Galaxy Harajuku 館内ガイド、40回以上利用している筆者がお伝えします!!

Galaxy Harajukuは当面の間、休業となっています。ただし、予約者に限り、カスタマーサポートは受けることが可能です。
修理について

当面の間、Galaxy Harajukuは休業となっていますが、休業中も予約者限定でカスタマーサポートを受けることが可能となっています。東京・原宿にあるGalaxy Harajukuでは、VRやGalaxy製品が体験できる施設であるのと[…]

即日修理可能な「Galaxy Harajuku」、気になる修理料金と申し込み方法、さらにお得な特典まで紹介

2019年3月、原宿のForever21跡地にオープンした「Galaxy Harajuku」。

Galaxy Harajukuは、「王様のブランチ」で紹介された「エクレア」や、インスタ映えすると話題の「Social Galaxy」など一日中楽しめるコンテンツが盛りだくさんの施設となっています。

Galaxy Harajuku を40回以上利用している筆者による攻略ガイドをお届け致します。

フロアごとに紹介しており、オススメ度やグループ利用の可否なども記載していますので利用される方の参考になれば幸いです。

1度利用しただけではわからないようなマル秘な情報も掲載しております。

8月からClass(体験型講座)が充実しました。

館内を見るだけでなく、事前に予約をしてClassに参加するのも良い思い出になるでしょう。

1F

入口がある階が1Fとなります。

Welcome 

まずは、入口入って左側にウェルカムカウンターがあります。ここで、館内用デジタル端末「Buddy(バディ)」を借りることができます。

Galaxy Harajukuを楽しむ為にはBuddyは必須です。借りられることを強くオススメ致します。

Buddyについての詳細はコチラ

Hero Zone 

グループ : ◎|1人:◎

ついに発表された折り曲げ可能なスマートフォン「Galaxy Fold」が体験できるコーナーです。

端末は設置されておらず、スタッフに申し出ると、端末の特徴を説明して下さいます。

もちろん、実際にGalaxy Foldを体験することができます。

Hands-on Lounge 

グループ :◎ |1人:◎

自由に最新のGalaxy S10シリーズ、Galaxy Note10+を試すことができます。

7月下旬からdocomo版 Galaxy S10+ Olympic Games Edition(SC-05L)、10月11日からGalaxy Note10+の展示が開始しました。

Galaxy S10+ Olympic Games Edition(SC-05L)の詳細はコチラ

Galaxy Story 

グループ :○ |1人:◎

Buddyを用いて館内で作成した写真・動画を一つのストーリーにすることができます。

館内を楽しんだ後の思い出作りにいかがでしょうか。

Community Square 

こちらのスペースではClass(体験型講座)やモバイルゲームの予選会・決勝などが行われます。

B1F

Customer Service 

グループ :× |1人:◎

Galaxy端末、付属品の購入、相談、修理、フィルムの貼り付けなどを行えるカスタマーサービスセンターです。お使いのGalaxy製品に問題がある場合はこちらに行きましょう。

現在、Galaxy S10|S10+のケースがセール中です。(12/11現在)

詳細は下記ページをご覧下さい。

Galaxy HarajukuでGalaxy S10 | S10+用純正スマホケースが特価販売中!!

Galaxy Harajukuでマーベルのスマホケースが特価販売中!!

