OPPO Reno7 A 実機レビュー|1万円台で買えます♫

Galaxy S22 レビュー|電池持ちは非常に悪いが完成度は高い

  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

この記事ではSamsungの最新のハイエンドスマートフォン「Galaxy S22」のレビューをお伝えします。

筆者がGalaxy S22を実際に使用して感じたメリット・デメリットやGalaxy S21 5GやGalaxy S20 5Gといった旧モデルとの違いについても紹介します。

Galaxy S22の特徴を簡単に紹介すると・・・

  • 最新で最高峰のチップセット「Snapdragon™ 8 Gen 1」を搭載
  • カメラの夜間撮影が強化
  • 背面素材がガラスになり高級感アップ
  • 画面のサイズ・比率がiPhoneと同じなのにコンパクト

Galaxy S22の詳しい性能・特長は以下の記事にまとめていますのでご確認ください。

Galaxy S22 Ultraのレビュー記事も掲載しています。

目次

Galaxy S22のサイズ・カラーを比較レビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
重量168g171g163g
146151.7151.7
7171.269.1
厚さ7.67.97.9
カラーピンク ゴールド
ファントム ブラック
ファントム ホワイト
ファントム バイオレット
ファントム グレー
ファントム ホワイト
クラウドブルー
コスミックグレー
クラウドホワイト
サイズの単位はmm

Galaxy S22はGalaxy Sシリーズの3モデル「Galaxy S22」「Galaxy S22+」「Galaxy S22 Ultra」の中で一番コンパクトなモデルです。

Galaxy S22は旧モデルのGalaxy S21やGalaxy S20からさらにコンパクトとなりましが、ディスプレイの比率の変更により評価は人により異なるでしょう。

Galaxy S22のカラーはピンク ゴールド、ファントム ブラック、ファントム ホワイトの3色展開でいずれのカラーもdocomo、auから発売します。

今回レビューしているカラーはファントム ホワイトです。

Galaxy S22のデザインをレビュー

Galaxy S22の背面のデザインはGalaxy S21から継承されています。

側面は角張ったデザインに変更されたため、iPhoneを連想させます。

背面から見て右側面には何もありません。

左側面は上から音量ボタン、電源ボタンです。

上部側面にはマイクがあります(画像は側面のフィルムが剥がれかけています)。

下部側面には左からスピーカー、USB-Cコネクター、マイク、SIMスロットとなっています。

SIMスロットはSIMピンを利用して開閉するタイプです。

microSDなどの外部ストレージには非対応です。

Galaxy S22は防水・防塵(IPX5/IPX8・IP6X)にも対応し、急な雨や水まわりでも安心です。

Galaxy S22のディスプレイをレビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
画面サイズ6.1インチ6.2インチ6.2インチ
パネル有機EL
(フラット)
有機EL
(フラット)
有機EL
(エッジ)
解像度FHD+FHD+Quad HD+
リフレッシュレート48~120Hz48~120Hz最大120Hz
最大輝度1300nit1300nit1342nit

Galaxy S22のディスプレイは6.1インチのDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用しています。

Galaxy S22のディスプレイのアスペクト比は19.5:9のため、iPhone 13/13 Pro/12/12 Proと全く同サイズです。

Galaxy S22の解像度はFHD+とGalaxy S20のQuad HD+より劣りますが、十分綺麗な上、電池持ちを考えると妥当でしょう。

Galaxy S22の最大輝度は1300nitまで達するため、炎天下でも問題なく見えます。

リフレッシュレートは48~120Hzの可変式でゲームなどを快適にプレイできるだけでなく、省電力にも貢献します。

Galaxy S22の基本性能をレビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
SoCSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888Snapdragon 865
メモリ8GB8GB12GB
ストレージ256GB256GB128GB
microSD××
eSIM×××
※ 国内版の性能

Galaxy S22のSoC(心臓部)には現時点で最高峰のSnapdragon 8 Gen 1を搭載。

しかし、Google MapsやTwitterアプリなどがカクつくなど最適化が不十分の印象です。

参考までにGalaxy S22、Galaxy S21、Galaxy S20の各種ベンチマーク結果を掲載します。

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
AnTuTu800158638672657485
Geekbench 5
(シングル/マルチ)
1198
3241
1086
3283
887
3177
PCMark135081467012638

他機種のAnTuTuベンチマークも掲載します。

原因は不明ですが、Galaxy S22のスコアはGalaxy S22 Ultraより大幅に劣っています。

AnTuTuベンチマーク(V9.2.6)
Galaxy S21
638672
Galaxy S20
657485
Pixel 6 Pro
728010
Galaxy S22
800158
Galaxy S22 Ultra
931681

