Galaxy S20 Ultra 徹底レビュー|絶対におススメできないスマホ

[st-kaiwa1]こんにちは、スマホマホ(@sumahomaho)です。auから販売される「Galaxy S20 5G Ultra」を紹介します。[/st-kaiwa1]

Galaxy S20シリーズは世界NO.1のスマートフォンメーカーであるSamsungから発売されているスマートフォンです。

2月11日に米国サンフランシスコの「Palace of Fine Arts」で開催された「Galaxy UNPACKED 2020」でGalaxy S20シリーズとGalaxy Z Flipが発表されました。

[st-card myclass=”” id=”9963″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy SシリーズはSamsungのメインのモデルで、誰にでも受け入れやすいスタンダートなシリーズですが、「Galaxy S20 Ultra 5G」はほとんどの人におススメできません。

Galaxy S20は去年発売したGalaxy S10の後継機であるため、Galaxy S11として発売される予定でしたが、Tokyo2020オリンピックにあわせてかGalaxy S20として発表されました。

Galaxy S20シリーズはGalaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3機種があり、国や地域により投入される機種・モデルが異なります。

Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの違いを知りたい方は下記の記事をご覧ください。

[st-card myclass=”” id=”11687″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

日本では5Gの商用化を開始するとともにdocomo、auから5Gモデルである「Galaxy S20  5G(SC-51A、SCG01)」と「Galaxy S20+ 5G(SC-52A、SCG02)」が投入され、6月24日にauから「Galaxy S20 Ultra 5G (SCG03)」が発表されました。

今回、筆者は海外版の「Galaxy S20 Ultra」を購入しましたので、実際の使用感をお伝えできればと思います。

Galaxy S20 Ultraの項目別評価

「Galaxy S20 Ultra」はズーム機能に力を入れた非常に偏ったスマートフォンのため、マニアの方以外にはおススメできません。

デザイン4.0
携帯性3.5
レスポンス5.0
ディスプレイ5.0
バッテリー3.5
カメラ5.0
生体認証 3.5
音質 4.5
発熱のしにくさ 4.0
総合4.5

※評価は0.5刻みで5.0点満点です。

Galaxy S20 Ultraの販売価格

販売価格は以下の通りです。Galaxy S20 UltraはGalaxy S20シリーズの最上位モデルのため端末代が高額になっています。

ただ、auから販売される「Galaxy S20 Ultra(SCG03)」はおサイフケータイ、メモリ12GB、内蔵ストレージ128GB、シングルSIM仕様と海外版で販売されているバリエーションの中でも最低ランクにも関わらず、auから販売されるGalaxy S20 Ultra(SCG03)の価格は165,980円とかなり割高になっています。

国内版auGalaxy S20 Ultra(SCG03)165,980円
海外版SIMフリー【ETOREN】Galaxy S20 Ultra 124,500円~

Galaxy S20 Ultraのスペック一覧表

Galaxy S20  UltraにはSamsungの最新のハイエンドスマートフォンということもあり、最先端の技術が詰め込まれています。

SoCには最新のSnapdragon 865を搭載するなど、日本で販売されているスマートフォンの中では最高峰のスペックを誇るスマートフォンです。

Samsung
Galaxy S20 Ultra 5G
(SCG03,海外モデル
OSAndroid 10
SoCSnapdragon 865
(Exynos 990)
サイズ152×69×7.9mm
重量220~222g
ディスプレイ6.9インチ
Dynamic AMOLED 2X
infinity-O Display
Quad HD+(3200×1440)  563ppi
HDR10+ 120Hzリフレッシュレイト対応
メモリ12GB
(16GB)
ストレージ128GB
(256GB)
(512GB)
micro SD
バッテリー5,000mAh
カメラ(背面)12MP 超広角カメラ
108MP 広角カメラ
48MP 望遠カメラ
深度測位カメラ
※10倍ハイブリッド光学ズーム、100倍デジタルズーム対応
※OIS対応
カメラ(前面)10MP セルフィーカメラ
カラーコスミック ブラック
(コスミック グレー)
など
生体認証顔認証
超音波式指紋認証(画面内)
おサイフケータイ×
ワンセグ・フルセグ×
防水・防塵IPX5/IP6
()内に記載している情報は海外版のスペックです。

Galaxy S20 Ultraの特徴

Galaxy S20  5Gの良い点と悪い点は以下の通りです。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがおすすめ[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-thumbs-o-up” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]・10倍ハイブリッド光学ズーム、100倍デジタルズーム対応
・ディスプレイの120Hzリフレッシュレートで快適操作
・8Kで動画撮影が可能
[/st-cmemo]
[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがダメ[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-thumbs-o-down” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]・デカくて重い
・Galaxy S10やGalaxy Note10+からあまり進化していない
・バッテリーの持ちが悪い
・顔認証、指紋認証の精度が悪い[/st-cmemo]

