【速報】Galaxy S23 Ultra 実機レビュー 掲載中!

HUAWEI FreeBuds 5i レビュー |驚きを隠せない高コスパイヤホン

HUAWEI FreeBuds 5i レビュー
  • URLをコピーしました!

〈景品表示法に基づく表記〉本記事には広告が含まれています。

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

HUAWEI(ファーウェイ)から同価格帯で最強クラスのアクティブノイズキャンセリング性能を誇り、ハイレゾオーディオワイヤレス認証を取得した高音質なサウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 5i」が登場しました。

HUAWEI FreeBuds 5iの市場想定価格は11,800円(税込)で、3月16日(木)よりAmazonHUAWEI直販サイト等で発売されます。

この記事では、HUAWEI FreeBuds 5iを実際に使用して感じたメリット・デメリットをレビューしていきます。

結論からお伝えすると・・・

HUAWEI FreeBuds 5iは1万円台としては十分な音質で、ANCや外部音取り込み機能にも対応。手軽なモデルで全部入りの完全ワイヤレスイヤホンを求めている方にオススメです。

HUAWEI FreeBuds 5iについて詳しくレビューしていきましょう。

ファーウェイ・ジャパンよりHUAWEI FreeBuds 5iの提供を受けてレビューを行っていますが、Huawei Japanからレビュー記事の内容等に関する指示は一切ありません。筆者の考えをそのまま記載しています。

目次

HUAWEI FreeBuds 5iの特長をレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iの特長をまとめました。

HUAWEI FreeBuds 5iの特長
  • 川原にある小さく丸い小石をイメージしたデザイン
  • 更に小さく、快適になった装着感
  • 最大28時間の長時間再生が可能なロングバッテリーを搭載
  • 10㎜径のダイナミックドライバー搭載で深みのある低音と豊かでクリアな高音が体験できる
  • LDAC(Bluetooth® コーデック)の高音質なハイレゾサウンドに対応
  • HUAWEI独自技術のアダプティブイヤーマッチング(AEM)テクノロジーでいつでも最適なサウンドを提供
  • 2台の同時接続が可能なマルチポイントや低遅延モードを搭載
  • タッチセンサー内蔵で簡単操作が可能

HUAWEI FreeBuds 5iの仕様

HUAWEI FreeBuds 5iの主な仕様は表の通りです。

HUAWEI FreeBuds 5iとHUAWEI FreeBuds 4iの違い

HUAWEI FreeBuds 5iは、前モデルのHUAWEI FreeBuds 4iから順当に進化しています。

主な改善ポイントは以下の通りです。

  • イヤホンの柄・ケースのサイズ・素材をアップグレード
  • イヤーチップの形・サイズ・素材を改善
  • 音質のチューニング・音漏れ・ノイズ軽減機能が強化
  • マルチポイントに対応
  • 充電ケースの電池容量UP
  • FreeBudsで初めて耐汗・耐水に対応
  • スワイプ操作の種類が増える

詳細は画像でご確認ください。

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

HUAWEI FreeBuds 5iの付属品・デザインをレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iは紙製のパッケージで梱包されており、付属品は以下の通りです。

  • イヤーチップ(S・M・Lサイズ)
  • 充電用USB Type C ケーブル(USB-C & USB-A)
  • クイックスタートガイド等
  • イヤーチップのMサイズはイヤホン本体に装着済みです。

HUAWEI FreeBuds 5iのデザインは川原にある小さくて丸い小石をモチーフにしています。

カラーはネビュラブラック、アイスブルー、セラミックホワイト(Amazon限定販売)の3色展開です。

ネビュラブラック・アイスブルーはマットで手に馴染む質感が特長である一方、セラミックホワイトは光沢感が強く、デザインを見ても小石感はあまりありません。

実機で3色を比較しましょう。左から、セラミックホワイト、アイスブルー、ネビュラブラックです。

本記事ではネビュラブラックカラーをレビューしています。

HUAWEI FreeBuds 5iは高音質を実現しつつ、軽量化にも努めています。

前モデルのHUAWEI FreeBuds 4iと比較して、イヤホン単体で質量が約11%軽量化され、サイズが約7㎜小さくなりました。

充電ケースも約2.6g軽量化しており、持ち運びもラクチンです。

他機種とサイズを比較してみます。

左から、HUAWEI FreeBuds 4i、HUAWEI FreeBuds Pro 2、AirPods Pro(第2世代)で、HUAWEI FreeBuds 4iが3台の中で一番存在感があります。

