【速報】Galaxy S23 Ultra 実機レビュー 掲載中!

HUAWEI WATCH Ultimate レビュー | ダイビングに最適な最強スマートウォッチ

HUAWEI WATCH Ultimate レビュー
  • URLをコピーしました!

〈景品表示法に基づく表記〉本記事には広告が含まれています。

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

HUAWEI WATCH Ultimateは、100mまでのダイビングモードやダイブコンピューターを搭載し、最高品質の素材が使用されているプロフェッショナル向けのスマートウォッチです。

HUAWEI WATCH Ultimateは、次世代のスマートウォッチであり、優れた特徴を持っています。まず、そのデザインは洗練されており、スチールケースとセラミック製ベゼルが耐久性を高め、高級感を提供します。

さらに、豊富な機能が搭載されており、加速度センサーや光学式心拍センサーなどのセンサーを備えています。これにより、運動や健康管理に役立ちます。

また、環境センサーも搭載されており、気圧や温度などのデータを提供します。

HUAWEI WATCH Ultimateは、1.5インチのLTPO AMOLEDカラースクリーンを備えており、鮮明な表示と快適な視認性を提供します。

さらに、バッテリーライフも優れており、通常使用では最大14日間、ヘビーユースでも最大8日間の持続時間を実現しています。

充電も便利で、ワイヤレス充電機能が備わっており、充電クレードル付きのUSBケーブルを使用して簡単に充電できます。

HUAWEI WATCH Ultimateは、幅広いデバイスとの連携に対応しています。

HarmonyOS 2以上、Android 6.0以上、iOS 9.0以上の対応OSを備えており、さまざまなデバイスとのシームレスな連携が可能です。

_cuva

さらに、防水性能も高く、10気圧の防水性能を備えています。

プールや海岸の浅瀬での水泳など水に関連するアクティビティにとどまらず、水深100mのダイビングにも対応しています。

総合すると、HUAWEI WATCH Ultimateは、洗練されたデザイン、豊富な機能、長いバッテリーライフ、ワイヤレス充電、幅広いデバイスとの連携、高い防水性能を備えた優れたスマートウォッチです。

ユーザーに快適で便利なスマートウォッチ体験を提供します。

この記事では、HUAWEI WATCH Ultimateを実際に長期間使用して感じたメリット・デメリットを中心にレビューしていきます。

ファーウェイ・ジャパンよりHUAWEI WATCH Ultimateの提供を受けてレビューを行っていますが、Huawei Japanからレビュー記事の内容等に関する指示は一切ありません。筆者の考えをそのまま記載しています。

目次

HUAWEI WATCH Ultimateとは?

_cuva

はじめにHUAWEI WATCH Ultimateの情報を簡単にまとめます。

特長

HUAWEI WATCH Ultimateの特長は以下の通りです。

HUAWEI WATCH Ultimateの特長
  • 水深100mのダイビングに対応
  • より安全にダイビングを楽しめる「ダイブコンピュータ」機能を搭載
  • 革新的なリキッドメタル素材を採用
  • 心拍数・血中酸素レベル・皮膚温のモニタリング機能を搭載
  • スポーツや健康に関する100種類以上のワークアウトモードを搭載
  • 最大14日間のロングバッテリーを実現、市販のワイヤレス充電器も利用可能

仕様

HUAWEI WATCH Ultimateの主な仕様を表にまとめました。

サイズ48.5 mm × 48.5 mm × 13 mm
ケースサイズカラー: スチール
材質ダイアル: サファイアガラス
ベゼル: セラミック
フロントケース: ジルコニウムベースのリキッドメタル
リアケース: セラミック
手首サイズ140 – 210 mm
重量約76g(ストラップ含まず)
ディスプレイサイズ: 1.5インチLTPO AMOLEDカラースクリーン
解像度: 466 × 466pixel
PPI: 311
ストラップHUAWEI WATCH Ultimate ボヤージュブルー
チタン合金ベルト
(ニトリルゴムブルーベルトは製品パッケージに付属しています)
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
磁力計センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
温度センサー
水深センサー
ボタン3ボタン: アシストボタン、回転式リューズ、ファンクションボタン
充電端子ワイヤレス充電
対応OSHarmonyOS 2 以上
Android 6.0 以上
iOS 9.0 以上
防水10気圧の防水性能
通信規格NFC:NFC対応
Bluetooth:2,4 GHz, supports BT5.2 および BR + BLE対応
動作環境-20℃ – +45℃
充電DC 5V – 9V/2A
バッテリー持続時間通常使用: 最大14日
ヘビーユース: 最大8日
マイク対応
スピーカー対応
付属品充電クレードル付きUSBケーブル× 1
クイックスタートガイド & 保障とアフターサービスのご案内 × 1