Galaxy S20 Ultraの開封の儀

Galaxy S20 Ultraの外箱は一般的なGalaxyスマートフォン同様、紙製です。

今までGalaxyは外箱の中に内箱が入っている二重構造になっていましたが、Galaxy S20シリーズからは一重となりました。

付属品はAKGチューニングマイク付きイヤホン、SIM取り出しピン、USB Type-Cケーブル、クリア(TPU)ケース、取扱説明書類が同封されています。

海外版のため充電器も付属していますが、au版は充電器が付属しない可能性が高いです。

OTG対応USB変換アダプタも付属しなくなりました。

保護フィルムは本体に貼付済みです。

柔らかい素材でできた透明のTPU製保護ケースが付属しますが、品質が悪くすぐに汚れが張り付いてしまします。

Galaxy S20 Ultra 5Gのスペック

Galaxy S20  Ultra 5Gは、SoCにSnapdragon 865、メモリ12GB、ストレージ128GBを搭載しています。

Snapdragon 865はSnapdragon 855と比較すると25%程度性能が向上しました。

Snapdragon 855のクロックアップ版であるSnapdragon 855+と比べてもSnapdragon 865の性能は10%ほど向上しています。

◆Snapdragon 855を搭載している(Galaxy S10+・Galaxy Note10+)

[st-card myclass=”” id=”4601″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””][st-card myclass=”” id=”4452″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

◆Snapdragon 855+を搭載しているスマートフォン(Galaxy Fold・Galaxy Z Flip)

[st-card myclass=”” id=”7453″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””][st-card myclass=”” id=”9963″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

しかし、最近のハイエン端末向けSoCは非常に優秀のため、高いグラフィック性能を必要とするゲームなどをプレイしない方は、性能差をあまり体感できないでしょう。

Galaxy S20  Ultra 5Gを持っていれば、アプリの利用等でカクツイてイライラするようなことはありませんが、発熱はそれなりにします。

スマートフォンのスペック・性能を数値化してくれる測定アプリ「AnTuTuベンチマーク」で3回連続で測定を行ってみました。左から1回目、2回目、3回目の結果です。

そのため、安定した作業を長期間できることがわかります。

ディスプレイの明度を最大にして実験しているにもかかわらず、総合スコアが520715と世界最強クラスのスコアを叩き出しました。

まさにモンスター級のスマートフォンです。

Galaxy S20 Ultraのディスプレイ・デザイン

Galaxy S20 Ultra 5Gのディスプレイは6.2インチで解像度がQuad HD+の「Dynamic AMOLED 2X infinity-O Display」です。

Galaxy S10シリーズやGalaxy Note10シリーズ(Galaxy Note Lite(日本未発売)を除く)で使用されていたディスプレイ「Dynamic AMOLED infinity-O Display」から進化しました。

[st-midasibox title=”新しいディスプレイのココがすごい!!” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]
  • 高リフレッシュレート(120Hz)に対応
  • エッジの角度が緩やか
[/st-midasibox]
[st-kaiwa2 r]そもそも「リフレッシュレート」って何なの?[/st-kaiwa2]
[st-kaiwa1]リフレッシュレートとは1秒間で画面を更新できる回数のことだよ。つまり、画面の滑らかさに関係しているんだ。1秒間の間に60Hzならば60回、120Hzならば120回も画面が更新されるよ。[/st-kaiwa1]

普通のスマートフォンではスワイプすると画面が遅れてついてきますが、Galaxy S20  5Gでは画ディスプレイと指が連動して動くイメージです。

続いて、Galaxy S20 Ultra 5Gのデザインを見ていきましょう。

Galaxy S20 Ultra 5Gのカラーは、「コスミック ブラック」や「コスミック グレー」などがありますが、auは「コスミック ブラック」のみを扱います。

筆者はGalaxy S20+で「コスミック ブラック」カラーのモデルを購入しました。

[st-card myclass=”” id=”12556″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20シリーズはホコリや指紋がもともと付きやすいですが、特に「コスミック ブラック」カラーは埃や指紋が一番目立つカラーのため、残念な選択だと感じます。

Galaxy S20 Ultra 5Gでは日本未発売の「コスミック グレー」を購入しました。

 

HUAWEI、Xiaomi、OPPOといったメーカーのスマートフォンと比べるとデザインがイマイチです。

巨大なカメラも端に搭載されているため、非常に持った時のバランスも最悪です。

カメラ部分が出っ張っていることもあり、机上でGalaxy S20 Ultraを利用すると段差でカクカクします。

タピオカカメラとも呼ばれている「iPhone 11」のカメラと比較してもかなり出っ張っています。

Galaxy S20 / S20+ / S20 Ultra / Note10+で比較してもGalaxy S20 Ultraのカメラが圧倒的に出っ張っています。

[st-card myclass=”” id=”11687″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20 Ultra本体の側面を見て行きましょう。

