OPPO Reno Ace ガンダムエディション 実機 レビュー

 
スマホマホ
こんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。この記事では日本で未発売であるOPPOのスマートフォン「Reno Ace GUNDAM Limited Edition」を紹介します。

OPPO Reno Aceシリーズは2019年10月に海外で発表されたハイエンドスマートフォンです。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは、3万台限定のモデルとして販売されており、ガンダム好きにはたまらないスマートフォンではないでしょうか。

OPPO Reno Aceは、国内使われている周波数にほとんど対応しているため、技適を取得すれば国内でも簡単に販売できそうなほどです。

既に、OPPO Reno Ace(通常版)を購入しレビューしているため、この記事ではガンダムファンにはたまらない、OPPO Reno Ace GUNDAM Limited Editionの外観や付属品を中心にレビューしていきます。

そのため、OPPO Reno Aceの性能については以下のレビュー記事を参照してください。

関連記事

 スマホマホこんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。今回は日本で未発売であるOPPOオッポのスマートフォン「Reno Ace(リノ エース)」を紹介します。「Reno Ace」は2019年10月10[…]

レビューの前に、OPPO Reno Aceを2台も購入した理由について簡単に説明すると、OPPO Reno Aceが非常に使いやすいスマートフォンだったからです。(手放したあとに気付く・・・)

筆者はガンダムのことはあまり詳しくありませんが、1台目と同じではつまらないと考え、ガンダムエディションを購入しました。

関連記事

OPPO Reno A 128GB とは楽天モバイル・楽天市場にて販売されているSIMフリースマートフォン。おサイフケータイ、防塵・防水に対応している日本オリジナルモデル。SoCにSnapdragon 710、メモリ6G[…]

関連記事

スマホマホこんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。今回は日本限定発売のOPPOのスマートフォン「Reno3 A」を紹介します。2020年6月25日より順次発売が開始されたOPPOの最新のミドルレンジモデ[…]

OPPO Reno Ace ガンダムエディションの特徴

OPPO Reno Ace GUNDAM Limited Editionの良い点(メリット・長所)と悪い点(デメリット・短所)は以下の通りです。

  • 性能が高い
  • 90Hz駆動のディスプレイを搭載。
  • バランスの取れて4眼カメラを搭載
  • 65Wの高速充電対応
  • ゲームを快適にプレイできる
  • ガンダムカラーの本体で他人と被りにくい
  • 日本で未発売

OPPO Reno Ace GUNDAM Limited Editionの項目別評価

デザイン5.0
携帯性3.0
レスポンス 4.5
ディスプレイ 4.5
バッテリー 4.5
カメラ 4.5
生体認証  5.0
音質 4.5
発熱のしにくさ 5.0
総合 4.5

※ 評価は0.50点刻みで5.0点満点です。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのパッケージと付属品をレビュー

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは外箱から気合が入っています。

中国モデルにもかかわらず、ガンダムがカタカナ表記はスゴイですね。

箱を開けると、40周年記念プレート埋め込まれています。

黒が基調のなかなかレアなバッジです。

マニアの方にはたまらないでしょう。

背面は、シルバーで非常に輝いています。(所々汚い部分は擦り傷です)

小箱を取ると、OPPO Reno Ace ガンダムエディションの本体とご対面です。

また、OPPO Reno Ace ガンダムエディションの付属品は、ガンダムモデル限定のケース、充電器、ケーブルです。

通常のモデルには透明のTPUケースが付属しますが、ガンダムモデルはオリジナルのシリコンケースが付属します。

ケースの内側もガンダム&OPPOの刻印があります。

充電器、ケーブルもGUNDAM仕様です。

充電器はOPPO独自の充電規格「SuperVOOC」に対応し、最大65Wで充電可能です。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのスペック一覧表

 OPPO Reno Ace
OSAndroid 9~
ColorOS 6.1~
SoCSnapdragon 855+
サイズ75.7×161×8.7mm
重量約200g
ディスプレイ6.5インチ フルHD+
(2340×1080)
メモリ8GB
ストレージ256GB
micro SD×
バッテリー4,000mAh
カメラ(背面)標準:4800万画素 f/1.7
超広角:800万画素 f/2.2
望遠:1300万画素 f/2.4
モノクロ:200万画素 f/2.4
カメラ(前面)1600万画素 f/2.0
カラーガンダムカラー
生体認証画面内指紋認証
顔認証
OPP Reno Ace ガンダムエディションは中国で販売モデルのスマートフォンのため、Google Playストアは非搭載ですが、自力で導入することはできます。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションの対応周波数

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは、docomo、au、Softbankの主要バンドに対応していますが、技適未取得端末のため注意が必要です。

OPPO Reno Ace(通常版)では国内各社のVoLTEに対応していましたが、OPPO Reno Ace ガンダムエディションではVoLTE非対応のようです。

アップデートにより、VoLTEが塞がれた可能性もあります。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションの対応周波数・バンドはOPPO Reno Ace(通常版)と共通ですので下記のレビュー記事でご確認下さい。

関連記事

 スマホマホこんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。今回は日本で未発売であるOPPOオッポのスマートフォン「Reno Ace(リノ エース)」を紹介します。「Reno Ace」は2019年10月10[…]

OPPO Reno Ace ガンダムエディションの性能・スペックをレビュー

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは、通常版のOPPO Reno Aceと基本的には同じで、SoCがSnapdragon 855+、メモリが8GB、ストレージが256GBです。

通常モデルは、メモリ8GB/12GB、ストレージ128GB/256GBと様々なバージョンが用意されています。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのディスプレイ・デザインをレビュー

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのディスプレイはノッチ付きで、1600万画素のインカメラが搭載されています。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは、90Hzのリフレッシュレートに対応した6.5インチで解像度がフルHD+(2340×1080)の有機ELディスプレイが搭載されています。

続いて、OPPO Reno Ace ガンダムエディションのデザインを見ていきましょう。

ガンダムモデルらしいデザインとなっています。

 ディスプレイ面から見て右側側面には電源ボタンとSIMスロットが配置されています。

本体の左側には音量ボタンが配置されています。

本体の上面は非常にスッキリしており、スピーカーのみです。

本体の下面には左から、イヤホンジャック、マイク、USB Type-C端子、スピーカーが搭載されています。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのカメラをレビュー

OPPO Reno Ace ガンダムエディションのメインカメラは48MP + 13MP + 8MP + 2MPのクアッドカメラ構成です。

OPPO Reno Ace ガンダムエディションは、5万円程度のスマートフォンとしては非常にバランスの良い写真の撮影が可能です。

カメラ性能は通常モデルと同じです。

OPPO Reno Ace(通常モデル)のレビュー記事に作例を掲載していますのでご確認下さい。

また、OPPO Reno Ace ガンダムエディションはOPPO Reno Ace(通常モデル)と基本性能は共通のため、OPPO Reno Ace ガンダムエディションの電池持ち・発熱・生体認証の精度・音質についても、OPPO Reno Ace(通常モデル)のレビュー記事でご確認下さい。

関連記事

 スマホマホこんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。今回は日本で未発売であるOPPOオッポのスマートフォン「Reno Ace(リノ エース)」を紹介します。「Reno Ace」は2019年10月10[…]

 

OCNモバイルONEのクーポンが激ヤバ!

OCNモバイルONE クーポンで激安

↑ 売れ切れ続出 今すぐチェック ↑