イヤホン本体は、上位モデルのHUAWEI FreeBuds Pro 2の方が大きいですね。

HUAWEI FreeBuds 5iは快適な装着感を実現するため、セミオープン・カナルデザインを採用しています。

同梱されている3サイズのイヤーチップの素材には医療グレードのシリコンを採用しているため、誰でも安心して使えます。

サイズも素材も快適な装着性を追求した一台となっており、長時間の利用で耳は疲れにくくなっています。

ペアリングはHUAWEI FreeBuds 5iの右側面のボタンを長押しして行います。

充電ポートはUSB-Cを採用しています。

一方で、HUAWEI FreeBuds 5iは充電ケースから取り出しにくく、装着しにくい点には注意が必要です。

イヤホン本体と充電ケースは強めの磁石で固定されているため、取り出しにくいと感じます(HUAWEI FreeBuds Pro 2比)。

イヤホン本体の柄の部分が内側を向いて収納されており、装着時にイヤホンの柄を外側に向けて耳に運ぶ必要があるので、装着に手間がかかります

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

HUAWEI FreeBuds 5iの音質をレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iはポリマー複合ダイアフラムを採用した口径約10mmのダイナミック型ドライバーユニット搭載により、深みのある低音とクリアな高音のバランスが取れた音質が持ち味です。

HUAWEI FreeBuds 5iはSBC・AACだけでなく、高音質を実現するLDACの3種類のBluetooth® コーデックに対応し、ハイレゾの認証も取得しています。

そのため、最大96kHz/24bit、990kbpsのハイレゾ音源をワイヤレスで再生することが可能です。

HUAWEI FreeBuds 5iは20Hz~40kHzの幅広い周波数帯を再生できるため、低周波だけでなく高周波でも高解像度サウンドが耳まで届きます。

3種類のEQから好みの音質を選ぶこともできます。

専用アプリ「AI Life」の音質の項目からお好きなEQ効果を選択することができます。

接続品質、音質のどちらを優先するかも指定できます。

上位モデルのように細かく音質をカスタマイズすることはできませんが、価格やターゲットユーザーを考えれば、プリセットのEQだけで十分でしょう。

実際にHUAWEI FreeBuds 5iを使用してみても、高音・中音・低音のバランスが非常に良く癖が少ないため、万人受けしそうな音です。

ボーカルは前面に出ているため、日常的にポップミュージックを聞く方にオススメです。

HUAWEI FreeBuds 5iは外耳道の形状や装着状況をソフトウェアレベルで自動検知し、シームレスに音質をチューニングしてくれる独自技術の「アダプティブイヤーマッチング(AEM)テクノロジー」を搭載していることも、好みの音質に聞こえる一つの要因と言えそうです。

筆者がHUAWEI FreeBuds 5iを使って感じた音質の評価は以下の通りです。

音域
低音
少ない
普通
多い
中低域
少ない
普通
多い
中域
少ない
普通
多い
中高域
少ない
普通
多い
高域
少ない
普通
多い
音の傾向
解像度
低い
高い
音場
狭い
広い
音色
クール
ウォーム
傾向
繊細
迫力
HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

HUAWEI FreeBuds 5iのノイズコントロール機能をレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iは強力なノイズキャンセリング機能及び外音取り込み機能を搭載している点も大きな魅力の一つです。

ノイズキャンセリング機能

HUAWEI FreeBuds 5iは約1万円と安価な製品の中では最強クラスである最大42dBのノイズキャンセリング性能を誇ります。

デュアルマイクを搭載しており、フィードフォワードマイクでは周囲のノイズを、フィードバックマイクでは外耳道内のノイズをしっかりと検出し、ノイズを打ち消すためのより正確な逆位相の音波を生成しています。

密閉構造を改善したことで、強力なノイズキャンセリングが可能となりました。

ANCモードはウルトラ、標準、くつろぎの3つがあるので、飛行機や地下鉄、オフィスなど利用シーンに合わせてモードを選ぶことができます。

上位モデルではANCモードで「自動」が選択できますが、HUAWEI FreeBuds 5iでは非対応です。

デュアルマイク搭載により、騒音などのノイズを除去してくれるだけでなく、風ノイズも低減してくれます。

外音取り込みモード

外部音取り込みモードは周囲の状況をしっかりと把握したいときに便利な機能です。

AI lifeアプリのサウンド ノイズコントロールの項目、または、イヤホン本体のタッチ操作から外音取り込みモードを選択できます。

HUAWEI FreeBuds 5iのタップ操作・カスタマイズをレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iの便利な機能をまとめました。

タップ操作のカスタマイズ

HUAWEI FreeBuds 5iは自動装着検知機能スマートタッチコントロール機能も搭載しており、イヤホン本体では以下の3つの操作ができます。

  • ダブルタップ(電話応答、音楽再生・停止)
  • 長押し(着信拒否、ノイズコントロールモード変更)
  • スワイプ(音量UP・DOWN)