HUAWEI WATCH Ultimateの同梱物をレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateは黒を基調とした箱を採用しています。また、付属品は以下の通りです。

  • HUAWEI WATCH Ultimate 本体
  • 充電クレードル付きUSBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証とアフターサービスのご案内
  • 青色HNBRベルト1セット
  • 青色ロングHNBRベルト1段
  • 交換用チタン合金ベルト4コマ

HUAWEI WATCH Ultimateの外観とデザインをレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateの最高級な外観とデザインを項目別に見ていきましょう。

外観とデザイン

HUAWEI WATCH Ultimateは「卓越した品質を表現する新しく美しいデザイン」を採用。

カラーはボヤージュブルーも1色展開です。

HUAWEI WATCH Ultimateは、獰猛な海の力を体現するために開発されました。

そのデザインは、ディープブルーのセラミックベゼルを採用し、広大な海を連想させます。

特にマリンスポーツやダイビングを愛するユーザーにぴったりのデザインです。

このデザインは、ヨットの形状からインスピレーションを受けており、波打つ海や雪に包まれた航海のイメージを表現しています。

HUAWEI WATCH Ultimateは革新的なハイエンド素材を使用し、高強度・高硬度・耐摩耗性に優れています。

HUAWEI WATCH Ultimateの文字盤は、世界で2番目に耐久性のある素材であるサファイヤガラスで覆われています。

このサファイヤガラスは強固で耐摩耗性に優れており、最高強度を誇ります。

1.5インチの柔軟性のあるパネルが新たに開発され、ガラスカバーは2.35mmの厚さで33段階の精密な研磨加工を経て作られました。

これにより、一体感のあるマイクロカーブ曲面スクリーンが実現し、曲面の美しさが極限まで表現されています。

HUAWEI WATCH Ultimateのスクリーンは、柔軟性のあるAMOLEDを採用しています。

1.5インチのスクリーンは、466×466の解像度を持ち、鮮やかなカラーと広い視野角で高い輝度を実現します。

この柔軟性により、スクリーンが薄くなり、装着時の快適性が向上するだけでなく、より多くの機能を搭載することも可能になります。

これにより、高い機能性とさらなる体験を提供することができます。

HUAWEI WATCH Ultimateの筐体は、高強度、高硬度、耐腐食性を備えた非晶質ジルコニウムで作られています。

非晶質ジルコニウムは不規則な原子構造を持ち、非常に強固な性質を持っています。

そのため、腐食性や外部からの衝撃に対して耐性があり、競合製品であるチタンやステンレスよりも2〜4倍の高い耐久性を誇ります。

さらに、火星探査機のドリルにも耐えるほどの耐久性を備えており、あらゆる厳しい条件下での使用に設計されています。


HUAWEI WATCH Ultimateにはボタンもたくさん。

本体側面の右側面には上から「システムボタン」と「ファンクションボタン」、左側面には「ファンクションボタン」の計3つが搭載されています。

HUAWEIのスマートウォッチは2つのボタンを搭載するモデルは数多くありますが、3つのボタンを搭載したモデルはおそらく始めてでしょう。

これは、ダイビング時に画面でなくボタンの方が操作しやすい考えられてとのことです。

そのため、ワークアウトモード(運動)使用時以外に左上のファンクションキーはあまり使いません。

HUAWEI WATCH Ultimateのベルトはチタン合金製であり、軽量性、耐久性、耐食性を備えています。

チタンはステンレススチールよりも密度が低く、装着時に軽さを感じさせます。

また、チタンは高い硬度を持ち、肌に優しい特性を持っています。

さらに、塩分の多い海水にさらされても腐食する心配がなく、熱伝導率も低いため、さまざまな環境下で優れた性能を発揮します。

HUAWEI WATCH Ultimateには、スポーツ向けのベルトとして耐熱性、耐油性、耐圧性に優れたHNBR素材のベルトが2本同梱されています。

短い方のベルトは普段使いに適しており、長い方のベルトはダイビングなどの活動に使用することができます。

HUAWEI WATCH Ultimateのワークアウトモードをレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateは100種類以上のワークアウトに対応しています(ダイビング機能についてはこの後紹介します)。

