OPPO Reno7 A 実機レビュー|1万円台で買えます♫

【レビュー】PITAKA MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用 | 頑丈で高性能なケース

【レビュー】MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年 2021年用 頑丈で高性能なケース
  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

PITAKAから販売されているカーボン製の2022年/2021年モデル iPad Pro 12.9インチ専用ケース「PITAKA MagEZ Case 2」をレビューします。

PITAKAとは・・・?
PITAKA ロゴ

PITAKAは2015年11月に中国の深センに設立された企業です。「よりスマートで持続可能な方法で製品エコシステムを構築し、最高級の素材を使用および再利用することにより、私たちの生活を簡素化する。」ことを目標に、エコリビング、エコプロダクション、エコ開発に取り組み、アラミド繊維で作られたスマートフォンやタブレットなどのアクセサリーを世に送り出しています。

iPad Pro 12.9インチ用のMagEZ Case 2は軽さ92g・薄さ1.6mmのスタイリッシュなデザインのアラミドケースです。

この記事では、iPad Pro 12.9インチ用のMagEZ Case 2を実際に使用して感じた良い点(メリット)・悪い点(デメリット)をレビューしていきます。

目次

PITAKA MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用の特徴

2022年/2021年モデル iPad Pro 12.9インチ用のMagEZ Case 2の特徴は以下の通りです。

  • 独自のスタイリッシュなデザイン
  • 繊細で個性的な浮き織り
  • ぴったり設計で充電ケーブルも問題なし
  • 軽量で極薄
  • Apple Pencilの充電に対応
  • カメラ・ボタンをしっかり保護
  • 他のPITAKA製品との連携がスムーズ

2022年/2021年モデル iPad Pro 12.9インチ用のMagEZ Case 2は独自のスタイリッシュなデザインです。

10,215時間もの時間を研究開発につぎ込み、あらゆる問題を克服しています。およそ100種類もの織り方を検証し、10回を超えるプロセステストを経て、独自の浮き織りケースが完成しました。

アラミド繊維の異なる原色を持つ経(たて)と緯(ぬき)を交互に調整して、2つ以上の編み方が平らな生地に現れるように織る「浮き織り」を採用し、多彩な文様を織りだし立体的な色と視覚効果を実現しています。

レーザー加工で設計されたボタン類はしっかり保護され、押しやすくなっています。

まるでケースを装着していないようなスムーズな操作が可能です。

一般的な充電ケーブルやケーブルタイプのHUBなら問題なく利用できますが、直挿しタイプは注意が必要です。

約92gと軽く・約1.6mmと薄いです。

極薄&軽量のPITAKA MagEZ Case2を装着すれば、持ち運びやすく、単独でiPad Proを使用する際やMagic Keyboardと併用する際にも欠かせない製品となります。

Apple Pencilを取り付けると吸着し、自動で充電を開始します。

ケースにはくぼみがあるため、ペンシルの装着も容易です。

カメラガードやボタンのカバーにより、様々な傷や破損からiPad Proを守ってくれます。

MagEZ Case 2は他のPITAKA製品との連携がスムーズです。

iPad とシームレスに連携する磁気製品のエコシステムである「PitaFlow for Tablets」により、PITAKA製品でアクセサリーをまとめると非常に便利です。

専用スタンド(MagEZ Stand)や専用カバー(MagEZ Folio)がMagEZ Case 2と連携できます。

MagEZ Standのレビュー記事は近日中に公開します。

メーカーのPITAKAに製品を提供して頂きレビューを行っていますが、メーカー側から内容等の指示は一切ありません。忖度なしにレビューをしております。

PITAKA MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用のレビュー

提供して頂いた「MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用」をレビューします。

2021年モデルのiPad Pro 12.9インチに装着して使用感をレポートしていますが、本製品は2022年モデルでも使用可能です。

付属品

MagEZ Case 2 for iPad Proは黒を基調とした紙製の箱に入っています。

パッケージは磁石が内蔵されており、高品質です。

付属品は以下の通りです。

  • MagEZ Case 2 本体
  • 着脱ガイド
  • 製品カタログ

デザイン・装着感

今回提供いただいたのは「1500D オーバーチュア」カラーのPITAKA MagEZ Case 2です。ケースの左側に縦のストライプが、左側には黄緑カラーの斜めのストライプ、その横には赤色のストライプが縦に入っています。

iPad Pro用のPITAKA MagEZ Case 2には今回紹介する「1500D オーバーチュア」の他に、4色が用意されています。

製品画像繊維の太さ
カラー
通常価格
⇒セール価格
1500D 黒/グレーツイル柄1500D
黒/グレーツイル柄
8,999円
7,599円
1500D 黒/ブルーツイル柄1500D
黒/ブルーツイル柄
8,999円
7,599円
1500D オーバーチュア1500D
オーバーチュア
9,999円
7,599円
1500D ラプソディ1500D
ラプソディ
9,999円
7,599円
1500D シルバー/グレーツイル柄1500D
シルバー/グレーツイル柄
8,999円
7,599円

2022年11月25日(金)~12月1日(木)に開催される「PITAKAブラックフライデー2022」では9,999円⇒7,599円と最大24%OFFで購入できます。

詳細はコチラ!!

真空成型と3Dデザインによりサラサラとした手触りのある特殊な3層コーティング仕上げが行われており、しっとりと手に馴染みます。

ストライプ部分を拡大してみると間隔は不均等です。印刷でなく、アラミド糸を織り込んでいることが確認できます。

アラミド繊維は、ボディアーマー・スーパーカー・飛行機・宇宙船・F2マシンなどにも利用されている素材で、鋼の5倍の強度を持ちながら約1/5の軽量化を実現しています。

MagEZ Case 2は薄さと頑丈さを保ちながら、Magsafeにも対応しています。

ケース内側の中央には非常に薄型の磁石が内蔵されています。

そのため、Magsafeに対応したApple純正のアクセサリーやPITAKA製品と併用できます。

別記事でレビュー予定ですが、別売りのスタンド「PITAKA MagEZ Stand」と併用すると使い勝手が一気に向上します。

ケース、スタンドそれぞれに磁石が内蔵されているため、スタンドに近づけるだけでiPad Proの固定ができ、360°回転することができます。

また、MagEZ Case 2とアクセサリーの併用可否についても調査しました。結果は以下のとおりです。

販売元製品名MagEZ Case 2
併用可否
AppleMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
PITAKASmart Folio
MagEZ Stand
MagEZ Folio
ESRESR iPad Pro 12.9 ケース

Apple純正キーボードとMagEZ Case 2は相性バツグンです。PITAKAの製品やESRの製品も概ね問題なく併用はできますが、注意が必要です。

筆者が愛用しているESRのケースは背面にマグネットが入っており、iPad本体に装着して使用します。

PITAKAのSmart FolioやESRのケースはMagEZ Case 2を装着した状態でも利用することができます。

しかし、厚みの影響で画像のように浮いてしまいます。ガラスフィルム使用の影響がありそうです。この手のケースと併用する場合はフィルムなし、または、薄いPETフィルムなどの利用を検討しましょう。

浮きはESRのケースで確認できますが、カバー開閉時のスリープ・ウェイクアップ機能は問題なく使えます。

MagEZ Case 2にはスマートコネクタが搭載されているため、キーボードや充電を可能にしています。

MagEZ Case 2は約92gと軽量で約1.6mmの極薄デザインを採用しているため、非常に助かります。その上、アラミド繊維使用により非常に頑丈な作り。文句はありません。

約682gのiPad Pro 12.9インチに約92gのMagEZ Case 2を装着すると、約774gと決して軽くはありませんが、明らかに他のケースよりは軽いです。

ボタン類はしっかり覆われ、ケースはカメラレンズより高くなっているので、安心して使えます。

MagEZ Case 2は薄型設計のため、ディスプレイ側から見ても存在感はありません。

側面も見ていきましょう。

背面から見て右側面にはケースで覆われていません。

キーボードなどの利用を想定した設計かと思いますが、MagEZ Case 2単体で利用する方には残念な仕様でしょう。

左側面には覆われた音量ボタンと、Apple Pencilの設置スペースが確認できます。

マグネット内蔵により、Apple Pencilは「カチッ」と装着され、自動で充電されます。

側面上部は電源ボタンが保護されている一方で、スピーカー部分はくり抜かれています。

側面下部はUSB-Cポート周辺が大きくくり抜かれています。

大体の充電ケーブルは問題なく利用できますが、デバイス周囲を覆うタイプのUSB-Cハブ等を利用する場合は厳しいかもしれません。

PITAKA MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用のレビュー | まとめ

最後に、MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用を実際に使用して感じた良い点(メリット)、悪い点(デメリット)をまとめます。

MagEZ Case 2 for iPad Pro 12.9インチ 2022年/2021年用
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アラミド繊維で個性的な浮き織り
  • 軽くて薄いスタイリッシュなデザイン
  • Apple Pencilの充電に対応
  • スマートコネクタに対応
  • カメラ・ボタン周りをしっかり保護
  • 他のPITAKA製品との連携がスムーズ
デメリット
  • 価格が高い
  • 側面の保護性能が低い
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次