\ ポイント最大11倍! /

HUAWEI WATCH FIT 3のレビュー:多機能で高評価のスマートウォッチ!メリット、デメリット、充電方法、機能比較などを徹底解説

HUAWEI WATCH FIT 3のレビュー
  • URLをコピーしました!

〈景品表示法に基づく表記〉本記事には広告が含まれています。

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

スマートウォッチの需要がますます高まっている中、HUAWEI WATCH FIT 3は多機能で高評価を得ている注目のスマートウォッチです。

5月22日より発売された『HUAWEI WATCH FIT 3』は、手頃な価格にもかかわらず、大画面で見やすく、多彩な機能を搭載したスタイリッシュなスマートウォッチです。

ディスプレイが大型化し、最大輝度や解像度、画面占有率も向上しており、シンプルなデザインながら快適な着用感を実現しています。

さらに、カロリー管理機能や睡眠モニタリング、ワークアウト機能などの健康管理機能も充実しており、Bluetooth通話などのアシスタント機能も備えています。

また、ロングバッテリーも搭載されており、頻繁な充電は不要です。

エントリーモデルから進化したデザイン性、快適性、機能性を求める方におすすめです。

本記事では、HUAWEI WATCH FIT 3を実際に使用してみて感じた機能や評価、メリットとデメリット、充電方法、他のスマートウォッチとの比較などについて詳しく解説します。

HUAWEI JAPANさんにサンプル品を提供いただきレビューを行っています。

目次

HUAWEI WATCH FIT 3の機能と特徴

HUAWEI WATCH FIT 3は、多くの便利な機能を備えています。まずはその代表的な機能を見てみましょう。

健康管理機能

HUAWEI WATCH FIT 3には様々な健康管理機能が搭載されています。

HUAWEI TruSeenTM 5.5モニタリング機能は、スポーツ中でも正確な心拍数を測定し、トレーニング効果を最大化します。

また、血中酸素レベルを自動的に測定し、急激な変化が起きた場合には通知を送ります。

さらに、ストレスレベルをリアルタイムでチェックし、呼吸エクササイズ機能でリラックス効果を得ることもできます。

生理周期の管理やヘルスケア共有機能もあり、健康状態を効果的に管理することができます。

このような様々な機能により日常の健康管理に役立つ情報を正確に取得し、自分の健康状態を把握することができます。

睡眠モニタリング機能

HUAWEI TruSleepTM 4.0は、高精度の睡眠モニタリングデータを提供するために改良された最新のアルゴリズムです。

入眠と目が覚めた回数の識別精度が向上し、さらに心拍数や血中酸素レベルなどのデータも追加されました。

ウォッチ画面からも確認できるデータが増え、専門機関の協力によりより具体的な毎日のアドバイスが提供されます。

また、睡眠中の呼吸乱れも検知でき、スマホアプリで詳細な睡眠データを確認できます。

さらに、睡眠時の音を録音・記録して分析することもでき、ヒーリングミュージックや環境音も流せるようになりました。

トレーニング機能

HUAWEI WATCH FIT 3は、多様なトレーニングモードを備えています。

「HUAWEI Health」アプリは、160種類以上のフィットネスプログラムを提供し、スマホで手軽に利用できる。音声ありのウォームアップ動画もあり、準備運動やストレッチも簡単にできます。

ランニングやウォーキング、サイクリング、水泳などのワークアウトモードもあり、詳細なモニタリングデータを収集できます。

特にランニングは高精度なGPSを搭載し、精確な距離や軌跡データを測定できます。

トラックランニングモードも追加され、より精密なペースや距離の計測が可能となりました。

通知機能

HUAWEI WATCH FIT 3は、スマートフォンと連携して各種の通知を受け取ることができます。

着信やメッセージの確認、クイック返信、天気情報、音楽再生の制御、リモートシャッター機能、アラームやタイマーなどの便利機能を持ち、Bluetooth通話にも対応しています。

また、通常使用で約10日間使用できるため、出張や旅行時にも便利です。

音楽再生機能

HUAWEI WATCH FIT 3には、音楽再生機能もあります。

Bluetoothイヤホンを接続すれば、手軽にお気に入りの音楽を楽しむことができます。

以上のように、HUAWEI WATCH FIT 3は様々な機能を備えており、その性能や使い勝手は高く評価されています。

大型で高品質なディスプレイ

HUAWEI Hybrid OLED技術を搭載した約1.82インチ大型AMOLEDディスプレイで、約9.9mmの薄さを実現しています。

軽量なアルミニウム合金ボディで長時間装着しても負担にならず、浮き出るデザインのディスプレイで立体的な視覚体験を提供しています。

ベゼルが細くなり画面占有率は約77.4%に向上。高精細ディスプレイは解像度347PPIで滑らかな操作感を実現し、最大約1500ニトの輝度で昼間の屋外でも鮮明に表示。

サイドボタンに加えてクラウンも追加され、素早く目的の機能にアクセスできます。

多様な文字盤とカラフルなベルトで個性的なスタイルを楽しめます。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3のメリットとデメリット

HUAWEI WATCH FIT 3のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 多機能でありながら、比較的手頃な価格帯で購入できる
  • 正確な健康管理機能が搭載されており、日常の健康管理に役立つ
  • 高い防水性能を備えており、水泳などの水中トレーニングにも使用可能

