【写真比較】国の重要文化財を最新のスマホ10機種で撮り比べ┃旧岩崎邸庭園

今回は、国の重要文化財である「旧岩崎邸庭園」を最新のスマートフォン(一部例外あり)で撮影してみました。

旧岩崎邸庭園( きゅういわさきていていえん )は、文京区と台東区にかかる場所に位し、三菱財閥を興した岩崎弥太郎の本邸でした。明治29年(1896)、岩崎家3代久弥が、イギリス人建築家のジョサイア・コンドルに設計を依頼した洋館と撞球室(ビリヤードルーム)と和館からなる、本格的な洋風建築と和風建築の融合された建物です。

カメラ性能の比較を行うにあたり、使用したスマートフォンは以下の10機種です。

メーカー機種名DXOMARK
AppleiPhone 11
iPhone 11 Pro
109
HUAWEIMate 20 Pro
Mate 30 Pro
112
121
LGG8X ThinQ
OPPOReno A
Reno 10x Zoom
Reno Ace

116
SamsungGalaxy Note10
Galaxy Note10+

117

※メーカーは50音順

この中で、カメラの性能を数値化して表す「DXOMARK」でスコアが109以上のスマートフォンを中心に比較を行いました。そのため、ハイレベルな比較を行うことができました。

※iPhone 11とiPhone 11 Proの画質は基本的に変わりませんが、実態を調査しました。

旧岩崎邸庭園

Apple

旧岩崎邸庭園を正面から撮り比べてみると、Galaxy Note10シリーズが一番鮮やかに撮れています。

iPhone 11

iPhone 11 Pro

HUAWEI

Mate 20 Pro

Mate 30 Pro

LG

G8X ThinQ

OPPO

Reno A

Reno Ace

Reno 10x Zoom

Samsung

Galaxy Note10

Galaxy Note10+

旧岩崎邸庭園(裏)

逆光のため苦戦しているスマートフォンが多い中、OPPO Reno Aceがかなり明るくクッキリ撮影できています。

Apple

iPhone 11

iPhone 11 Pro

HUAWEI

Mate 20 Pro

Mate 30 Pro

LG

G8X ThinQ

OPPO

Reno A

Reno Ace

Reno 10x Zoom

Samsung

Galaxy Note10

Galaxy Note10+

旧岩崎邸庭(雪見灯篭)

雪見灯篭の撮影においては、各機種においてそこまで大きく差は出ませんでしたが、Galaxy Note10シリーズだけは明るめに写っています。

Apple

iPhone 11

iPhone 11 Pro

HUAWEI

Mate 20 Pro

Mate 30 Pro

LG

G8X ThinQ

OPPO

Reno A

Reno 10x Zoom

Reno Ace

Samsung

Galaxy Note10

Galaxy Note10+

まとめ

機種名評価
iPhone 11特に優れているという感じではないものの、全体的に安定した写真が撮れる。
iPhone 11 ProiPhone 11で十分じゃないですか…
Mate 20 Pro現実に近く撮影できるが、全体に暗く写ります。
Mate 30 Pro綺麗な写真が撮れることには間違いないが、現実離れしているのが気になる。
G8X ThinQコスパ最強端末のため、カメラ機能はあまり期待していなかったが、想像以上に良く普段使いには十分。
Reno A安い端末なので仕方ない。明るい場所ならあまり気にならない。
Reno 10x Zoomかなり現実に近い写真が撮れるがインパクトは少ない。
Reno Ace約5万円と安価ながらバランスよく撮れている。
Galaxy Note10Galaxy Note10+との違いがほとんどわかりません。日本で発売して欲しかった端末です。
Galaxy Note10+カメラに関して一番満足度の高いスマートフォン。程よく盛る感じが好きです。

※あくまでも筆者(素人)の感想です。