge 軽奢版は、ディスプレイにペラペラのPETフィルムが既に貼付されていますが、日本で販売されている国内版のmotorola edge 20にはフィルムは貼られていないので別途購入しましょう。

国内版はフィルムがない代わりにイヤホンジャック変換アダプターとイヤホンが同封されています。

motorola edge 20の外観・ディスプレイをレビュー

motorola edge 20はXperiaやiPhone 13シリーズなどのように側面が角ばったデザインとなっています。

motorola edge 20のディスプレイは6.7インチの有機ELディスプレイを採用しています。

また、motorola edge20は大画面のスマートフォンにも関わらず、重さはわずか163gと非常に軽いです。

ディスプレイの中央上部にはパンチホール型のインカメラ(約3200万画素)が搭載されています。

motorola edge 20のカラーはフロステッドグレイ(Frosted Grey)とフロステッドホワイト(Frosted White)の2色展開です。

国内版はフロステッドグレイ一色になります。

今回筆者が購入したのはフロステッドホワイトのカラーでシルバーのような色合いですが、角度によっては画像のようにエメラルドグリーン色に見えるため非常におしゃれです。

個人的には、国内でも美しいフロステッドホワイトのカラーを発売して欲しかったです( ノД`)シクシク…

背面から見て右側側面にはGoogleアシスタントボタンがあります。

Googleアシスタントの機能をOFFにすることはできますが、他のアクションやアプリを割り当てることはできないようです。

左側側面には電源ボタン(指紋センサー搭載)と音量ボタンが配置されています。

側面上部にはマイクがあります。

側面下部にはスピーカー、Type C充電ポート、マイク、SIMスロットがあります。

下部にSIMスロットが搭載される機種も増えてきたように感じます。

motorola edge 20の生体認証の速度・精度をレビュー

motorola edge 20の生体認証は顔認証と指紋認証に対応しています。

motorola edge 20の顔認証の精度・速度は良好でmoto g100と同程度ですが、Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと慎重に比べてみると若干遅い印象を受けます。

motorola edge 20の顔認証は設定を変更すれば、端末を持ち上げるだけでロックを解除したり、ロック画面をスキップすることができます。

ただ、motorola edge 20はマスク装着したままでの認証や登録ができないので注意が必要です。

指紋センサーはディスプレイ面から見て右側側面に配置されており、指紋を最大5つまで登録できます。

motorola edge 20の指紋認証の精度・速度は非常に良好で、Mi 11 Lite 5Gと同程度ですが、moto g100と比べるとワンテンポ遅いです。

顔認証
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5
指紋認証
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5

motorola edge 20のサイズ・重さ・持ちやすさをレビュー

Mi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
重量159g163g215g
160.53163.00168.38
75.7376.0073.97
厚さ6.816.999.69
※ サイズの単位はmm

motorola edge 20のサイズ・重さをスペック・サイズともに性能が近いMi 11 Lite 5Gや、motorolaの上位モデルであるmoto g100と比較してみました。

motorola edge 20やMi 11 Lite 5Gの重さは160g前後とiPhone 12(162g)並みに軽量のスマートフォンとなっているいる一方で、moto g100は215gとiPhone 13 Pro(203g)以上に重いため実際に使用していると手が疲れると感じることもあります。

サイズに関してはこちらもmotorola edge 20とMi 11 Lite 5Gでほぼ同サイズですが、moto g100はかなり縦長です。

持ちやすさについては、いずれの機種の比較的大型なスマートフォンであることを考えるとそこまで持ちやすくはありません。

motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gは大型ディスプレイを搭載していますが、軽量化されているため以外に気になりません。

一方のmoto g100は縦長で横幅が短いため、非常に持ちやすくなっています。

motorola edge 20の持ちやすさ
悪い
1
2
3
4
5
良い
Mi 11 Lite 5Gの持ちやすさ
悪い
1
2
3
4
5
良い
moto g100の持ちやすさ
悪い
1
2
3
4
5
良い

motorola edge 20のディスプレイをレビュー

Mi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
画面サイズ6.5インチ6.7インチ6.7インチ
比率20:920:921:9
画面占有率85.3%90.6%84.2%
パネル有機EL有機EL液晶
解像度FHD+
(1080×2400)
FHD+
(2400 x 1080)
FHD+
(2520 x 1080)
ピクセル密度402ppi393ppi409ppi
リフレッシュレート最大90Hz最大144Hz最大90Hz
タッチサンプリングレート240 Hz576Hz
最大輝度800nits