デメリット

  • 一部の機能は他のスマートウォッチに比べて制限がある場合がある
  • デザインが他のスマートウォッチに比べてややシンプルである

以上のように、HUAWEI WATCH FIT 3には多くのメリットがありますが、デメリットも一部存在します。

自分の使用目的や好みに合わせて判断することが重要です。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3のデザイン・付属品

HUAWEI WATCH FIT 3の付属品やデザインについてまとめます。

付属品

HUAWEI WATCH FIT 3は環境に配慮された紙製のパッケージを採用。

非常にシンプルなデザインで賛否両論はあるかと思いますが、ウォッチのデザインはApple Watchと勘違いしそうなほど酷似しています。

付属品は充電ケーブルと説明書のみです。

デザイン・装着感

全体のデザインです。ディスプレイのベゼルが太い点は気になりますが、全体的に質感は高いと感じます。

HUAWEI WATCH FIT 3の最も特徴的なデザインは回転型のクラウンが搭載されています。

ボタンをクルクル回転させ操作できるので、正確な操作が可能です。

その下のボタンでもワークアウトなど様々な機能を割り当てられます。

ディスプレイはフラットなので操作しやすく、誤操作も少ない印象です。

ディスプレイの性能なのか最適化の影響なのかはわかりませんが、筆者が愛用しているHUAWEI WATCH GT3 Proよりサクサク動作します。

背面の上部には充電用端子(:)があります。

中央部分には健康モニタリング機能用の各種センサーが搭載されています。

上下側面付近に見えるボタンはバンド交換時に使用するロック解除用ボタンです。

バンド部分です。バンドにはホールが細かく開いているので、サイズの微調整が可能です。

シボ加工のようなものがあるので、バンドが外れにくいのが特徴です。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3の充電方法とワイヤレス充電

HUAWEI WATCH FIT 3の充電方法は非常に簡単です。

付属の専用充電ケーブルを使って、USBポートに接続するだけで充電が可能です。

充電時間について、付属の充電ケーブルを用いて検証しました。

充電時間(分)充電残量
0分約0%
10分21%
20分41%
30分62%
40分84%
50分96%
55分100%

結果は表の通りで約55分でフル充電できます。

10分で20%以上充電できるため、たった10分の充電で約2日は使用できます。

また、HUAWEI WATCH FIT 3はワイヤレス充電には非対応なので注意が必要です。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3のバッテリー持ち

HUAWEI WATCH FIT 3を実際に使用して、バッテリー持ちを検証しました。

各時刻の電池残量を表にまとめました。

日数時刻電池残量
1日目
(※)
10:0099%
15:1792%
22:1390%
2日目00:0090%
08:2687%
3日目22:1474%
00:0174%
15:0468%
4日日00:2166%
11:0063%
22:0760%
5日目00:0259%
07:1057%
6日目00:0853%
07:0750%
7日目00:0146%
07:1243%
8日目00:3739%
20:0134%
9日目00:0325%
07:5222%
10日目00:5416%
11日目00:217%
07:004%
12日目00:522%
00:550%
(※)ウォーキング、サイクリング検証を行ったため、電池使用量大

検証の結果、HUAWEI WATCH FIT 3は11日以上の電池持ちを実現していることがわかりました。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3と他のスマートウォッチの比較

HUAWEI WATCH FIT 3を他のスマートウォッチと比較してみましょう。

Apple Watchとの比較

HUAWEI WATCH FIT 3とApple Watchを比較すると、HUAWEI WATCH FIT 3はより手頃な価格で購入できる点が魅力です。

一方、Apple Watchはより多機能であり、デザインや操作性に優れていると言えます。

HUAWEI WATCH GT 4との比較

HUAWEI WATCH FIT 3とHUAWEI WATCH GT 4を比較すると、HUAWEI WATCH GT 4はより高性能なスマートウォッチです。

しかし、HUAWEI WATCH FIT 3はその性能に対して手頃な価格であり、多くの人にとって十分な機能を備えています。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3の決済機能と電子マネー対応

HUAWEI WATCH FIT 3には決済機能は残念ながら非対応です。

Apple Watchなど他のスマートウォッチを利用することで。、Suicaなどの交通系電子マネーや、各種クレジットカードなどの情報を登録することで、手軽に支払いができます。

HUAWEI WATCH FIT 3の防水性能と交換バンド

HUAWEI WATCH FIT 3は5気圧防水仕様であり、水泳などの水中トレーニングにも使用することができます。

また、交換バンドも用意されており、自分のスタイルやシーンに合わせてカスタマイズすることができます。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!

HUAWEI WATCH FIT 3のレビュー:まとめ

HUAWEI WATCH FIT 3は、多機能で高評価を得ているスマートウォッチです。

様々な機能を備えており、正確な健康管理やトレーニングをサポートします。

また、手頃な価格帯で購入できることも魅力的です。

ただし、一部の機能に制限がある場合やデザインがシンプルである点には留意する必要があります。

充電方法は簡単であり、充電コードが付属しています。

他のスマートウォッチとの比較では、Apple WatchやHUAWEI WATCH GT 4との違いが見られます。

さらに、HUAWEI WATCH FIT 3は決済機能は非対応ですが、性能・デザインのバランスがよく、普段使いで非常に使いやすい1台となっています。

ぜひ、購入時の参考にしてください。

HUAWEI公式サイトでクーポンコード【AMayNEWJP】入力で、23,980円⇒20,623円!!
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次