SamsungがSnapdragon 865搭載のGalaxy S20 FEを発表|価格は$699

Samsungが9月23日に開催した「Unpacked for Every Fan」イベントで、Galaxy S20 Fan Edition(FE)を発表しました。

名前からわかる通り、Galaxy S20 FEは、2月に発表されたGalaxy S20ファミリーの新たな仲間で、より手頃な価格にするためにいくつかの変更が見られます。

Galaxy S20 FEの性能

Galaxy S20 FEは、Galaxy S20シリーズと同じチップセット(一部の地域では4Gバリアント用のExynos 990、世界の5Gモデル用のQualcomm Snapdragon 865)を搭載しているため、パフォーマンスは犠牲にしていません。

ただし、メモリ(RAM)は少なく最大8GB、ストレージの容量も256GBとなっています。

Galaxy S20との最大の違いは、デザイン、ディスプレイ、カメラです。

背面はGalaxy S20と異なり、Galaxy S20 FEはプラスチック製で、カラーはCloud Red、Cloud Lavender、Cloud Orange、Cloud Mint、Cloud Navy、Cloud Whiteの6色展開です。

Galaxy S20 FEのディスプレイはフラットな6.5インチで、他のGalaxy S20シリーズと比べてベゼルは全体的に厚く、解像度はQuad HD +ではなく、フルHD +(2400×1080)となっています。

Galaxy S20 FEは120Hzのリフレッシュレートには対応しているものの、HDR10 +には非対応です。

Galaxy S20 FEのカメラ

インカメラは12MPカメラで、ほかのGalaxy S20シリーズと同じですが、アウトカメラは異なります。

12MPのウルトラワイドカメラは搭載されているものの、Galaxy S20と比較して、視野角は123度と広い一方、ピクセルサイズは1.12μmと小さいです。

望遠カメラは64MPから8MPへとスペックダウンしており、視野角はたったの32度です。

ただし、ナイトモードや30倍の「スペースズーム」(3倍の光学ズーム対応)などの機能は引き継がれています。

Galaxy S20 FEの自撮りカメラは固定焦点の32MPセンサーですが、他のGalaxy S20モデルはオートフォーカスに対応しています。

Galaxy S20 FEの特長|まとめ

・5G対応
・6.5インチの大型ディスプレイ
・120Hzのリフレッシュレート対応
・3眼カメラ
・光学手ぶれ補正対応
・ステレオスピーカー
・4,500mAhの大容量バッテリー
・IP68の防水・防塵対応
・最大8GBのメモリ
・3年間のアップデート保証付き
・選べる6色のカラーバリエーション

Galaxy S20 FEの予約開始日・発売日・価格

Galaxy S20 FEの魅力はなんといったも値段です。

米国では、Snapdragon 865 5Gチップセット、6GBのRAM、128GBの内部ストレージを搭載したモデルが699ドルで販売されます。

ただ、残念ながら、現時点でその他の地域で販売されるかは不明です

9月23日から予約が開始され、10月2日に発売します。

OCNモバイルONEのクーポンが激ヤバ!


OCNモバイルONE クーポンで激安