【裏技】OCNモバイルONEの㊙クーポン入手方法!

Galaxy M23 5G 実機 レビュー|カメラ性能が案外優秀

Galaxy M23 5G 実機 レビュー
  • URLをコピーしました!
楽天モバイルからの乗り換えにはLINEMOがオススメ!

Galaxyブランドとして国内初(数量限定特別版を除く)のSIMフリースマートフォン「Galaxy M23 5G」が誕生しました。

Galaxy M23 5Gは約6.6インチの大型ディスプレイ、3眼カメラ、5,000mAhの大容量バッテリー、RAM6GB、ROM128GB、5G対応、イヤホンジャック搭載、SIM2枚+microSDカードのトリプルスロット対応、Snapdragon 750G 5GのSoCと普段使いにはちょうど良い性能のSIMフリースマートフォンとなっています。

この記事ではGalaxy M23 5Gを実際に体験してみて感じたメリット・デメリットをお伝えします。

Galaxy M23 5Gの詳しい特徴・スペック・予約特典については以下の記事にまとめていますのでご確認ください。

目次

Galaxy M23 5Gの付属品をレビュー

Galaxy M23 5Gの外箱はiPhoneほどではないものの非常にコンパクトです。

Galaxy M23 5Gの同梱物は画像の通りです。

  • Galaxy M23 5G本体
  • SIMピン
  • USB CtoC ケーブル
  • クイックスタートガイド等

Galaxy M23 5Gではフィルム・ケースが同封されていないため、別途用意する必要があります【後ろの項目で筆者が利用中のフィルム・ケースを紹介しています】。

端末の側面にはフィルムが貼られています。

キャリアとの繋がりの強いメーカーらしく、フィルタリングに関する書類も同封さっれています。

Galaxy M23 5Gのサイズ・カラーをレビュー

Galaxy M23 5G
重量約198g
165.5mm
77.0mm
厚さ8.4mm
カラーディープグリーン
ライトブルー
サイズの単位はmm

Galaxy M23 5Gの重量は約198gと同時に発表されたGalaxy A53 5G(約189g)と比べても重く、比較的大型なスマートフォンと言えます。

購入前に実機でサイズ感を試すことをおすすめしますが、現時点で、Galaxy M23 5Gは「Galaxy Harajuku」と「Galaxy POP-UP STUDIO」のみの展示となっています。

また、カラーは「ディープグリーン」と「ライトブルー」の2色展開で、男女問わず選びやすくなっています。

Galaxy M23 5Gのサイズを同日に発売されたGalaxy S22やGalaxy S22 Ultraを比較してみると、Galaxy M23 5Gは案外大型のスマートフォンであることがわかります。

Galaxy S22 Ultra、Galaxy S22のレビュー記事も掲載しています。

Galaxy M23 5Gのデザインをレビュー

今回レビューを行うカラーはライトブルーで落ち着いた色合いです。

見る角度によってはグリーンにも見えます。

Galaxy M23 5Gの背面から見て、左側側面には上から音量ボタン、電源ボタン(指紋センサー内蔵)があります。

右側側面にはカードスロットがあり、SIMカード1+SIMカード2+microSDカードのトリプルスロット仕様です。

側面下部には左からスピーカー、USB-C端子、マイク、イヤホンジャックが搭載されています。

3.5mmのイヤホンジャックが搭載されているのでお好みの有線イヤホンを利用できます。

AmazonでY!mobileのSIMカードとセット購入すると18,000pt還元!

Galaxy M23 5Gのディスプレイをレビュー

Galaxy M23 5G ディスプレイ
Galaxy M23 5G
画面サイズ約6.6インチ
パネル液晶
(フラット)
解像度Full HD+
リフレッシュレート120Hz
最大輝度不明

Galaxy M23 5Gは約6.6インチの大画面を搭載しているため、映画や動画視聴にぴったりです。

ディスプレイのパネルは有機ELではなく液晶を利用していますが、十分きれいです。

ディスプレイの解像度はFull HD+ですが、電池持ちのことを考えるとQuad HD+は不要ではないかと感じます。

リフレッシュレートも120Hzに対応しているため、滑らかな動作を体験できます。

Galaxy M23 5Gのフィルム・ケースをレビュー

筆者はararee(アラリー)から販売されているサムスン公式認証「Designed for SAMSUNG」のケース・フィルムを購入しました。

araree 強化ガラスフィルム SUB CORE GLASS for Galaxy M23

arareeから販売されているGalaxy M23用のガラスフィルムです。

特長
  • 表面硬度9H
  • ラウンドエッジ加工
  • 指紋防止
  • 飛散防止
  • 優れたタッチ感
  • 高い透明度
  • 全面粘着型フィルム
  • 4重レイヤー構造
  • 防指紋

付属品は以下の通りです。

  • 強化ガラスフィルム 1枚
  • フィルム貼り付けガイド
  • クリーニングワイプ
  • ほこり防止ステッカー

ガラスフィルムの貼り付けは「フィルム貼り付けガイド」に添って行えばできます。

見にくいですが、浮きなどもなく綺麗に貼れています。

端末上部をアップした画像です。

内部に埃が入りましたが、浮きはないのフィルムの精度は良さそうです。

お風呂場などホコリが舞いにくい場所でフィルム貼りを行うのが良いかもしれません。

端末下部も浮きはありません。

araree FLEXIELD for Galaxy M23

arareeから販売されているGalaxy M23用の柔らかい素材でできたTPUケースです。

ケースはクリアライトブラックの2色展開です。

特長
  • 衝撃吸収
  • 持ち心地抜群
  • 厚めのケース

箱を開けるとケースが袋に入った状態で、同梱物は他にありませんでした。

Galaxy M23 5Gにケースを装着してみると、かなりゴツく、重量感もあります。

側面からもケースを見ていきまっしょう。

背面から見て右側面にはストラップホールとarareeのロゴが見られます。

四隅は厚みがあり、高さも均等になるよう足まで付いています。

持ちやすさを意識しているのかわかりませんが、均等に凹凸があります。

左側面にもストラップホールがあるため、好きな方を利用できます。

両方のストラップを利用して紐で吊るすこともできるかもしれません。

指紋センサー部分も大きくくり抜かれているので、指紋認証の精度には影響しません。

側面下部も端子部分は大きくくり抜かれているので干渉しません。

画像ではズレているように見えますが、側面上部のマイク部分は干渉しません。

紹介したケース・フィルムはGalaxy Harajukuでも販売しています。

Galaxy M23 5Gの基本性能をレビュー

Galaxy M23 5G Snapdragon 750G 5G
Samsung
Galaxy M23 5G
OPPO
Reno5 A
Xiaomi
Mi 11 Lite 5G
SoCSnapdragon 750G 5GSnapdragon 765GSnapdragon 780G
メモリ6GB6GB6GB
ストレージ128GB128GB128GB
microSD
eSIM×××
スロットSIM1
SIM2
MicroSD
SIM1
SIM2 or Micro SD※
SIM1
SIM2 or Micro SD
防水・防塵×IP68IP53
FeliCa×
※ ワイモバイル版はSIM1+microSD

Galaxy M23 5GはSoCにSnapdragon 750G 5Gを採用し、OPPO Reno5 AやXiaomi Mi 11 Lite 5Gのライバル機と言えます。

軽めのゲーム・ブラウジング・動画視聴・LINE・メール程度の用途であればGalaxy M23 5Gの性能で十分です。

紹介した4万円前後のライバル機3台で比較すると、Galaxy M23 5GのみカードスロットはSIM1+SIM2+MicroSDカードのトリプルスロット構成になっているため、ここは大きなメリットと言えます。

しかし、Galaxy M23 5GはReno5 AやMi 11 Lite 5Gで対応している防水・防塵・FeliCaに非対応のため、ここは大きなデメリットと言えます。

スマートフォンの性能を数値化してくれるベンチマークも3種類で計測しました。

数字が大きい方が性能は高いと言えます。

Samsung
Galaxy M23 5G
OPPO
Reno5 A
Xiaomi
Mi 11 Lite 5G
AnTuTu401005380109517977
Geekbench 5
(シングル/マルチ)
643
1925
613
1680
790
2550
PCMark9754837210881
AnTuTuベンチマーク(V9.3.7)
Reno5 A
380109
Galaxy M23 5G
401005
Pixel 4
517977
AmazonでY!mobileのSIMカードとセット購入すると18,000pt還元!

Galaxy M23 5Gのカメラ性能をレビュー

Galaxy M23 5G アウトカメラ
Galaxy M23 5G
メイン約5,000 万画素(F値1.8)
超広角約800万画素(F値2.2)
マクロ約200 万画素(F値 2.4)
ズーム倍率
(背面)
0.5~10倍
インカメラ約800 万画素(F値2.2)

Galaxy M23 5Gのアウトカメラは広角+超広角+マクロの3眼カメラで、望遠カメラは非搭載となっています。

ズームは0.5~10倍まで対応しています。

Galaxy M23 5Gで実際に撮影した写真を紹介しながらズーム性能を見ていきましょう。

0.5倍

超広角カメラでは0.5倍で撮影可能なため、かなり広い範囲が撮影できます。

カメラの画質としては普通です。

全体的に見栄えの良い写真に仕上がっていますが、右奥のGalaxy Watch4の看板の白飛びが気になりました。

Galaxy M23 5G 0.5倍ズーム

1倍

等倍の写真もきれいに撮れています。

Galaxy M23 5G 1倍ズーム

2倍

2倍ズームは若干の粗さはありますが、実用範囲内と言えそうです。

Galaxy M23 5G 2倍ズーム

4倍

4倍は厳しそうです。

望遠カメラ非搭載が悔やまれます。

Galaxy M23 5G 4倍ズーム

10倍

10倍の撮影はおまけレベルです。

Galaxy S22 Ultraの100倍とは比べものになりません(当たり前)。

Galaxy M23 5G 10倍ズーム

また、インカメラはディスプレイ上部のしずく型ノッチに搭載されています。

Galaxy M23 5Gの電池持ち・充電速度を比較レビュー

Galaxy M23 5G 電池持ち
Galaxy M23 5G
バッテリー容量5,000mAh
急速充電25W
急速充電対応規格USB-PD 3.0
PPS
ワイヤレス充電調査中
リバース ワイヤレス充電調査中

Galaxy M23 5Gは5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、動画視聴、写真の共有、ゲームなどを長時間楽しむことができます。

バッテリー残量を気にせずに1日中好きなことを思いっきり楽しめるのはうれしいですね。

ベンチマーク測定アプリのPCMarkを利用したバッテリー持ちテストは後日実施予定です。

PCMarkでの電池持ちテストはディスプレイの輝度最大・リフレッシュレート最大の状態で電池残量が100%⇒20%までの時間を測定します。

参考までに他機種のデータも掲載します。

バッテリー持ち(100%⇒20%)
motorola edge 20
5時間51分
Reno5 A
約6時間50分
A54 5G
約8時間10分
Galaxy M23 5G
8時間52分
Mi 11 Lite 5G
10時間37分

Galaxy M23 5Gの生体認証をレビュー

Galaxy M23 5G 指紋認証
Galaxy M23 5G
顔認証対応
指紋認証対応
認証精度を◎・〇・△・×の4段階で評価

Galaxy M23 5Gの生体認証は指紋認証・顔認証に対応しています。

Galaxy Sシリーズを除くGalaxy端末に搭載されている光学式画面内指紋センサーは認証精度が非常に悪いため、側面に指紋センサーが搭載されているGalaxy M23 5Gは評価できます。

実際にGalaxy M23 5Gの指紋認証を使用してみると、Galaxy S22シリーズよりも高速で精度も高いと感じます。

AmazonでY!mobileのSIMカードとセット購入すると18,000pt還元!

Galaxy M23 5Gのバンド・SIMカード対応状況

Galaxy M23 5Gの対応バンド(周波数)とSIMカードの対応状況を紹介します。

Galaxy M23 5Gで対応しているバンド(日本国内で利用中のバンドのみ)と対応キャリアを表でまとめました。

各キャリアの対応周波数に対応していることがわかります。

世代 Band Galaxy M23 5G
対応キャリア
5G
n3
au
SoftBank
n28
au
SoftBank
n77
au
SoftBank
Rakuten
n78 docomo
au
n79 docomo
n257
docomo
au
SoftBank
Rakuten
4G
1 docomo
au
SoftBank
3
docomo
au
SoftBank
Rakuten
8 SoftBank
11 au
SoftBank
18/26 au
(Rakuten)
19/(26) docomo
21 docomo
28 docomo
au
SoftBank
41
42 docomo
au
SoftBank
3G
docomo
SoftBank
Ⅵ/XIX docomo
SoftBank

念のため、筆者が利用している23の事業者のSIMカードを用いて、通話・通信テストを行ったところ、すべてのSIMカードが利用可能でした。

回線 事業者 通話 通信
docomo
(d-2)
au
1.0
SoftBank

(iPad)
Rakuten
表中の記号について
通話◎:通話可能(VoLTE対応)
○:通話可能(VoLTE非対応)
✕:通話不可
ー:通話非対応のSIMカード
通信◎:通信可能(APN設定不要)
○:通話可能(APN設定必要)
✕:通信不可

筆者が利用しているイオンモバイル(docomo回線)、donedone、SoftBankのSIMカードはデータ専用プランのため、通話はできません。

また、23回線中19回線でAPNの登録が必要で、検証にかなり苦労しました(T_T)

APNの設定方法は以下の通りです。

STEP
設定画面を開く

歯車マークの「設定」を開き、「接続」の項目をタップ

STEP
モバイルネットワークの設定

「モバイルネットワーク」の項目をタップ

STEP
APNの項目探す

「APN」の項目をタップ

STEP
APNの編集

キャリア(ドコモ、au、SoftBank、楽天モバイル)のメインブランド(音声SIM)を利用している方は、表示されているAPNを選択するだけで接続できます。

※画像はdocomo(ahamo)のSIMカードを挿入した場合の表示です。

キャリアのサブブランド(UQ mobile、Y!mobile、LINEMOLINEMO)やMVNO(OCNモバイルONE、IIJmioなど)を利用中の方は別途、APNを登録しなければ通信ができません。

下部の項目「SIM1」「SIM2」に注意し、該当のSIM番号を選択の上、右上の「追加」ボタンからAPNを登録します。

APNは「〇〇○(通信事業者名) APN」で検索すれば出ていきます。(例)UQ mobile APN

APNの入力が完了したら右上の「︙」⇒「保存」とタップし、保存したAPNを選択すれば通信できます。

当サイトでは毎月22回線の格安SIMの速度を測定し、おすすめの格安SIMを紹介していますので合わせて御覧ください。

Galaxy M23 5Gのよくある質問

Galaxy M23 5Gの気になる質問をまとめました。

Galaxy M23 5Gには通話自動録音機能が搭載されている?

Galaxy M23 5Gに通話自動録音機能は搭載されているのか?

通話の自動録音機能は搭載されています。

「電話アプリ」⇒「︙」⇒「設定」⇒「通話を録音」⇒「通話の自動録音」で自動録音を設定できます。

通話中に「録音」ボタンをタップすれば手動でも録音が可能です。

また、通話中に左上の「音声フォーカスON」をタップすることで相手の声が聞きやすくなります。

通話録音機能

Galaxy M23 5Gはイヤホンジャックを搭載している?

Galaxy M23 5Gはイヤホンジャックを搭載していますか?

Galaxy M23 5Gはイヤホンジャックを搭載しています。有線イヤホンで音楽・動画等を楽しめます。「Galaxy M23 5Gのデザインをレビュー」の項目で解説しています。

Galaxy M23 5Gでラジオは聞ける?

Galaxy M23 5Gでラジオは聞けますか?

Galaxy M23 5Gでラジオは聞けます。ただし、有線のイヤホン・ヘッドホンを接続する必要があります。

Galaxy M23 5Gでdocomo回線を利用すると3G通信ができません。

Galaxy M23 5Gでdocomo回線の3G通信ができません。

現在、Galaxy M23 5Gで3G対応のdocomo回線のSIMカードで3G通信ができないことを確認しています。この問題は「設定」⇒「接続」⇒「モバイルネットワーク」⇒「3G/2G(自動接続)」もしくは「3Gのみ」に設定すると起こります。IIJmio、y.u mobile、イオンモバイルのSIMカードで試しましたが、いずれも圏外になります。docomo 5Gプランやahamoなどは3G通信に非対応ですのでご注意ください。なお、SoftBank回線(SoftBank、Ymobile)では問題なく3Gが利用できることを確認しています。

  • コメント欄でnmmr様に情報提供いただき、筆者も検証を行いました。

Galaxy M23 5Gで通信ができません。

Galaxy M23 5Gで通信ができなくて困っています。

APNを設定していない可能性がありますので、「Galaxy M23 5Gのバンド・SIMカード対応状況」で解説している方法を試してみましょう。解決できるはずです。筆者が所有している23の事業者のSIMカードでは問題なく通信ができることを確認していますので、APNの設定を行っても接続できない場合はAPNの入力間違えを疑いましょう。ただし、当サイトではdocomo回線で3Gが利用できない現象を確認しています。

Galaxy M23 5Gのレビュー|まとめ

最後にGalaxy M23 5Gのレビューを行って気づいた良い点、悪い点をまとめます。

良い点
悪い点
  • 6.6インチの大型ディスプレイ
  • トリプルスロット対応
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • イヤホンジャック搭載
  • ラジオ搭載
  • 防水・防塵非対応
  • FeliCa非対応
  • デカくて重い

購入する際の参考にしてください。

以下の記事ではGalaxy M23 5Gを実質18,000円引きで購入できる方法を紹介してますので、合わせてご覧ください。

AmazonでY!mobileのSIMカードとセット購入すると18,000pt還元!
楽天モバイルからの乗り換えにはLINEMOがオススメ!
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメント一覧 (9件)

  • Galaxy M23 5Gですが、国内&SIMフリー版で通話自動録音機能が搭載されているか非常に気になります。
    搭載されているのでしょうか?

  • Galaxy M23 5G の3G通信についてですが、モバイルネットワーク設定から各simスロットのネットワークモードを「3G/2G」あるいは「3Gのみ」とした場合に通信可能かご確認いただくことは可能でしょうか。
    当方の端末では、docomoのFOMA契約simおよび、ocnの旧プラン(3G通信が可能なプラン)のsimにてネットワークモードを上記のようにすると圏外となってしまいます。(ocnはともかくこの状態だとFOMAsim側が全く利用できないので…)
    サポートにも連絡済みですが返信がまだなので、自分の端末だけなのか他の方も同様なのか気になっています。

    • nmmr様

      コメントありがとうございます。
      提示頂いた条件で検証したところ、私の端末でも3Gに対応したdocomo回線のSIMカード(IIJmio、y.u mobile、イオンモバイル)を挿入すると圏外になることが確認できました。
      SoftBank回線(SoftBank、Ymobile)では問題なく3G通信ができることを確認しています。
      au、楽天モバイルは3G非対応のため、未検証です。
      不具合だとすれば重大な問題かもしれません。
      よろしくお願い申し上げます。

      • 検証いただきありがとうございます。
        FOMAsimを4G対応端末で使用するにはFOMAsim側の4G通信を塞ぐ必要があり今回のように設定してみた次第です。
        いままでの4G/3Gデュアルsim端末では片側のsimを「4G/3G」にすると他方のsimスロットは自動的に「3G」となるため問題なくFOMAsimを利用できたのですが、5Gスマホでは片側SIMを「5G/4G/3G」「4G/3G」にしても他方が「4G/3G」にしかならないようですね。そこで手動で「3G」に設定するも残念ながら。
        スマホマホ様のTwitterの方も拝見しましたがサポートにもご報告いただいたようですね。修正対応になると私が想定している使用方法的にはありがたいのですが果たして……。
        私もサポートに報告し、折り返し回答をもらうことになっているので新たな情報があれば共有させていただきます。

        • nmmr様

          ご返信ありがとうございます。
          経緯について確認させて頂きました。
          私は3Gは使用していないため、全く気付きませんでした。
          Twitterも確認して頂いたとのことで感謝しています。
          コメント返信後にサポートに問い合わせを行いました、サーポート側でもそのような症例は上がってきていないようでした。
          nmmr様もサポートに連絡されたとのことで、早期に解決されることを願っています。
          今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 確認可能であればお願いします伝言メモ機能はついていますでしょうか?

  • 素早いお返事ありがとうございます。 伝言メモついているということで購入候補になりました。ありがとうございました。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる