OPPO Reno7 A 実機レビュー|1万円台で買えます♫

HUAWEI FreeBuds SE レビュー |4千円台とは思えない驚きの音質を実現

HUAWEI FreeBuds SE 実機 レビュー
  • URLをコピーしました!

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

HUAWEI FreeBuds SEはHUAWEI(ファーウェイ)の完全ワイヤレスイヤホンのFreeBudsシリーズから登場した4,000円台のエントリーモデルのTWSです。

この記事では、HUAWEI FreeBuds SEを実際に使用して感じたメリット・デメリットをレビューしていきます。

結論からお伝えすると・・・

HUAWEI FreeBuds SEは4千円台とは思えないほど高音質(低音・高音ともに)で、ANCや外部音取り込み機能が不要な方なら誰にでもおすすめできる完全ワイヤレスイヤホンです(7千円台で販売しても売れそうな気がします)。

HUAWEI FreeBuds SEについて詳しくレビューしていきましょう。

ファーウェイ・ジャパンよりHUAWEI FreeBuds SEの提供を受けレビューを行っていますが、Huawei Japanからレビュー記事の内容等に関する指示は一切ありません。筆者の考えをそのまま掲載しています。

目次

HUAWEI FreeBuds SEの特長をレビュー

HUAWEI FreeBuds SEの特長
  • 軽量で耳への負担が少ないセミオープンのカナル型デザインを採用
  • 10㎜径のダイナミックドライバー搭載で迫力のある低音としななやか高音を体験できる
  • デュアルマイク通話ノイズリダクション技術でクリアな声で通話が可能
  • コンパクトで軽量なボディとポップなカラー
  • タッチセンサー内蔵で簡単操作
  • 最大24時間の長時間再生が可能なロングバッテリーを搭載
HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【APROSE815】利用で10%OFF
  • パンダ保護ケース(550円相当)無料プレゼント(数量限定、先着順)
  • audiobookが1ヶ月間聴き放題(880円相当)

HUAWEI FreeBuds SEの付属品・デザインをレビュー

HUAWEI FreeBuds SEはコンパクトな箱に梱包されており、付属品は以下の通りです。

  • イヤーチップ(S・M・Lサイズ)
  • 充電用USB Type C ケーブル(USB-C & USB-A)
  • クイックスタートガイド
  • 製造番号記載のシール
  • イヤーチップのMサイズはイヤホン本体に装着済みです。

ケースは付属しませんが、HUAWEI公式サイトで購入すれば、パンダ柄の保護ケース(550円相当)が無料でプレゼントされます。

カラーは今回紹介しているアマゾナイトブルーとホワイトの2色展開ですが、ホワイトはAmazon.co.jp限定販売です。

アマゾナイト、アマゾン川流域でとれる天然水晶の一種にインスパイアされています。アマゾナイトのブルーとホワイトは、宝石のような輝きと、夜明けのような温かみのある輝きで、魅惑的な効果を生み出します。

HUAWEI FreeBuds SEは高音質を実現しつつ、軽量化にも努めています。イヤホン本体はそれぞれ約5.1g、充電ケースは約35.6gで合わせてもわずか約45.8gしかありません。

HUAWEI FreeBuds SEは快適な装着感を実現するセミオープン・カナルデザインを採用。

外耳道の形状に合わせたセミオープンのカナル型デザインで、外耳道への圧迫感を軽減し、通気性と軽量化を実現しています。3種類のサイズのシリコン製イヤーチップが同梱されており、最適なサイズを見つけることができます。

HUAWEIの調査では「イヤホンの装着時間が長くなれば長くなるほど、快適性へのニーズが高くなる」ことが判明しています。

HUAWEIは未だ消費者が求める快適さのレベルに達しているとは言い難い状況と認識しつつ、少しでも快適に使えるよう、セミオープン構造のカナル型デザイン・デバイスの軽量化・異なるサイズのイヤーチップの提供を行っているとのことです。

イヤホンの左右の判別はイヤホン本体内側の「L」「R」でできます。

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【APROSE815】利用で10%OFF
  • パンダ保護ケース(550円相当)無料プレゼント(数量限定、先着順)
  • audiobookが1ヶ月間聴き放題(880円相当)

HUAWEI FreeBuds SEの音質をレビュー

HUAWEI FreeBuds SEは口径10mmのダイナミック型ドライバーによる豊かで美しい音質を実現。

高感度の複合材料ポリマー振動板を採用した口径10mmのダイナミック型ドライバーにより、広大な音場と繊細な音色が豊かな音の質感をもたらします。クリアなボーカルと高音、中音、低音の3つのバランスにすぐれた再生音でお気に入りの音楽を楽しめます。

実際に使用してみても、高音、中音、低音のバランスが非常に良く、ボーカルも聞きやすく、本当に4千円台のイヤホンか疑ってしまうほどです。

ボーカルはあまり前面に出ないため音の立体感はそこまでありませんが、ボーカルと楽器の音をバランス良く聴きたい方におすすめできます。

筆者がHUAWEI FreeBuds SEを使って感じた音質の評価は以下の通りです。

音域
低音
少ない
普通
多い
中低域
少ない
普通
多い
中域
少ない
普通
多い
中高域
少ない
普通
多い
高域
少ない
普通
多い
音の傾向
解像度
低い
高い
音場
狭い
広い
音色
クール
ウォーム
傾向
繊細
迫力

HUAWEI FreeBuds SEはデュアルマイク通話ノイズリダクション機能を搭載。

環境騒音(ノイズ)に対応したノイズキャンセルマイクと周囲雑音+通話信号に対応したトークマイクのデュアルマイクによるビームフォーミング技術により、周囲の騒音から目的の音声を高い精度で識別し、混雑した場所や騒がしい場所でも、すべての通話をクリアにすることができます。

HUAWEI FreeBuds SEでは周囲の雑音をかき消してくれるノイズキャンセリング機能や人の声など周囲の音を聞きやすくしてくれる外音取り込み機能には非対応です。これらの機能が必要な場合は上位モデルのHUAWEI FreeBuds Pro 2おすすめです。

HUAWEI FreeBuds SEの接続安定性・操作性をレビュー

HUAWEI FreeBuds SEはBluetooth 5.2の対応により安定した接続を実現。

超安定したケーブルレス・低消費電力接続により、音楽、ゲーム、映画で安定した臨場感あふれるオーディオ体験が可能です。接続が不安定になりやすい冷蔵庫・電子レンジ周辺や移動中の使用でも途切れることなく音楽を再生できます。

筆者が過去に使ってきたTWSの中ではNo.1の安定性で正直驚きを隠せません。同時に発表された上位モデルのHUAWEI FreeBuds Pro 2より安定していることもビックリです。

HUAWEI FreeBuds SEは自動装着検知機能スマートタッチコントロール機能も搭載。

自動装着検知機能は音楽再生時にも役立ち、装着・着脱時に自動で音楽が再生・停止します。

スマートタッチコントロール機能は画像のようにイヤホン側面をダブルタップすることで様々な操作が可能です。

デフォルトでは以下の操作が割り当てられています。

オーディオ再生再生/一時停止
通話応答/通話終了

HUAWEI FreeBuds SEの設定をカスタマイズ可能な公式アプリ「AI Life」を導入することでタッチ操作のカスタマイズが実現します。AI LifeはAndroidとiOSの両OS対応です。

HUAWEI AI Life

HUAWEI AI Life

posted withアプリーチ

AI Lifeアプリでは先ほど紹介した「再生/一時停止」のタッチ操作の他に以下のものが選択可能です。

  • 次の曲
  • 前の曲
  • 音声アシスタントを起動
  • なし
  • 設定は「AI Lifeアプリ」⇒「デバイス(HUAWEI FreeBuds SE)」⇒「ジェスチャー」から行えます。

AI Lifeではタッチ操作の割り当て以外にはほとんど対応しておらず、音質などは変更できません。

イヤホン本体で行うタッチ操作の静電式ボタンの反応がイマイチで、1度で正確な操作ができないことが多いのは残念なポイントです。

また、EMUI 10.0以上のファーウェイスマートフォンで利用する場合はポップアップペアリング機能が使えます。

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【APROSE815】利用で10%OFF
  • パンダ保護ケース(550円相当)無料プレゼント(数量限定、先着順)
  • audiobookが1ヶ月間聴き放題(880円相当)

HUAWEI FreeBuds SEの電池持ちをレビュー

HUAWEI FreeBuds SEは大容量バッテリーを搭載し、24時間の使用が可能となりました。

イヤホン単体ではオーディオ再生が6時間通話が4時間でケースでの充電を行うと24時間程度利用できるとしていますが、筆者も実際にオーディオ再生で検証をしてみました。

経過時間電池残量
イヤホン(左)
電池残量
イヤホン(右)
開始時100%100%
1時間後85%85%
2時間後65%60%
3時間後50%50%
4時間後35%30%
5時間後15%10%
5時間29分後10%0%
5時間39分後0%0%
※ 電池残量は5%刻み

HUAWEI FreeBuds SEのバッテリー持ちは左側が5時間39分後右側が5時間29分と公称値に近い値が出ました。

また、電池残量が15%ほどに低下すると「プンポーン」といった効果音で数回流れ、充電するよう促されます。

イヤホン本体は充電台に設置するだけで充電できます。イヤホン本体の充電時間も計測してみました。

充電時間電池残量
イヤホン(左)
電池残量
イヤホン(右)
開始時0%0%
5分後15%15%
10分後25%25%
15分後35%35%
20分後45%45%
25分後55%55%
30分後70%70%
35分後85%85%
40分後90%90%
45分後95%95%
48分後100%100%
※ 電池残量は5%刻み

イヤホン本体の充電時間は左右ともに48分でした。イヤホンの充電ケースは1度のイヤホン本体の充電で電池残量が100%⇒75%まで低下するため、HUAWEI FreeBuds SEイヤホン本体は充電ケースで約6.6回フル充電できる計算となります。

HUAWEI FreeBuds SEの充電ケースの充電は付属のUSB-Cケーブル等を利用しましょう。

HUAWEI FreeBuds SEのレビュー|まとめ

最後に、HUAWEI FreeBuds SEのレビューを行って気付いたメリット・デメリットをまとめます。

HUAWEI FreeBuds SE
総合評価
( 5 )
メリット
  • 4千円台とは思えないほど低音・高音ともに高音質でクリアな音
  • 長時間の使用でも疲れにくいカナル型デザイン
  • コンパクトで軽量なボディとポップなカラー
  • 最大24時間の連続音楽再生が可能なロングバッテリー
  • デュアルマイク通話ノイズリダクション技術でクリアな声が届く
  • タッチセンサー内蔵で簡単操作、アプリで割り当ての変更ができる
  • Bluetooth 5.2の対応により接続安定性が非常に良い
デメリット
  • タッチセンサーの感度がイマイチ
  • 好みの音質にカスタマイズできない
  • ノイズキャンセリング機能・外音取り込み機能に非対応

HUAWEI FreeBuds SEは4千円台とは思えないほど高音質です。ノイズキャンセリング機能・外音取り込み機能が不要であれば間違いなくおすすめできる完全ワイヤレスイヤホン(TWS)です。

HUAWEI FreeBuds SEをお得に買う方法

HUAWEI FreeBuds SEをお得に購入する方法を紹介します。現在はHUAWEI公式サイトでの購入がオススメです。

販路価格詳細
HUAWEI公式サイト4,980円
4,482円
10%OFFクーポン【APROSE815】利用時の価格
当サイト経由でないとクーポンは利用できません。
HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【APROSE815】利用で10%OFF
  • パンダ保護ケース(550円相当)無料プレゼント(数量限定、先着順)
  • audiobookが1ヶ月間聴き放題(880円相当)

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでもキャンペーン次第ではお得に購入できる可能性があります。

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次