HUAWEI WATCH Ultimateは、20種類以上のプロワークアウトモードを備えており、各運動のカロリーや心拍数の変動だけでなく、ルートや運動に特有の詳細データ(例:登山なら海抜、スイミングならSWOLFなど)も測定します。これにより、運動の記録だけでなく、結果を分析することで運動の上達やケガの予防などに役立ちます。

また、85種類のカスタムワークアウトモードでは、時間、心拍数、カロリーなどを測定し、運動の記録をサポートします。これにより、運動の習慣化を促すことができます。

デュアルバンド対応の5つの測位衛星を搭載したHUAWEI WATCH Ultimateは、屋外のプロワークアウトのルートを正確に記録することができます。

GPSを主に使用し、他の測位衛星が補助的な役割を果たすことで、ランニングルートなどをより正確に記録できます。

屋外ランニングやハイキング、登山などのワークアウトでは、ルートバック機能が利用でき、迷った場合でも元の位置に戻ることができます。

また、失踪アラート機能も搭載されており、屋外での移動中にGPS信号が弱い場合にユーザーに通知されます。

これにより、事前にGPSの信号の弱さを知ることができます。

HUAWEIのWATCH Ultimateには、エクスペディション(探検)モードが搭載されており、他のHUAWEI製スマートウォッチより優れている部分です。

エクスペディションモードを起動すると、探検中に必要なデータが表示されます。

時間や天気、歩数などの情報が表示されながら、スピードや距離、高度、心拍数などが測定されます。

また、ナイトモードが搭載されており、暗い環境でも画面を見やすくすることができます。

探検にも活用できる機能が提供されています。

ロケーションのマークやルートバック機能も備わっており、万が一道から外れても安全に元の位置に戻ることができます。

ロケーションのマーク機能は位置情報の取得を最低限し、電池持ちとの両立を成し遂げています。

詳細はHUAWEI WATCH GT 3 Proのレビュー記事で詳しく解説しています。

HUAWEI WATCH Ultimateのダイビング機能をレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateには、ダイブコンピュータが搭載されており、4つの異なるダイビングモード(フリーダイビング、レクリエーショナルダイビング、テクニカルダイビング、スキューバダイビング)に対応しています。

このダイブコンピュータは、ダイビングの記録を行うだけでなく、ダイバーの安全性を向上させ、減圧症を予防するために余裕を持ったダイビングを実現します。

専門的なBühlmannアルゴリズムを使用して、ダイビングデータを常にモニタリングします。

ダイバーにとって非常に役立つ機能です。

対応するダイビングモードは画像の通りです。

フリーダイビングモード

フリーダイバーはロープを使って特定のところまで潜り、一定期間水中の圧力に耐えられるようにトレーニングです。

このホバリングタイマー機能により、トレーニング中にホバリングする時間をカウントしてくれます。

また、フリーダイビングモードでは、状況に応じて水面下でさまざまな指示を表示してくれますが、基本的に事前に時間や深さのリマインドの設定が必要です。

ステップ内容
リラックス段階トレーニング前はまずリラックスし酸素の消耗を減らしましょう。お腹から呼吸を行うよう心がけてください。
息を吸うできるだけ多くの空気を肺に入れるようにします。
息を止める二酸化炭素が蓄積することによって呼吸したくなりますが、横隔膜が収縮して最終的には息をしてしまいます。
呼吸の回復吐くときはゆっくりリラックスして。吸うときは早く深く吸うよう心がけます。