motorola edge 20のディスプレイは6.7インチの有機EL(POLED)ディスプレイで、アスペクト比は20:9です。

motorola edge 20のディスプレイはMi 11 Lite 5Gやmoto g100と比べるとそこまで大きな違いはありませんが、リフレッシュレートやタッチサンプリングレートにおいてはは明らかに優れています。

motorola edge 20のディスプレイは144Hzリフレッシュレート、576Hzのタッチサンプリングレートに対応しているため、非常に滑らかに表示されます。

タッチサンプリングレートとは

タッチサンプリングレートは1秒間に画面のタッチを認識する回数のことで、単位はHzです。

motorola edge 20のリフレッシュレートの設定は自動・60Hz・144Hzから選択できますが、中間の90Hzもあると使いやすいと感じました。

ASUSのZenfone 8は、自動・60Hz・90Hz・120Hzからリフレッシュレートを選択できるため非常に使い勝手が良いです。

motorola edge 20はミドルレンジクラスのスマートフォンのため、ゲームをがっつりプレイする方には向きませんが、ブラウジングや軽めのFPSゲームで快適さを感じることができます。

motorola edge 20の基本性能をレビュー

Mi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
SoCSnapdragon 780GSnapdragon 778GSnapdragon 870
メモリ6GB8GB8GB
ストレージ128GB128GB/256GB128GB
microSD×
FeliCa〇(国内版)
×(海外版)
××

moto g100はハイエンドモデルのSoC(最高峰ではない)が採用されている一方、motorola edge 20やMi 11 Lite 5GにはミドルレンジモデルのSoCが採用されています。

とわいえ、どれくらいの性能差なのかわかりにくいため、グラフで大まかな性能を5段階で表すと以下のようになります。

moto g100
低い
高い
motorola edge 20
低い
高い
Mi 11 Lite 5G
低い
高い

motorola edge 20のベンチマークのスコアを比較

アプリMi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
AnTuTu517977521490659465
Geekbench 5
(シングル/マルチ)
790
2550
639
2270
964
2772
PCMark108811364911956

motorola edge 20、Mi 11 Lite 5G、moto g100のAnTuTuベンチマーク、Geekbench 5、PCMarkのスコアを測定した結果は上記の通りです。

AnTuTuベンチマークはスマートフォンの総合的な性能を測定できるベンチマークアプリで、スコアは以下の通りです。

motorola edge20の性能をAnTuTuベンチマークのスコアを用いて主な機種と比較してみました。

motorola edge20の性能を比較
moto g100
659465
iPhone 12
554447
motorola edge 20
521490
Mi 11 Lite 5G
517977
OPPO Reno5 A
380109

motorola edge 20やMi 11 Lite 5Gはミドルレンジとも言えますが、AnTuTuベンチマークのスコアだけで判断するとiPhone 12に匹敵するため、ハイエンドモデルといっても過言ではありません。

Geekbench 5は電子機器(PC、スマートフォン)のCPU性能を測定するベンチマークアプリで、各機種のスコアは以下の通りです。

PCMarkもAnTuTuベンチマーク同様に電子機器の総合的な性能を測定できるベンチマークアプリで、3機種のスコアは以下の通りです。

PCMarkではベンチマークの測定を何周も行い、電池持ちも測定することができます(後ほど紹介)。

motorola edge 20のおススメの用途

Mi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
電話
LINE
ネット検索
動画鑑賞
音楽視聴
ゲーム

◎:非常に快適
〇:快適
△:あまりおすすめしない
×:おすすめしない

motorola edge 20、Mi 11 Lite 5Gの両機種はミドルレンジモデルの上位機種ということもあり、重い3Dゲームをプレイする方は向きませんが、それ以外は問題なくこなしてくれます。

Mi 11 Lite 5Gはゲームプレイ時にカクツクと問題になっていましたが、最新のアップデートで改善されています。

moto g100はハイエンドモデルではあるものの、最高峰のSnapdragon 888ではなくSnapdragon 870を搭載しています。

そのため、「moto g100でゲームできるかな?」と不安になる方もいるかもしれませんが、Snapdragon 870はSnapdragon 888よりもゲームプレイにおいては安定しており発熱もしにくいため、moto g100も十分おススメできます。