HUAWEI FreeBuds 5iの設定は、先程から紹介している公式アプリ「AI Life」でタッチ操作のカスタマイズが可能です。

AI LifeアプリはAndroidとiOSの両OS対応です。

HUAWEI AI Life

HUAWEI AI Life

posted withアプリーチ

カスタマイズが可能な内容は画像の通りです。

スクロールできます
項目設定画面カスタマイズ
ダブルタップ
長押し
スワイプ

マルチポイント機能

HUAWEI FreeBuds 5iはマルチポイント機能に対応しているため、同時に最大2台のデバイスと接続できます。

オンライン会議の際に便利で、PCで会議中に電話が掛かって来ても本体を2回タップするだけで接続を切り替え応答ができます。

AI Lifeの接続センターで接続されている端末が確認できます。

アプリ内で端末の接続する優先順位を決めることも可能です。

ファーウェイ製スマートフォンやHUAWEI製PCを利用している場合はポップアップペアリング機能が使えます。

低遅延モード

HUAWEI AI Lifeアプリから低オーディオ遅延モードをオンにすれば瞬時に通信状況を改善してくれます。

混雑する駅で接続が途切れがちなときや、遅延が気になるゲームプレイ時に役立つ機能です。

更にHUAWEI FreeBuds 5iはIP54の耐水性を備えているため、様々なシーンで活躍します。

また、筆者が利用しているGoogle Pixel 7 Proとの相性が悪いのか、Bluetooth接続が突然切れることがあります(2時間に1回程度)。

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

HUAWEI FreeBuds 5iの電池持ちをレビュー

HUAWEI FreeBuds 5iは、HUAWEIによりと、充電ケースと組み合わせると最大28時間利用可能なロングバッテリーモデルで、イヤホン単体でもノイズキャンセリングオフの状態で約7.5時間の音楽再生が可能としています。

また、わずか15分の充電で約4時間の再生が可能とのことです。

実際にノイズキャンセリングオフ・音量約40%の状態でバッテリー持ちを検証し、結果は以下の通りになりました。

経過時間電池残量
イヤホン(左)
電池残量
イヤホン(右)
開始時100%100%
1時間後85%80%
2時間後55%50%
3時間後25%20%
4時間2分後1%0%
3時間3分後0%0%
※ 電池残量は5%刻み

HUAWEI FreeBuds 5iのバッテリー持ちは左側が4時間3分後右側が4時間2分と公称値とかけ離れた値が出ました。

電池残量が20%・10%ときに「プンポーン」といった効果音で流れ、充電を促してきます。

イヤホン本体は充電台に設置するだけで充電できます。イヤホン本体の充電時間も計測しました。

充電時間電池残量
イヤホン(左)
電池残量
イヤホン(右)
開始時0%0%
10分後50%45%
20分後90%80%
25分後95%85%
30分後100%90%
35分後100%100%
※ 電池残量は5%刻み

イヤホン本体の充電時間は左が約30分右が約35分でした。

イヤホンの充電ケースは1度のイヤホン本体の充電で電池残量が100%⇒70%まで低下するため、HUAWEI FreeBuds 5iイヤホン本体は充電ケースで約3回フル充電できる計算です。

HUAWEI FreeBuds 5iの充電ケースの充電は付属のUSB-Cケーブル等を利用しましょう。

HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

HUAWEI FreeBuds 5iのレビュー|まとめ

最後に、HUAWEI FreeBuds 5iのレビューを行って気付いたメリット・デメリットをまとめます。

HUAWEI FreeBuds 5i
総合評価
( 5 )
メリット
  • 10㎜径のダイナミックドライバー搭載で低音・高音ともに高音質でクリアな音
  • LDACの高音質なハイレゾサウンドに対応
  • 最大2台と同時接続可能なマルチポイントに対応
  • タッチセンサー内蔵で簡単操作が可能、アプリで割り当ての変更ができる
  • 旧モデルより小さく、快適になった装着感
  • 小石をイメージしたデザイン
  • FreeBuds初の耐汗・耐水に対応
  • イヤホン本体の充電が速い
デメリット
  • 充電ケースからイヤホンを取り出しにくい
  • 電池持ちがHUAWEI公表値より明らかに悪い
  • Bluetooth接続が突然切れることがある
  • 細かく好みの音質にカスタマイズできない

HUAWEI FreeBuds 5iをお得に買う方法

HUAWEI FreeBuds 5iはHUAWEI公式サイトでの購入がオススメです。

HUAWEI公式サイトで購入すると10%オフになる上、「イヤホン紛失サポート1年」が無料で付帯します。

販路価格詳細
HUAWEI公式サイト11,800円
10,620円
10%OFFクーポン【AFB316】利用時の価格
当サイト経由でないとクーポンは利用できません。
HUAWEI公式サイトのキャンペーン
  • クーポンコード【AFB316】利用で10%OFF
  • イヤホン紛失サポート1年無料付帯

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでもキャンペーン次第ではお得に購入できる可能性があります。

よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次