【速報】Galaxy S23 Ultra 実機レビュー 掲載中!

Galaxy S23 Ultra 実機 レビュー | 中身が大幅に進化、電池持ち良好

Galaxy S23 Ultra 実機 レビュー
  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

この記事では、発表されたばかりのSamsungのハイエンドスマートフォン「Galaxy S23 Ultra」の実機レビューをお届けします。

Galaxy S23 Ultraは広角カメラにSamsung初の2億画素センサーを搭載、暗所撮影も強化された。その一方で、Galaxy S22 Ultraから大きな進化は少なく、マイナーアップデートと捉えることもできる。Galaxy S23 Ultraではどの程度細部のアップデートが行われているか注目したいところだ。

Galaxy S23 Ultraの特徴を簡単にまとめると・・・

  • 広角カメラが2億画素にグレードアップ、夜景撮影が綺麗に撮れるナイトグラフィーが強化
  • Galaxyに最適化されてチップセット「Snapdragon(R) 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy」を搭載
  • Sペン内蔵で手軽にメモやお絵描きが可能
目次

Galaxy S23 Ultraのデザインをレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 Ultra
重量234g229g
163.4163
78.178
厚さ8.98.9
カラーグリーン
ファントムブラック
ラベンダー
クリーム
ライム
スカイブルー
グラファイト
レッド
バーガンディ
ファントム ブラック
サイズの単位はmm

Galaxy S23 UltraはGalaxy Sシリーズの3モデル「Galaxy S23」「Galaxy S23+」「Galaxy S23 Ultra」の最上位モデルです。

Galaxy S23 UltraはSペンを内蔵し、ペン入力がはかどります。

Galaxy S23 Ultraのカラーは8色がラインナップされていますが、国内投入モデルではカラーが絞られるでしょう。

Galaxy S23 Ultraの側面を見ていきましょう。

背面から見て右側面には何もありません。

左側面は上から音量ボタン、電源ボタンです。

上部側面にはマイクがあります。

下部側面には左からSIMスロット、マイク、USB-Cコネクター、Sペンスロット、スピーカーが配置されています。

画像では側面にフィルムが貼られているのも良くわかりますね。

SIMスロットはSIMピンを利用して開閉するタイプで、microSDなどの外部ストレージには非対応です。

Galaxy S22 Ultraの本体は防水・防塵(IPX5/IPX8・IP6X)にも対応し、急な雨や水まわりでも安心ですが、Sペン未挿入時も本体の防水・防塵性能が保たれるのか不明です。

Galaxy S23 Ultraのディスプレイをレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 Ultra
画面サイズ6.8インチ6.8インチ
パネル有機EL
(エッジ)
有機EL
(エッジ)
解像度Quad HD+Quad HD+
リフレッシュレート1~120Hz1~120Hz
最大輝度1750nits1750nits

Galaxy S23 UltraのディスプレイはGalaxy S22 Ultraと同じ6.8インチのDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用しており、最大輝度(明るさ)は最大1750nitと炎天下でも非常に見やすいです。

リフレッシュレートの説明

Galaxy S23 Ultraのリフレッシュレートは1~120Hzの可変式を採用し省電力性にも優れています。

ネットサーフィンで滑らかなスクロールを体験できるだけでなく、ゲームも快適にプレイできます。

Galaxy S23 Ultraの基本性能をレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
SoCSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for GalaxySnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
メモリ8GB
12GB
12GB12GB
ストレージ256GB
512GB
1TB
256GB256GB
microSD×××
eSIM××

Galaxy S23 Ultraのチップセットには「Snapdragon(R) 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy」を搭載、SamsungとQualcommが協力し、Galaxyスマートフォンに最適化された最も強力なSoCとなっています。

新しいCPU マイクロアーキテクチャにより、Galaxy S23シリーズの処理能力はGalaxy S22シリーズより、約30%向上しました。

Galaxy S23 Ultraのメモリは8GBまたは12GBで、ストレージは256GB、512GB、1TBのモデルがラインナップされています。国内モデルは例年の傾向を考慮すると、12GB+256GBの組み合わせになる可能性が高いと考えられます。

microSDは非対応ですが、国内モデルはeSIMに対応するものと思われます。

Galaxy S23 Ultraのカメラ性能をレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 Ultra
メイン2億画素1億800万画素
超広角1,200万画素1,200万画素
望遠11,000万画素1,000万画素
望遠21,000万画素1,000万画素
ズーム倍率
(背面)
0.6~100倍0.6~100倍
インカメラ1,200万画素4,000万画素

Galaxy S23 Ultraのカメラは広角+超広角+望遠1+望遠2の4つのカメラを搭載、メインカメラが2億画素にパワーアップしました。Galaxy S22 Ultraより高解像度な写真を撮ることができるようになりました。

シーンに合わせて自動で最適なカメラモードが選択されるだけでなく、AIアルゴリズムにより、壮大な写真・動画撮影を実現しました。

Galaxy Harajukuの展示機は技適未取得のため、画像・動画等の持ち帰りがゆるされていないため作例はありませんが、暗所(低照度な状況下)での撮影が強化され、Galaxy S22 Ultraよりノイズが少なく鮮明な写真が撮影できるようになっています。

Galaxy S23 Ultraの電池持ちをレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 Ultra
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
急速充電45W45W
急速充電対応規格USB-PDUSB-PD
ワイヤレス充電
リバース ワイヤレス充電
電池持ち
(PCMark)
検証予定8時間01分

Galaxy S23 UltraはGalaxy S22 Ultraと同様に5,000mAhのバッテリーを搭載、Galaxy S22 Ultraのバッテリー持ちは頼りないと感じることも多い印象ですが、Galaxy S23 Ultraでは電池持ちが改善されていると海外のYouTuberが報告しています。

実機が届き次第、Galaxy S23 Ultraの電池持ちを検証します。

旧機種のGalaxyスマートフォンのバッテリー持ちは表の通りです。

バッテリー持ち(100%⇒20%)
Galaxy S20
6時間09分
Galaxy S21
6時間34分
Galaxy Note20 Ultra
7時間11分
Galaxy S22 Ultra
8時間01分
Galaxy S21 Ultra
10時間56分

テストは輝度・リフレッシュレート最大の状態で行い、電池残量が100%から20%になるまでの時間を他機種と比較しています。

Galaxy S23 Ultraの生体認証をレビュー

Galaxy S23 UltraGalaxy S22 Ultra
顔認証対応対応
指紋認証対応対応
認証精度を◎・〇・△・×の4段階で評価

Galaxy S23 Ultraの生体認証は超音波式の画面内指紋認証と顔認証に対応しています。

生体認証の精度についても実機が到着次第検証いたします。

Galaxy S23 Ultraを安く買う方法

Galaxy S23 Ultraを安く、お得に購入する方法をまとめました。

モデル販路価格
国内モデル未定
未定
海外モデル要問合せ
179,800円~
170,119円
198,800円~

Galaxy S23 Ultraのレビュー|まとめ

Galaxy S23 Ultraを短期間使ってみて感じた良い点、悪い点をまとめます。

Galaxy S23 Ultra
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 最適化されて世界最速のチップセット「Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy」を搭載
  • 約2億画素のカメラ搭載で高解像撮影や高感度撮影が可能
  • Sペン内蔵でメモ・スケッチ・操作が捗る
  • 炎天下でも見やすい明るくて綺麗なディスプレイ
  • 防水・防塵に対応
  • FeliCaに対応予定(国内版)
デメリット
  • 値段が高額
  • 旧モデルと外見が酷似している
  • カメラ部分に埃が溜まりやすい
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次