また、ゲームの動作状況等の調査も承っていますので、お気軽にコメント欄よりご連絡下さい(リフレッシュレート144Hzでの測定となります)。

motorola edge 20のカメラ性能をレビュー

Mi 11 Lite 5Gmotorola edge 20moto g100
メイン6400万画素10800万画素6400万画素
超広角800万画素1600万画素1,600万画素
マクロ500万画素
望遠800万画素
深度測位200万画素
ズーム倍率0.60~10倍0.50~30倍0.5~8倍
インカメラ2000万画素3200万画素1600万画素

 motorola edge 20のアウトカメラはメインカメラ(1/1.52インチ、108MP、F1.9)+望遠カメラ(8MP、F2.4、光学3倍ズーム)+超広角・マクロカメラ(16MP、F2.2)の3眼構成で、光学式手ブレ補正(OIS)にも対応しています。

Mi 11 Lite 5Gやmoto g100のアウトカメラの構成は上記の表でご確認下さい。

motorola edge 20のインカメラは32MP(F2.25)で、Mi 11 Lite 5Gやmoto g100と比べると高画素です。

実際に3機種で撮影した写真を紹介しながら比較していきましょう。

写真はmotorola edge 20⇒Mi 11 Lite 5G⇒moto g100の順番で掲載しています。写真の左下に機種名を記載していますが、motorola edge 20はmotorola edge 軽奢版と表示されています。

食べ物の作例

まずは、千葉県・松戸駅前に昔からある「たい焼き きくや」のたい焼きです。

私が幼稚園児だったころ(約20年前)よりあんこが減り甘く感じましたが、ちょうど良い量になりました。

motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gの写真を比較すると彩度は近いですが、Mi 11 Lite 5Gの方が盛っているように感じます。

一方のmoto g100は現実離れした写真に仕上がっており、ハイエンドモデルらしさはありません。

続いて、北海道のスイーツ「シレトコドーナツ」を2種類紹介します。

こちらも、motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gの写真の仕上がりの傾向は似ていますが、Mi 11 Lite 5Gの方が綺麗にボケているように感じます。

moto g100は・・・です。

ピザはmotorola edge 20が一番ナチュラルに撮影できていると感じます。

Mi 11 Lite 5GはAIの補正が強めですが、綺麗に撮れています。

風景の作例

続いて風景を紹介します。

motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gはかなりいい勝負をしています。

【超広角】

【等倍】

2倍ズーム

【5倍ズーム】

【10倍ズーム】

【30倍ズーム】

30倍ズームはmotorola edge 20のみ対応しています。

最後に、motorola edge 20、Mi 11 Lite 5G、moto g100の3機種のカメラにおける「色合い(自然さ)」、「ズーム性能」、「ボケ感」を5点満点で評価すると以下のようになります。

色合い(自然さ)
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5
ズーム
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5
ボケ感
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5

moto g100のカメラは非常に残念で、安かろう悪かろうといったイメージを持ちました。

motorola edge 20とMi 11 Lite 5Gの解像度や彩度は近いためいい勝負ですが、AIなどの補正などを考えると、総合力ではMi 11 Lite 5Gの方が上だと感じました。

motorola edge 20の生体認証をレビュー

motorola edge 20Mi 11 Lite 5Gmoto g100
顔認証
指紋認証
(側面)

(側面)

(側面)

motorola edge 20、Mi 11 Lite 5G、moto g100ともに生体認証は顔認証と指紋認証に対応しています。

顔認証の認証速度・精度はいずれの機種も良好です。

指紋認証は3機種とも側面に電源ボタン一体型として配置されており、認証速度・精度は良好です。

側面に指紋センサーを搭載されているスマートフォンは認証速度・精度が良いことが多いです(Xperiaは除く)。

3機種の生体認証の満足度を5点満点で評価すると以下のようになります。

顔認証
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5
指紋認証
motorola edge 20
1
2
3
4
5
Mi 11 Lite 5G
1
2
3
4
5
moto g100
1
2
3
4
5