無呼吸トレーニングでは、表のようにフリーダイバーが息止めのトレーニングを行うことができます。

息を止めた時間と横隔膜収縮の時間を記録やテストを行うことができ、安全に自分がダイビングを行う目安となります。

レクリエーショナルダイビングモード

楽しみを目的としたレクリエーショナルダイビングモードの主な機能は画像の通りです。

詳細は共通点の多いレクリエーショナルダイビングモードとテクニカルダイビングモードをまとめて解説します。

テクニカルダイビングモード

テクニカルダイビングは高度な技術と装備を必要とするダイビングで、主な機能は画像の通りです。

レクリエーショナル/テクニカルダイビングモードをまとめて解説します。

項目設定内容
気体の設定シリンダーについての設定を行うことができます。
水の設定海水や淡水など水を設定します。
GF値の設定一般的にレクリエーショナルダイビングで40/85、テクニカルダイビングでは30/70に設定します。
PO2の設定酸素分圧の上限を設定します。一般的に1.4です。
安全停止の設定安全停止の時間を設定します。
リマインド通知の設定通知についてを設定します。
警告の設定警告についてを設定します。
通知/警告方法の設定振動や音など通知/警告の方法についての設定です。

スキューバーダイビングでは、安全性を向上させるために事前の設定とリマインド通知が重要です。

ダイビングデータはビュールマンアルゴリズムに基づいて計算されます。

また、下記が主なダイビング中のリマインド通知及び警告です。

カテゴリ内容
上昇速度上昇速度が3秒間に9mまたは12m/minを超えると通知/警告が表示される。
安全停止開始(6m以下のタイミング)と完了を通知します。
減圧停止開始と完了を通知します。
CNS80%を超えると通知し、100%を超えるとそこから5%上がるごとに警告します。
PO2設定した酸素分圧範囲を超えると警告します。
気体の切り替え最大酸素分圧に到達したとき、より適した気体に切り替えを行うようにリマインド通知します。
バッテリーウォッチのバッテリーが5%を切るとリマインド通知を行います。
深度/時間深度が設定した値を超えたときにリマインド通知を行います。もしくは、深度が100mを超えると警告がきます。

スキューバダイビングの終了後、経過時間と飛行禁止時間が表示されます。

飛行禁止時間を守ることで、体内に残った窒素を安全に排出し、減圧症を予防することができます。

スキューバダイビングモード

スキューバダイビングは、水中で呼吸しながら潜水するアクティビティで、深度、スピード、温度、最大震度、平均深度、潜水時間といった情報を盤面に表示します。

HUAWEI WATCH Ultimateの健康モニタリング機能をレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateの健康管理に役立つ主な機能をまとめました。

  • TruSeenTM 5.0+ 24時間心拍数モニタリング
  • TruSleepTM 睡眠モニタリング 3.0
  • TruRelaxTM 24時間ストレスモニタリング
  • 24時間血中酸素モニタリング
  • Health Clovers

各機能についてまとめました。

スクロールできます
機能詳細
心拍数モニタリングHUAWEIの心拍数測定技術であるTruSeenTMは、HUAWEI WATCH Ultimateを装着するだけで簡単に心拍数を測定することができます。ユーザー自身が設定した心拍数の上限や下限を安静時に10分以上超えるとアラートが発生し、24時間体制でユーザーの健康を監視します。
心拍数の測定頻度は、自動的に調整されるスマートモードやリアルタイムモードの中から選択することができます。これにより、ユーザーの健康状態をリアルタイムで把握することが可能です。
TruSleepTM 睡眠モニタリング 3.0HUAWEIの睡眠モニタリング技術であるTruSleep™は、HUAWEI WATCH Ultimateを着用して寝るだけで睡眠の質を記録・分析してくれます。深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、昼寝の4つの異なる睡眠状態を検出し、睡眠時の心拍数変動などをAIビッグデータと照らし合わせて分析します。その結果、200種類以上の睡眠に関する問題を特定し、睡眠に関するアドバイスを提供します。ユーザーは睡眠に関する情報を得ることで、より良い睡眠の習慣を身につけることができます。
HUAWEIのヘルスケアアプリでは、寝言やいびきを録音することができます。これにより、無意識の睡眠習慣に気付くことができ、自分の睡眠について理解する上で大きな利点となります。また、アプリではスマートフォンから入眠時にBGMを流すこともできるようになっています。
TruRelaxTM 24時間ストレスモニタリングHUAWEIのストレスレベル測定技術であるTruRelax™は、リアルタイムでストレスレベルをチェックすることができます。ユーザーのストレス状態は、質問(アンケート)と心拍数変動から計算されます。さらに、ストレスが高い時には呼吸エクササイズ機能があり、1分から3分までの呼吸ペースを設定し、盤面の指示に従って呼吸することでリラックス効果が得られます。TruRelax™は24時間ストレスモニタリングが可能で、AndroidとiOSの両方に対応しています。
24時間血中酸素モニタリング血中酸素は、血液中の酸素とヘモグロビンが結びついた分体積が、ヘモグロビンの総体積に占める割合を指します。正常な値は90%以上であり、低い値は体内の酸素供給が不十分であることを示します。ユーザーは自身で血中酸素レベルの下限を設定することができ、設定値を下回るとアラートが発生し、24時間健康状態を監視することができます。アプリでは低血中酸素になった時間も表示されます。
Health CloversHealth Cloversは、ヘルスケアアプリ上で毎日の健康管理に関連する様々なアクションを管理し、ユーザーの健康をサポートする機能です。各アクションには目標が設定されており、ウォッチから通知が行われることで、ユーザーがより健康的な生活を送ることを支援します。

各測定結果はウォッチ本体でも確認できますが、情報量が限られるため、公式アプリ「Huawei Health」で確認・分析するのがおススメです。

HUAWEI Health
HUAWEI Health
開発元:Huawei Software Technologies Co., Ltd.
posted withアプリーチ

詳細はHUAWEI WATCH GT 3 Proのレビュー記事をご確認ください。様々な検証を行っています。

HUAWEI WATCH Ultimateのバッテリー持ちをレビュー

HUAWEI WATCH Ultimateは14日間持続するバッテリーを搭載し、フル充電には60分かかります。

入浴などの際に充電することで、バッテリーの切れを心配せずに利用できます。

ワイヤレス充電にも対応しており、さまざまな場所で充電できます。

HUAWEI WATCH Ultimateはバッテリー持ちが良好なため、画像のように置き時計のように使用することもできます。

また、HUAWEI WATCH UltimateはLINEの受信通知やクイック返信(Androidスマートフォン)にも対応しています。

HUAWEI WATCH Ultimateのレビュー|まとめ

_cuva

最後にHUAWEI WATCH Ultimateのレビューを行って気付いたメリット・デメリットをまとめます。

HUAWEI WATCH Ultimate
総合評価
( 4 )
メリット
  • 水深100mのダイビングに対応
  • より安全にダイビングを楽しめる「ダイブコンピュータ」機能を搭載
  • 革新的なリキッドメタル素材を採用
  • 心拍数・血中酸素レベル・皮膚温のモニタリング機能を搭載
  • 種類が豊富な健康管理機能搭載
  • スポーツや健康に関する100種類以上のワークアウトモードを搭載
  • 最大14日間のロングバッテリーを実現、市販のワイヤレス充電器も利用可能
  • ディスプレイの常時点灯に対応
デメリット
  • 非常に高価
  • ダイビングをしない方にはおススメしにくい
まとめ

HUAWEI WATCH Ultimateはダイビングをする方におススメのスマートウォッチです。

ダイビングをする方なら「ダイブコンピュータ」搭載されていることを考えれば、13万円でも安いと感じるでしょう。

しかし、ダイビングをしない場合、HUAWEI WATCH Ultimateは単純にカッコよくて高価な素材で作られて高級スマートウォッチとなってしまいます。

そんな方には、価格が約1/3で一般的な機能もほぼ同じ(※)であるHUAWEI WATCH GT 3 Proがおススメです。

  • ダイビング機能やエクスペディション(探検)モードを除けば、機能差はあまりありません。

HUAWEI WATCH Ultimateをお得に買う方法

HUAWEI WATCH Ultimateは2023年5月26日(金)より、市場想定価格は135,080円にて販売されます。

HUAWEI WATCH Ultimateは既に各販路で割引が行われていますが、購入特典のあるHUAWEI公式サイトでの購入がオススメです。

スクロールできます
販路価格キャンペーン
Amazon122,800円
1228pt還元
特になし
HUAWEI公式サイト122,923円
1%還元
●先着でHUAWEI Scale3 Pro(10,780円相当)をプレゼント
楽天市場135,080円
X%還元
●先着でHUAWEI Scale3 Pro(10,780円相当)をプレゼント
●レビュー特典で折りたたみ傘をプレゼント
●レビュー特典で純正ベルトをプレゼント
Yahooショッピング135,080円
X%還元
●先着でHUAWEI Scale3 Pro(10,780円相当)をプレゼント
●レビュー特典で折りたたみ傘をプレゼント
●レビュー特典で純正ベルトをプレゼント
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次