Hands-on Lounge 

グループ :◎ |1人:◎

1Fや2Fと同様にGalaxy端末の展示がされています。

他の階と大きく違う点は、「アイアンマン」と「スパイダーマン」のケースが展示されているところです。

MARVELのケースが気になる方はこちらで見てみましょう。

詳細:MARVELのケース

Galaxy Media Wall 

グループ :◎ |1人:◎

たくさんのGalaxyを1枚の美しいキャンパスとしてつないでいます。

美しい壁画を見ることができます。

Mission to Space 

グループ :× |1人:◎

月面を実際に歩いた人はわずか12人しかいません。

VRを利用することにより皆さんも月面上を歩くことができます。

宇宙は無重力です。ジャンプしながら移動しなければいけません。皆さんも、今すぐに地球を脱出し、宇宙に出掛けましょう。

1人当たりの体験時間が約30分と非常に長くGalaxy Harajuku内で一番本格的なVRを体験することができます。

予約が必須で、Buddy(バディ)を借りた直後に予約する事をオススメ致します。こちらのアトラクションは、月面で任務を行います。

※激しく動くアトラクションの為、メガネをかけている方はなるべく外すように指示されます。視力の悪い方はコンタクトレンズの装着をオススメ致します。

My Galaxy Cover 

グループ :◎ |1人:◎

Galaxy S10、S10+、Note9のオリジナルカバーを無料で作ることができます。

S Pen機能を使って、スタンプを貼ったり、文字を書いたりできます。

ケースの印刷に20分程度かかるため、早めに作られることをオススメします。

2F

2FにはCafe、Hands-on Lounge、Kids Loungeのコーナーがあります。

Cafe 

グループ :◎ |1人:◎

土日は賑わっている原宿ですが、静かに仕事や勉強をしたいという方にオススメのCafeです。

このCafeはGalaxy Harajukuの2Fの奥に位置しているため、あまり一般の方に知られていません。

そのため、比較的空いており快適に利用できます。

エクレアを販売していたカフェが、麻布十番で話題のドーナツ・カフェ店「DUMBO Doughnuts and Coffee」に生まれ変わりました。

特に平日の午前中は貸切状態の日もあります。

Hands-on Lounge 

グループ :◎ |1人:◎

スマートフォン好きには一番オススメのコーナーです。

他の階にもGalaxy製品の展示はありますが、この階はラインナップが豊富です。

スマートフォンだけでなく、Galaxy BudsやGalaxy Watch Activeなど人気アクセサリーの展示がされているため試聴、試着ができます。

楽天モバイルから発売れている、Galaxy A7の展示が開始しました。(10/11)

Galaxy Tab Aの展示が開始されました。(11/30追記)

Kids Lounge 

グループ :○|1人:◎

Galaxy Note9を使ってロボットを操作できるコーナーです。

Note9でコマンドを入力し、ロボットに指示を出します。

ロボットに動く向きを指定したり、しゃべらせることができます。

子供に人気があり、すべての椅子が埋まっていることも珍しくありません。

Workshop 

グループ :◎ |1人:◎

15分程度の参加・体験型のセミナーで、Galaxy S10を貸していただき、Galaxy S10 (auもしくはdocomo版/デモ機ではありません)を最大限活用する方法が学べます。

Terrace 

こちらのスペースではClass(体験型講座)が行われます。

こちらのブースで開催されるClassは以下の通りです。(確定次第追加します)

【予約必須】Kids photo in summer pool

・プールに入りながら子供と夏の思い出を残そう

3F

3FはGalaxyの製造工程、歴代の機種、オリンピック記念品などの展示がされています。

Galaxy Within 

グループ :◎ |1人:◎

Galaxy端末の製造工程やGalaxy端末の部品だけでなく、歴代のGalaxy端末が見ることができます。

スマートフォンだけでなくガラケーなども展示されています。

日本未発売の端末も展示されているためスマートフォン好きやGalaxy好きの方にはオススメです。

Galaxy ×The Olympic Games 

グループ :◎ |1人:◎

Samsungはオリンピックのスポンサーです。

そのため、オリンピックの限定品やオリンピック限定のスマートフォンなどが展示されています。

オリンピックで配布される限定のピンバッジも配布されています。

Galaxyグッズのマニアの方にはたまらないかもしれません。

Galaxy Harajuku 内でSamsungという文字を頻繁に見ることができるのはこのエリアのみです。

展示物は基本的に変わっていませんがバックの色が変更となりました。(10/11)