motorola edge 20の電池持ちをレビュー

motorola edge 20Mi 11 Lite 5Gmoto g100
電池容量4000mAh4250mAh5000mAh
急速充電
有線:30W

有線:33W

有線:30W

motorola edge 20のバッテリー容量は4,000mAhで、若干不安のある電池容量です。

そのため、motorola edge 20のバッテリー持ちをライバルのMi 11 Lite 5G、moto g100と比較してみます。

テストはディスプレイの輝度最大・リフレッシュレート最大の状態で、先ほど紹介した「PCMark」を用いてバッテリー持ちを測定しました。

電池持ちのテストの結果は、motorola edge 20が5時間51分、Mi 11 Lite 5Gが10時間37分、moto g100が8時間31分でした。

電池持ちを主な機種と比較すると以下の通りになります。

バッテリー持ち(100%⇒20%)
Zenfone 8
4時間50分
motorola edge 20
5時間51分
Find X2 Pro
5時間55分
Reno5 A
約6時間50分
Galaxy Note20 Ultra
7時間11分
Galaxy S21
7時間57分
A54 5G
約8時間10分
Mi 11 Ultra
8時間11分
moto g100
8時間31分
Mi 11
8時間36分
Galaxy S20
9時間27分
Mi 11 Lite 5G
10時間37分
Galaxy S21 Ultra
10時間56分
  • グラフは緑がハイエンドモデル(性能が高いモデル)、黄がミドルハイエンドモデル(性能がやや高いモデル)、赤がミドルレンジモデル(性能が標準的なモデル)のスマートフォンを表しています。

グラフより、motorola edge 20の電池持ちは非常に悪いmoto g100の電池持ちは普通Mi 11 Lite 5Gの電池持ちは非常に良いと言えます。

motorola edge 20はディスプレイのリフレッシュレートを144Hzで測定していることもありますが、ディスプレイサイズの割に電池容量が4,000mAhと少ないため電池持ちはあまり期待できません。

また、Mi 11 Lite 5Gの電池持ちテストでは非常に良いという結果になっていますが、実際に使用している感覚ではあまり電池持ちは良いとは思いません。

そのため、バッテリーテストの結果は参考程度に捉えてください。

また、motorola edge 20は5時間ほどの電池持ちテストにおいて本体の温度が約45℃まで上昇していたため、発熱もそれねりにあると感じました。

(当ブログでは40℃を超える場合に「熱い」と表現しています。)

motorola edge 20のレビュー|まとめ

motorola edge 20、Mi 11 Lite 5G、moto g100の比較|まとめ

motorola edge 20の性能をMi 11 Lite 5G、moto g100と比較しまとめます。

motorola edge 20Mi 11 Lite 5Gmoto g100
持ちやすさ軽くて持ちやすい軽い
薄くて持ちにくい
重いが持ちやすい
基本性能良い良い非常に良い
ディスプレイ良い炎天下で見にくい液晶
炎天下で見にくい
電池持ち非常に悪い 非常に良い普通
カメラ現実に近い補正が強い
全体的に黄色い
補正が酷い
コスパ
(性能に対する価格)
普通
(54,800円)
非常に良い
(43,800円)
普通
(58,800円)

motorola edge 20の良い点・悪い点

motorola edge 20の良い点・悪い点をまとめます。

良い点
悪い点
  • 軽くて持ちやすい
  • 画面の反応が良い
  • カメラがリアルに撮れる
  • 電池持ちが非常に悪い
  • 価格が高い
  • 発熱しやすい

motorola edge 20はMi 11 Lite 5Gよりも1万円以上高いため、こだわりがなければMi 11 Lite 5Gをおススメします。

motorola edge 20を安く買う方法

最後にmotorola edge 20を安く買う方法を紹介します。

motorola edge 20の定価は54,800円と決して安くはないため、販売店のキャンペーンや格安SIMのキャンペーンを利用してお得に購入するのがよいでしょう。

詳細が分かり次第追記します。

スクロールできます
ECサイト Amazon.co.jp楽天市場 、MOTO STORE、e-TREND、murauchi.com
家電量販店、ビックカメラ、エディオン、Joshin、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ
MVNO、Fiimo、QTmobile

では、10月22日11時より販売されることが判明しています。

他社から乗り換え(MNP)で2万円以下となるため、この価格ならおススメできます。

MVNO実質価格備考
16,692円~ ㊙クーポン利用時の価格
29,980円~購入で5,000円分のギフト券進呈
47,800円
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる