OPPO Reno7 A 実機レビュー|1万円台で買えます♫

【2022年7月】格安SIMの速度を20回線で比較|OCNモバイルONEが完全復活

格安SIMの速度測定 2022年7月
  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

2022年7月に行った20回線の格安SIMの速度を検証し、最新の通信速度情報を皆さんに共有します。

筆者が自腹で全回線を契約し、速度測定を行っています。

この記事は・・・

悩んでいる人

楽天モバイルが値上げしたから乗り換えたい!
どの格安SIMが速いのかな?

スマ男

通信障害に備えて格安SIMを契約したいけど、速度に差はあるのかな?

といった悩みをお持ちの皆さんにオススメの記事です。

この記事を読めば、2022年7月の速度が速い格安SIMがわかります。

目次

格安SIMの通信速度測定方法

格安SIMの速度測定は以下の通りに行いました。

測定日時 2022年7月6日(水)
  • 朝(10時30分頃)
  • 昼(12時30分頃)
  • 夕(17時30分頃)
  • 夜(20時30分頃)

※ 今月から朝・夜の測定時間が変更となっています。

測定場所 千葉県松戸市
測定機器

Apple iPhone SE(第2世代)20台

測定方法

速度測定アプリ「5GMARK」を用いて各時間帯に各1回ずつ下り・上り速度などを測定。


検証したSIM
回線 格安SIM
docomo




(d)

(d-1)
(d-2)
(d)
(d)

au
1.0
2.0

(a)
(a-1)
Rakuten

通信速度は測定場所・測定時間などの条件により大きく異なります。

このサイトで測定した通信速度はあくまでも目安としてお考えください。

測定場所での通信速度は、docomo回線≧楽天回線>au回線≒SoftBank回線という傾向があるため、同じ回線同士(など)で比較しましょう。

それでは実際に測定した格安SIMの速度を紹介していきます。

for docomo、(d)、(a)、(S)、の速度測定は終了しました。

(d-1)、(d-2)、(S)の速度測定は今月で終了します。

2022年7月の格安SIMの時間帯別通信速度測定結果

写真は過去の測定時の様子

当記事では5GMARK(アプリ)を用いて格安SIMの速度測定を行っています。

一般的な速度測定アプリでは下り(ダウンロード)速度〔Mbps〕、上り(アップロード)速度〔Mbps〕、ping〔ms〕しか測定できませんが、5GMARKを用いることで通信速度の他に、動画の読み込み時間やブラウジング時の読み込み時間を計測し、自動で点数化されます。

5GMARK (3G/4G/5G speed test)

5GMARK (3G/4G/5G speed test)

posted withアプリーチ

5GMARKのスコア(点数)が高いほどあらゆる速度面で快適と言えます。

通信速度ping〔ms〕
ダウンロード速度〔Mbps〕
アップロード速度〔Mbps〕
動画動画(YouTube)の読み込み時間〔s〕
ブラウジング6サイトの表示時間〔s〕

Google
Wikipedia
WhatsApp
Facebook
Twitter
YouTube

動画(YouTube)の読み込み時間〔s〕やWebサイトの読み込み時間が「-」表記の場合は読み込みが遅く、測定に失敗していることを表します。

動画視聴時に速度制限が行われている可能性もあるため、頻繁に動画を視聴をされる方は「-」表記の格安SIMは避けるべきでしょう。

朝(10時30分頃)の速度

朝(10時30分頃)の測定結果です。

docomo(メインブランド)がダントツの速度を誇ります。

先月まではOCNモバイルONEが苦戦していましたが、回復傾向にあります。

IIJmio(a)やY!mobileも案外苦戦しています。

スクロールできます
通信事業者スコアping下り速度上り速度動画WEB
docomo295214247.492.720.61.5
ahamo1053830016.633.490.71.6
OCNモバイルONE156606726.442.710.32.6
IIJmio(d)1380318019.3510.992.82
y.u mobile159316624.544.790.31.7
イオンモバイル(d-1)109894817.983.711.72.3
イオンモバイル(d-2)147924823.82.930.72.0
b-mobile(d)166647126.514.931.81.8
HISモバイル(d)149418023.394.491.01.8
au109214018.330.520.41.8
povo1.0119055919.055.033.31.9
povo2.0111576019.510.560.82.4
UQ mobile122845018.046.981.71.8
IIJmio(a)32431985.381.622.22.5
イオンモバイル(a-1)789318512.035.013.91.9
SoftBank73754110.854.745.11.8
LINEMO72174210.594.611.41.7
Y!mobile4570426.385.263.62.2
HISモバイル(S)80704111.964.494.31.6
楽天モバイル159104621.2712.291.31.8

昼(12時30分頃)の速度

昼時(12時30分頃)は速度に差が出やすい時間帯です。

docomo、ahamo、au、povo1.0、povo2.0、UQ mobile、SoftBank、LINEMO、Y!mobile、楽天モバイルとキャリアのメインブランド、サブブランド、オンライン専用ブランドが安定しています。