Galaxy S22 Ultraの性能についてはGalaxy S22 Ultraのレビュー記事で解説しています。

Galaxy S22のカメラ性能をレビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
メイン5,000万画素1,200万画素1,200万画素
超広角1,200万画素1,200万画素1,200万画素
望遠1,000万画素6,400万画素6,400万画素
ズーム倍率
(背面)
0.6~30倍0.5~30倍0.5~30倍
インカメラ1,000万画素1,000万画素1,000万画素

Galaxy S22のメインカメラは広角+超広角+望遠の3つのカメラを搭載。

シャッターボタンを押すだけで昼でも夜でも鮮明でブレのない写真が撮影できます。

Galaxy S22のディスプレイ上部のノッチには1,000万画素のインカメラが搭載されており、自撮り撮影が可能です。

Galaxy S22のカメラは程よく盛れるため、自撮りがはかどります。

最大30倍のスペースズームに対応

Galaxy S22は最大30倍の高性能ズームで、離れて場所からの撮影でも今まで映し出せなかった表情や被写体の細部まで捉えることができます。

30倍以外のズームでも複数のデータを合成することにより綺麗な写真に仕上がります。

六本木ヒルズから東京タワーを撮影した写真を紹介しながらGalaxy S22のズーム性能を見ていきましょう。

Galaxy S22⇒Galaxy S21 5G⇒Galaxy S20 5Gの順番で掲載します。

0.6倍

Galaxy S22は彩度が濃い写真に仕上がっていますが、他機種との違いはそこまでありません。

1倍(等倍)

等倍もそこまで差はないように感じます。

2倍

2倍もそこまでの差はありません。

4倍

4倍になると若干の差がでてきたでしょうか。

10倍

10倍では明らかにGalaxy S22の写真が一番ディテールを残して撮影できています。

20倍

20倍でもGalaxy S22の写真の方がGalaxy S21やGalaxy S20より鮮明に撮れています。

30倍

最大倍率の30倍になるとGalaxy S22もかなり厳しいでしょう。

4倍~20倍程度でよく撮影する方ならGalaxy S20 5GやGalaxy S21 5GからGalaxy S22への乗り換えるもありですが、カメラ性能はそこまで大きな差はなさそうです。

そのほかに等倍で撮影した写真も紹介します。

初めは桜の木ですが、大差ないように感じます。

花壇の花も特に違う点はありません。

進化したポートレート

背景をうまくぼかす機能「ポートレート」がスマホ単体で一眼レフのような表現力を体験できます。

写真やビデオ、セルフィー撮影でも明るくクリアなポートレート撮影が可能。

AI機能の向上で被写体の認識精度もアップし、細かい部分まできれいに表現することができます。

ポートレートモードは被写体から1~1.5mほど離れて撮影します。

Galaxy S20 5GとGalaxy S21 5Gのポートレートモードの倍率は1 or 2倍、Galaxy S22の倍率は1 or 3倍のため、Galaxy S22の方が被写体に寄って撮影できます。

作例を見ていきましょう。

初めは、Galaxy Harajuku 2階のharajuku cafeで購入した「抹茶小豆マリトッツォ(550円)」です。

マリトッツォと背景の境界はGalaxy S22がGalaxy S21 5GやGalaxy S20 5Gより的確に区別できています。

花壇の花はGalaxy S22が一番寄れ、背景のボケ感も他機種と異なります。

また、動画の手ブレ補正も強化され、映像表現はまるで映画のワンシーンのような被写体が際立ちます。

ナイトグラフィー撮影の強化

ナイトグラフィー撮影(ナイトショット)は夜景などの夜のイベントも驚くほど美しく、人物の表情まで鮮明に綺麗に暗い場所でも撮影できるようになりました。

大型センサーを搭載したことやAI技術により光を多く取り込むことが可能になり、ノイズが少ない写真に仕上がります。

ナイトグラフィーモードは手動で選択できますが、AIが自動で適用することもあります。

ナイトグラフィー撮影の作例を紹介します。

Galaxy S20 5Gの作例はありません。

超広角

Galaxy S22はノイズが少ないように感じます。

Galaxy S21 5Gはナイトグラフィーモード・通常モードの両モードで撮影した写真を掲載します。

1倍(等倍)

