【速報】Galaxy S23 Ultra 実機レビュー 掲載中!

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特長・お得な使い方

Visa LINE Pay クレジットカード(P+)の特長・お得な使い方
  • URLをコピーしました!

〈景品表示法に基づく表記〉本記事には広告が含まれています。

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

三井住友カードからLINE Payとコラボした最新のクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」が登場。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、電子決済サービスのLINE Payと相性抜群のクレジットカードで、年会費無料でありながら、最大5%のポイント還元が受けられるクレジットカードです。

筆者も愛用中のVisa LINE Payクレジットカード(P+)の特長やオススメポイントを紹介します。

目次

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特長

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の特長は以下の通りです。

  • チャージ&ペイの利用でLINEポイント5%還元(※)
  • 年会費永年無料
  • Apple Pay、Google Payに対応
  • LINEアプリでの利用通知機能あり
  • 5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象(オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)

Visa LINE Payクレジットカード(P+)を設定し、PayPay加盟店(※)でチャージ&ペイを利用すれば、5%の超高還元となります。ただし、LINEポイントの付与は最大500ポイント(月間)になるので注意が必要です。

  • PayPayのQRコードを読み取る支払い方法のみとなります。
  • 一部のお店ではご利用になれない場合があります。

年会費無料も嬉しいポイント。Apple Pay、Google Payにも対応し、日常でのちょっとした買い出しにも便利です。

LINEアプリでの利用通知機能搭載のため、利用履歴の確認が簡単です。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)とVisa LINE Payクレジットカードの違いを比較

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の前身として、Visa LINE Payクレジットカードがあります。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)とVisa LINE Payクレジットカードの主な違いはポイント還元率です。

2種の違いが気になる方のために、比較表を用意しました。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)の還元率はVisaのクレジットカード利用時が0.5%に対して、LINE Payのチャージ&ペイ利用時が5.0%と超高還元です。

一方、Visa LINE Payクレジットカードの還元率はVisaのクレジットカード利用時が1%ですが、LINE Payのチャージ&ペイ利用時では0.5%となってしまいます。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)Visa LINE Payクレジットカード
カードデザインVisa LINE Payクレジットカード(P+)Visa LINE Payクレジットカード
デザインラインナップWHITE(デフォルトカラー)
GREEN
YELLOW
BLACK
WHITE
GREEN(デフォルトカラー)
YELLOW
BLACK
年会費永年無料
ポイント還元率Visa
0.5%
チャージ&ペイ
5.0%(※)
Visa
1%
チャージ&ペイ
0.5%
国際ブランドVisa
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
入会資格18歳以上(学生可、高校生を除く)
ショッピング利用可能枠10万円~80万円
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料、発行手数料0円、1枚まで発行可能
家族カード永年無料
海外旅行保険最大2,000万円
国内旅行保険
ショッピング補償国内/海外 100万円
※国内はリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象
付帯機能LINEアプリでの利用通知機能
※5%還元はコード支払い(チャージ&ペイ)利用のみ対象となります。
 (オンライン支払い、請求書支払いはポイント対象外)
※チャージ&ペイ5%還元の付与上限は500ポイント/月となります。

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は5.0%還元のLINE Pay チャージ&ペイで利用するのが圧倒的にオススメです。

LINE Pay チャージ&ペイは以下のような店舗で利用できます。

LINE Pay チャージ&ペイ 利用可能店舗(一例)
カテゴリー店舗
コンビニエンスストアセブンイレブン
FamilyMart
ローソン
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ポプラ
セイコーマート
スーパーマーケットイトーヨーカドー
ヨークフーズ
オーケー
サミット
成城石井
SEIYU
東急ストア
ライフ
平和堂
ベルク
ベイシア
サンリブ
ドラッグストアウェルシアグループ
マツモトキヨシ
ココカラファイン
ツルハドラッグ
スギ薬局
SEIMS
ダイコクドラッグ
サンドラッグ
ドラッグイレブン
クスリのアオキ
V・ドラッグ
グルメ松屋
吉野家
すき家
ガスト
牛角
くら寿司
スシロー
KFC
CoCo壱番屋
フレッシュネスバーガー
丸亀製麺
リンガーハット
家電量販店ヤマダ電機
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ
100満ボルト
エディオン
ケーズデンキ
ジョーシン
エンターテイメント
雑貨
カラオケ館
ゲオ
TSUTAYA
トイザらス
ハンズ
ビックエコー
ブックオフ
古本市場
Francfranc
ラウンドワン
ロフト
アルファグループ
百貨店
モール
PARCO
SEIBU
SOGO
小田急百貨店
三井アウトレットパーク
LaLaport
近鉄百貨店

Visa LINE Payクレジットカード(P+)のオススメの使い方

Visa LINE Payクレジットカード(P+)は、LINE Pay チャージ&ペイ利用時に5.0%還元となりますが、月1万円分までしかポイント還元になりません。

そのため、対象のコンビニ・飲食店で最大5%還元となる、同じく三井住友カードが発行する「三井住友カード(NL)」「三井住友カード ゴールド(NL)」をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを最優先で利用する方法が良いでしょう。

  • 商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
  • 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。

筆者もこの方法を実践しています。

最大5%還元の対象の店舗では三井住友カード(NL)・三井住友カード ゴールド(NL)を利用し、クレジットカードのタッチ決済対象外店舗で、LINE Pay チャージ&ペイが使える場所でVisa LINE Pay クレジットカード(P+)を使うのがオススメです。

優先順位カード名還元率決済方法対象店舗
1三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
5%Visaのタッチ決済
Mastercard®コンタクトレス
●セイコーマート
●セブン-イレブン
●ポプラ
●ローソン
●マクドナルド
●サイゼリヤ
●ガスト
●バーミヤン
●しゃぶ葉
●ジョナサン
●夢庵
●その他すかいらーくグループ飲食店
●ドトールコーヒーショップ
●エクセルシオール カフェ
●かっぱ寿司
2Visa LINE Payクレジットカード(P+)
Visa LINE Payクレジットカード(P+)
5%LINE Pay チャージ&ペイ●LINE Pay チャージ&ペイ対応店舗
(先ほど紹介済み)
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次