月290円から利用可能なb-mobile(d)、HISモバイル(d)は昼時の利用は厳しいかもしれません。

MVNOは全体的に苦戦しています。

スクロールできます
通信事業者スコアping下り速度上り速度動画WEB
docomo187754425.3411.560.91.4
ahamo2229929934.788.190.61.6
OCNモバイルONE85918114.834.992.64.0
IIJmio(d)2251200.62.698.4
y.u mobile29971226.61.262.75.9
イオンモバイル(d-1)1521170.821.529.2
イオンモバイル(d-2)2416401.827.2523.03.3
b-mobile(d)-6102991.851.9816.010.9
HISモバイル(d)0100320.132.9010.8
au101486016.713.182.91.6
povo1.0390065662.137.541.01.6
povo2.0144665225.532.941.42.0
UQ mobile93584913.156.662.21.6
IIJmio(a)9221372.201.0130.04.8
イオンモバイル(a-1)6382440.612.504.9
SoftBank4708416.625.777.31.6
LINEMO87293413.515.282.32.6
Y!mobile2918403.64.615.91.9
HISモバイル(S)246861.070.7615.07.4
楽天モバイル107334616.753.962.61.5

夕(17時30分頃)の速度

フリーな時間も増えてくる夕方17時30分頃。

docomo、楽天モバイルはこの時間帯も安定した速度が出ており、昼に遅かったb-mobile(d)やHISモバイル(d)も健闘しています。

ソフトバンク回線は全体的に苦戦しています。

スクロールできます
通信事業者スコアping下り速度上り速度動画WEB
docomo230454236.583.421.01.5
ahamo1013628114.785.570.51.6
OCNモバイルONE129835920.465.020.52.6
IIJmio(d)760011512.213.091.22.5
y.u mobile90134514.152.730.22
イオンモバイル(d-1)2009982.803.7619.32.4
イオンモバイル(d-2)123144819.384.561.22.4
b-mobile(d)153747721.3713.271.02.9
HISモバイル(d)124278219.824.9512.5
au90945814.832.091.31.9
povo1.05485568.243.293.71.7
povo2.069406111.272.072.01.7
UQ mobile5225637.972.754.01.9
IIJmio(a)681318210.464.121.42.2
イオンモバイル(a-1)133676121.445.872.52.3
SoftBank2641483.034.195.11.7
LINEMO3272494.474.185.31.7
Y!mobile2685453.823.723.32
HISモバイル(S)17061323.80.83273.8
楽天モバイル176954024.959.950.81.6

夜(20時30分頃)の速度

夜(20時30分頃)も昼同様に速度差が顕著に表れやすい時間帯です。

この時間帯もMNO(ドコモ、au、SoftBank、楽天モバイル)の方が速度が安定している傾向にあります(au、povo1.0を除く)。

MVNOではy.u mobileやb-mobile(d)が優秀です。

スクロールできます
通信事業者スコアping下り速度上り速度動画WEB
docomo964530113.945.4511.4
ahamo1168129818.274.190.81.4
OCNモバイルONE174717828.924.190.42.5
IIJmio(d)1034718015.984.111.51.8
y.u mobile21120431.467.540.41.5
イオンモバイル(d-1)1289417920.466.260.71.6
イオンモバイル(d-2)1489431.83.0823.03.2
b-mobile(d)185704729.375.031.91.8
HISモバイル(d)2332803.51.896.22
au3226595.474.8628.04.0
povo1.01804593.044.2716.94.4
povo2.068666512.222.023.82.3
UQ mobile170495625.697.071.11.7
IIJmio(a)20892646.510.402.64.3
イオンモバイル(a-1)1106520017.764.742.22.2
SoftBank33141824.164.843.21.9
LINEMO1843972.432.094.22
Y!mobile91964010.520.184.25.1
HISモバイル(S)6001061.061.6418.23
楽天モバイル156514722.8510.92.11.7

2022年7月の格安SIMの速度 |まとめ

2022年6月 5GMARKのスコア【平均】

7月と6月では表の横軸の目盛りが異なりますのでご注意下さい。

最後に、5GMARKスコア〔点〕、ping〔ms〕、下り速度〔Mbps〕、上り速度〔Mbps〕、動画読み込み時間〔s〕、WEB読み込み時間〔s〕の平均値を求めました。