4F

しばらくリニューアル工事が行われていましたが、6月中旬にリニューアル工事が終了し、一部アトラクションが変更となりました。

Galaxy Orbit 

グループ :△ |1人:○

Galaxy S10+が電動レール上を動きながら動画を撮影します。

スタッフが盛り上げてくれる中、中心で皆さんはダンスをし、オリジナルの動画を作成することができます。

動き過ぎると顔が切れてしまうので適度に動きましょう。

Galaxy Lightwave 

グループ :△ |1人:○

暗闇の中で3Dライトペインティングをすることができます。

13台のGalaxy S10で撮影した写真を連続写真にしてくれます。

自分の体の周りに光が走っているようにみえます。

Social Galaxy 

グループ :◎ |1人:◎

インスタ映えすると話題になり若い女性を中心に大人気です。

ユーザーがInstagramで投稿した写真でオリジナルのストーリーが作成され、曲面ディスプレイウォールに映し出されます。

そのため、自分のInstagramのアカウントでログインする必要があります。

また、自分のInstagramのアカウントを持ってなくてもSocial Galaxyを楽しむことはできます。

土日は非常に混むので注意が必要です。

5F

Body Canvas 

グループ :△ |1人:◎

Galaxy S10+のウルトラワイドカメラを利用してボディシルエットを作成することができます。

音楽に合わせてリズミカルにダンスしましょう。

残念ながらこちらのアトラクションは作成したシルエットをBuddyで持ち帰ることができません。

4D Theater 

グループ :◎ |1人:◎

GalaxyのVRアトラクションといえば4D Theater。

Galaxy Harajukuに行ったら是非体験していただきたいVRアトラクションです。

このVRツアーでは、Galaxyの革新的な技術を最大限に活用し、最大24人同時に4D映画を楽しむことができます。

現在はExtreme kayakが上映中で、カヤックで川を渡るシーンをVRで体験できます。

2019年12月20日(金)から「Winter Ride」に変更となりました。

人気アトラクションのため、Buddyで予約されることをオススメします。

年齢制限が14歳以上と厳しいため、小さいお子様は利用できません。

8月上旬ごろからアトラクションの揺れが弱くなってしまいました。

6F

Jumping Challenge 

グループ :× |1人:◎

ウェアラブル端末であるGalaxy Watch Activeを付けてトランポリンの上で跳ねながら、仮想のメダルを獲得するアトラクションです。

Galaxy Watch Activeを利用しているため、心拍数、カロリー消費量を測定可能です。

スコアも表示されるので1位を目指して頑張りましょう。

S Pen Gallery 

グループ :△ |1人:◎

Galaxy Note10+で写真を撮りSペンでスタンプや文字を入れ、オリジナルの写真を作ることができます。

撮影した画像はBuddyで持ち帰ることができます。

RC Car Challenge 

グループ :◎ |1人:◎

Galaxyを用いてRCカーを操縦することができます。

コース上のコーナーにはGalaxy Note9が設置してあり、後ほどRCカーの動きを確認することができます。

AR Doodle Booth 

グループ :◎ |1人:◎

最新のGalaxy Note10+に搭載されているカメラ顔認識機能を用い、自分の顔にお絵描きをし、動画を撮影します。

一度、顔にお絵描きすることにより、動いても絵が顔と一緒についてきます。

プリクラの動画版と考えていただくとわかりやすいかと思います。

Color Light Booth 

グループ :◎ |1人:△

Galaxy Note9のスローモーション機能を使い動画を撮ってもらうコーナーです。

背景色を指定できるだけでなく、オプションとして「風」や「シャボン玉」を指定し追加することが可能です。

【注意】オプションの「シャボン玉」が利用できません。(10/11現在)

Beat Callenge 

グループ :○ |1人:◎

いわゆる音ゲーです。

同期された12台のGalaxy S10が使われており、リズミカルにタップします。

スコアも表示されるので高得点をめざしましょう。

7F 

スタッフ専用フロアの為、一般の方は入れません。

 B2F 

ほとんどのスタッフが入ったことのない幻のフロア。

(おっと、人影が見えるぞ…)

(近づかないようにしよう!)

廃止されたコーナー 

1F

Sound Wall

[star rate=”3.0″]グループ :× |1人:◎

サウンドや映像の制作ができます。トラックを選び、タッチテーブルをタップするだけで、様々なエフェクトを駆使してオリジナルのサウンドを作ることができます。作った作品は、壁に設置された複数のGalaxy端末に表示されます。

S Pen Wall with Mr.Doodle

[star rate=”3.5″]

グループ :△ |1人:◎

GalaxyとMr.Doodleとのコラボセルフィーを楽しむことができます。Galaxy Note9のSペンを使ってスタンプや文字を追加する事ができます。作った写真は、プリントアウトして持ち帰ることができます。

Share With Koki

[star rate=”3.2″]

グループ : ◎|1人:◎

【2019年8月5日(月)にパネルのデザインが変わりました。】

Galaxy S10、S10+の「Wireless PowerShare」を体験することができます。

6F

Photo Booth

[star rate=”4.3″]

グループ :◎ |1人:△

Galaxy Note9のSペンを用いて4枚写真を撮り、撮った写真に落書きをすることができます。

作成したものは印刷して貰うことができます。

まるでプリクラのようなもので、若い女性を中心に人気が高いです。

Buddyでデータの持ち帰りが出来ないのでグループで利用した場合1枚しか写真が貰えないのが残念です。