Galaxy S21 5Gの方が明るく撮れていますが、若干ノイズが多いでしょうか。

暗い箱に入った造花の写真です。

Galaxy S22よりGalaxy S21の方が黄色の花の輪郭がくっきりしていますが、私のミスショットの可能性があります。

Galaxy S22
Galaxy S21

Galaxy S22のカメラはGalaxy S21 5GやGalaxy S20 5Gからズーム機能は進化していますが、その他の進化はわずかだと感じました。

以下の記事ではGalaxy S22 UltraやGalaxy S21 Ultra 5Gで撮影した同様の写真を掲載していますので、ぜひご覧ください。

Galaxy S22の電池持ちをレビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
バッテリー容量3,700mAh4,000mAh4,080mAh
急速充電25W25W25W
急速充電対応規格USB-PDUSB-PDUSB-PD
ワイヤレス充電
リバース ワイヤレス充電
電池持ち
(PCMark)
6時間30分6時間34分
(中古端末)
6時間09分

先程紹介したPC MARKを用いてGalaxy S22のバッテリー持ちを測定しました。

Galaxy S22の輝度・リフレッシュレート最大の状態で行い、電池残量が100%から20%になるまでの時間を他機種と比較しています。

電池持ちはGalaxy S22が6時間30分Galaxy S21が6時間34分Galaxy S20が6時間09分という結果になりました。

Galaxy S21のみ中古端末(半年ほど利用)で電池持ちを測定しているため、検証によるGalaxy S21のバッテリー持ち時間は実際よりも短くなっている可能性が高いです。

そのため、電池持ちはGalaxy S21>Galaxy S22>Galaxy S20の順に良いといえるでしょう。

Galaxy S22の電池容量はGalaxy S21の4,000mAhから3,700mAhと300mAh減量されましたが、個人的には逆に300mAh増量し4,300mAhにすべきだと感じるほどバッテリー持ちが悪いです。

体感では1回の充電で1日ギリギリ使えるか使えないかというレベルのため、ハードユーザーは注意が必要です。

電池持ちの比較表で他機種と比べて見てください。

バッテリー持ち(100%⇒20%)
Zenfone 8
4時間50分
motorola edge 20
5時間51分
Find X2 Pro
5時間55分
Galaxy S20
6時間09分
Galaxy S22
6時間30分
Galaxy S21
6時間34分
Pixel 6 Pro
6時間43分
Galaxy Note20 Ultra
7時間11分
Pixel 6
7時間56分
Galaxy S22 Ultra
8時間01分
moto g100
8時間31分
Galaxy S21 Ultra
10時間56分

Galaxy S22の生体認証をレビュー

Galaxy S22Galaxy S21Galaxy S20
顔認証対応対応対応
指紋認証対応対応対応
認証精度を◎・〇・△・×の4段階で評価

Galaxy S22の生体認証は超音波式の画面内指紋認証と顔認証に対応しています。

Galaxy S22の指紋認証の精度・速度は非常に優秀ですが、Galaxy S21との違いは感じません。

Galaxy S22の顔認証の精度・速度は普通で、Galaxy S20やGalaxy S21と変わらない印象です。

顔認証の精度の高いOPPO製スマートフォンからGalaxy S22に乗り換えるとストレスに感じるかもしれません。

Galaxy S22のレビュー|まとめ

最後にGalaxy S22を使ってみて感じた良い点、悪い点をまとめます。

良い点
悪い点
  • カメラのズーム性能が優秀
  • 明るく綺麗なディスプレイ
  • iPhoneとサイズが近い
  • 防水・防塵に対応
  • 指紋認証が優秀
  • FeliCa対応
  • 旧モデルとの差が少ない
  • 電池持ちが非常に悪い
  • 値段が高い

Galaxy S22は間違いなく完成度の高いスマートフォンです。

Galaxy S22はカメラ、システム、防水・防塵、FeliCaなど合格な部分も多いです。

ただ、Galaxy S22は、Galaxy S21 5Gで感じていたスピーカーや顔認証の不満点が改善されていない、Galaxy S21より電池持ちが悪化、価格も約12万円とGalaxy S21 5Gから2万円ほど値上がりしたのは非常に痛いです。

現在、一部の家電量販店ではau版 Galaxy S21 5Gが特価(MNP:約2万円、機種変更:約4万円)で販売されているため、こちらの方が圧倒的にオススメです。

もしくは、さらに費用をかけて最上位モデルのGalaxy S22 Ultraを選ぶのも良いでしょう。

価格と性能のバランスを求める方は約8万円で購入できるGoogle Pixel 6もオススメです。

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次