ahamo(ahamoを含む)や楽天モバイルはかなり安定した速度が出ています。

OCNモバイルONEやイオンモバイル(d-2)の速度も回復傾向にあります。

スクロールできます
通信事業者スコアping下り速度上り速度動画WEB
docomo20246.5107.2530.83755.78750.8751.45
ahamo13663.5294.521.1155.360.651.55
OCNモバイルONE13676.2571.2522.66254.227512.925
IIJmio(d)7993.75148.7512.0355.223.675
y.u mobile12265.2559.2519.18754.080.92.775
イオンモバイル(d-1)6511110.510.5153.81253.875
イオンモバイル(d-2)7752.7544.7511.74.455123
b-mobile(d)12650.52623.519.7756.30255.1754.35
HISモバイル(d)74252568.511.7153.55754.275
au8347.2554.2513.8352.662582.325
povo1.01455057.523.1155.03256.2252.4
povo2.09857.2559.517.13251.897522.1
UQ mobile1097954.516.21255.8652.251.75
IIJmio(a)3266.75195.256.13751.787593.45
イオンモバイル(a-1)8240.75172.512.964.533
SoftBank4509.51244.756.1654.8855.1751.75
LINEMO5265.2555.57.754.043.32
Y!mobile4842.2541.756.075842.8
HISモバイル(S)2655.591.254.47251.9316.1254
楽天モバイル14997.2544.7521.4559.27521.65

5GMARKのスコアの平均値で比較すると、時間帯ごとのばらつきが考慮されないため、箱ひげ図を用いてさらに詳しく解説します。

箱ひげ図の読み方については過去の記事で解説しています。

朝・昼・夕・夜の時間帯で測定した5GMARKのスコアを箱ひげ図でまとめました。

今月もahamoや楽天モバイルが速度面で優れていることに変わりはありませんが、他の格安SIMとの速度差が詰まっている印象です。

20022年3月のデータ
2022年6月 5GMARKのスコア【平均】 箱ひげ図

ダウンロード速度についても箱ひげ図を用意しましたが、5GMARKスコアの箱ひげ図とほぼ同様の結果となりました。

20022年3月のデータ
2022年6月 下り速度【平均】 箱ひげ図

最後に、7月の速度測定を終えて感じたことを格安SIMごとにまとめます。

スクロールできます
通信事業者感じたこと
速度は文句なしの1位。メインブランドのため、月額料金がネック。
docomoと同程度の速度で非常に優秀。月20GB程度利用する方や海外で利用予定の方にオススメ。
速度面で回復傾向にある。月額料金も安いのでdocomo回線で小容量のプランを求めているユーザーにオススメ。
(d)スマートフォンとのセット購入が非常にオトク。混雑時の速度はかなり遅い。
ドコモ回線のMVNOではかんり速い部類に入る。5GB/月で1,070円でパケットの永久繰り越しやスマホ修理保険付帯と安くて充実したサービスが魅力的。
(d-1)月額料金が高い上に速度も至って普通。
(d-2)データ専用プランで速度も月額料金も普通。
(d)290円/月から利用できるためサブ回線にオススメ。昼時は遅すぎて通信できない可能性あり。
(d)の回線利用しているため、速度は似た傾向になる。より特典が多い。
MNOのメインブランドの割にあまり速くない。
1.0新規受付が終了したプランでユーザーが少ないのか、メインブランドより速度が出やすい。
2.0速度は十分速い。基本料0で利用できるため、サブ回線にもオススメ。
au回線ならUQ mobileを選ぶのがベター。速度、サポートも申し分ない。自宅セット割が使えないと割高。
(a)スマホセットは安いが速度はやや遅め。
(a-1)月額料金が高く速度も遅いため、選ぶメリットはほとんどない。
速度はやや速いという程度だが、5分以内の通話+月5GBが990円で利用可能なスマホデビュープランがオトク。
SoftBank回線の中ではオススメ度No 1。速度はSoftbank、Y!mobile同等。3GBプランは990円/月だが、乗り換え(MNP)なら基本料半年間実質無料キャンペーン実施中でかなりお得。
速度はLINEMOと同程度で速い。家族割や光セット割が利用できる場合はLINEMOではなくY!mobileがおすすめ。
(S)docomo回線とは異なり月額料金が高く速度も遅いので選ぶメリットはほとんどない。
楽天回線のエリアなら文句なしの速度。Rakuten Linkを利用すれば通話は無料。料金プランの値上げにより、月1GB程度しか利用しない方には割高。

以下の記事ではオススメの格安SIMをまとめていますので、併せてご覧下さい。

スマホマホ

最後までご覧いただきありがとうございました。

7月の速度測定では測定時間を変更しました。

その影響か、全体的に速度が出ている印象です。

ただ、昼時や夕方以降の時間帯はMNOが有利な印象を受けました。

docomo、au、SoftBank、楽天モバイルのメインブランド、サブブランド、オンライン専用ブランドを利用するのが無難でしょう。

通信速度測定においてのご意見・ご要望がありましたら、当記事下部のコメント欄または@sumahomaho)や @sumahomaho)からご連絡下さい。

orefolder(@orefolder)さんも定期的に速度測定を行っているので、参考にしてみてください。

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次