ディスプレイ面から見て右側には、上から音量ボタン、電源ボタンが配置されています。サイドから確認するとカメラの出っ張りも良くわかります。

[st-kaiwa1]左側に音量ボタン・電源ボタンがついているGalaxy Note10+から乗り換える人は注意してね。最初は戸惑うよΣ(゚д゚lll)ガーン[/st-kaiwa1]

ディスプレイのエッジは今までのGalaxyほど大きく曲がっていないのでケースを付けるとエッジが隠れて気にならなくなります。

フラットなディスプレイに近づきました。

 

本体の左側側面には何も配置されてません。

片面にボタンが集約されているのはありがたいですね。

本体の側面上面には、左からスピーカー、SIMカード・microSDカードスロットがあります。

本体の側面下部には左から、マイク、USB Type-C端子、スピーカーが搭載されています。

最近ではディスプレイのノッチ部分にスピーカーが搭載されるスマートフォンも多いですが、Galaxy S20Ultraにはノッチを採用していないため、上面・下面にスピーカーが搭載されています。

Galaxy S20 Ultra 5Gのカメラ性能

Galaxy S20 Ultra 5Gには「サブカメラ」と「メインカメラ」が搭載されています。

Galaxy S20シリーズで初めて搭載された便利な新機能「シングルテイクモード」については「Galaxy S20 5G」のレビュー記事で紹介しています。

[st-card myclass=”” id=”10066″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

サブカメラ

 

ディスプレイ上部の中央に位置するパンチホール内には、10MPのセルフィーカメラ(ピクセルサイズ:1.22µm、視野角:80°、F値:F2.2)が搭載されており、自撮り撮影の時や顔認証の時に使用します。

[st-kaiwa1]パンチホールは特殊なレーザーを使ってディスプレイに穴をあけているよ。難易度の高い技術だから、一部のメーカーにしかできない技なんだよ。[/st-kaiwa1]

メインカメラ

 

Galaxy S20  5Gのメインカメラはトリプルカメラとなっており、カメラの構成は以下の通りです。

カメラスペック
①12MP 超広角カメラF値(絞り):F2.2
②108MP 広角カメラF値(絞り):F1.8
③48MP 望遠カメラF値(絞り):F3.5
④深度測位カメラ

広角カメラはスーパースピードデュアルピクセル AF(オートフォーカス)、OIS(光学式手振れ補正機能)に対応しています。
64MPの望遠レンズは、ハイブリッド光学10倍ズーム、最大30倍のデジタルズームに対応しています。

Galaxy S20 Ultraは108MPの広角カメラを搭載し、Galaxy S20 / S20+の2機種と差別化を図っています。

[st-kaiwa2 r]「光学ズーム」と「デジタルズーム」って何が違うの?[/st-kaiwa2]
[st-kaiwa1]光学ズームはレンズを動かして、焦点距離を変化させ、光学的に拡大して写しているよ。一方のデジタルズームは、写った画像の一部を切り取って補完拡大してるんだ。つまり、デジタルズームでは画質は落ちるけど、光学ズームなら画質は落ちないで撮影できるんだ。[/st-kaiwa1]

ここでGalaxy S20 Ultraで実際に撮影した作例を紹介します。

等倍

Galaxy S20 Ultra 作例 桜

 

2倍ズーム

Galaxy S20 Ultra 作例 桜

 

10倍ズーム

Galaxy S20 Ultra 作例 桜

↑ココまでは画質が落ちずに撮影できます。

20倍ズーム

 

撮影し忘れました。ごめんなさい🙇

 

30倍ズーム

Galaxy S20 Ultra 作例 桜

10倍ズームで撮影した写真まで、画質は劣化せずに撮影できます。

Galaxy S20 Ultra 5Gは10倍ズームでは物足りないというマニア向けのスマートフォンと言えるでしょう。

下記の記事には夜間に撮影した月(moon)の写真も掲載しています。

[st-card myclass=”” id=”11687″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20シリーズは初めて8Kの動画撮影に対応

Galaxy S20シリーズでは、Galaxy史上初となる8Kでの動画撮影に対応しました。

ただ、8Kでの動画撮影は高解像度で撮影できるというメリットがある一方、追尾オートフォーカスやビデオエフェクトには非対応であるというデメリットも存在するので注意が必要です。

Galaxy S20 5G 8K 動画撮影
カメラアプリの設定画面

Galaxy S20Ultraの生体認証

Galaxy S20 Ultra 5Gの生体認証は「超音波式指紋認証(ディスプレイ内)」と「顔認証」に対応しています。

Galaxy S20 Ultra 5Gで採用されている超音波式の指紋センサーは、Galaxy S10シリーズ(Galaxy S10eは除く)やGalaxy Note10シリーズにも採用されてきました。

Galaxyの超音波式指紋認証システムは安全性が高いと言われている一方で、光学式指紋認証システムと比べると認証速度が遅く、認証精度も悪いため非常に不満です。

しかし、研究が進み、年々、Galaxyの超音波式指紋センサーの反応が良くなりました。認証速度はGalaxy S20 Ultra≫Galaxy Note10+>Galaxy S10の順番で速いです。

顔認証は筆者が愛用しているGalaxy Note10+とほとんど変わらないように感じます。Galaxy S20 Ultraの顔認証のスピードはHUAWEIやOPPOのスマートフォンと比べると劣っている印象です。

また、暗い場所での顔認証は失敗することが多いです。

Galaxy S20シリーズ間の指紋認証速度の違いはありません。

Galaxy S20Ultra5Gの音質

Galaxy S20 Ultra 5Gは音質にもこだわっているスマートフォンです。ハイレゾには対応しているのはもちろんのこと、AKGのチューニングにより動画やゲームをクリアで立体感のある音質で楽しむことができます。

ただ、スピーカーはステレオではあるものの、スピーカーが本体の上下についているため、音が聞こえにくいです。

イヤホンやヘッドホンを利用すれば他の機種のように「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応しているため高音質を楽しむことができます。

Galaxyシリーズとして販売されているワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」を利用するとさらに楽しめます。

[st-card myclass=”” id=”9903″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20 Ultra LTEの電池持ち

筆者独自の実験から、バッテリー持ちは非常に悪いであることがわかりました。

電池残量が100%の状態からAnTuTuベンチマークを3回行うと電池残量が89%まで低下してしまいました。

実験についての詳細はコチラをご覧下さい。

Galaxy S20 Ultra 5Gは、SoCにSnapdragon 865、メモリー12GB、ストレージ128GBを搭載しているハイエンド端末のため電池の消費が激しいのは仕方ないことです。

ただ、Galaxy S20 Ultra 5Gの電池容量は5,000mAhと大容量ですが、ディスプレイのサイズも大きいので、バッテリー持ちはほかのGalaxy S20シリーズとほとんどかわりません

Galaxy S10シリーズと比較しても同様で、電池持ちはほとんど同じです。

特にディスプレイの滑らかさを高リフレッシュレート(120Hz)に設定して利用すると電池の消費が激しいです。

下記の記事では実験データを用いてGalaxy S20 / S20+ / S20 Ultra / Note10+のバッテリー持ちを比較しました。

[st-card myclass=”” id=”11687″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20 Ultraの発熱のしやすさ

Galaxy S20 Ultraで電池残量が100%の状態からAnTuTuベンチマークを3回行うと本体が41.4℃まで上昇しました。

実験についての詳細はコチラをご覧下さい。

他のスマートフォンと比べると発熱はしますが、処理能力が制御されて端末の動きが悪くなることはありませんでした。

カメラで5分ほど写真を撮影しているとすぐに熱くなるので、8Kでの長時間の動画撮影はおススメできません。

下記の記事では実験データを用いてGalaxy S20 / S20+ / S20 Ultra / Note10+の発熱のしやすさを比較しています。

実験により、SoCがSnapdragon 865かExynos 990でも発熱のしやすさが異なることがわかっています。

[st-card myclass=”” id=”11687″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

Galaxy S20 Ultra 5Gのケース・フィルム

Galaxy S20 5Gには柔らかい素材でできた透明(青みがかっている)のTPUケースが付属しています。

それ以外で検討されている場合は純正ケースの購入がオススメです。

純正ケースは下記の記事で紹介しています。

[st-card myclass=”” id=”10562″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

フィルムは購入時から貼られているフィルムをそのまま使用することをオススメです。

フィルムが傷んで来たらGalaxy HarajukuのB1Fで同じフィルムを無料で貼り替えてもらうことをオススメします。

[st-card myclass=”” id=”1499″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]

ガラスフィルムを使用すると指紋認証が使えなくなる可能性が高いので使用しない方が良いです。

筆者はGalaxy S10 5Gで指紋認証対応を謳ったガラスフィルムを使用しましたが、まったく指紋認証はできませんでしたのでご注意ください。

【まとめ】Galaxy S20 Ultraはこんなスマートフォン

[st-midasibox-intitle title=”良い点” fontawesome=”fa-check-circle faa-flash animated” bordercolor=”#03A9F4″ color=”#fff” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 10倍ハイブリッド光学ズーム、100倍デジタルズーム対応
[/st-midasibox-intitle]
[st-midasibox-intitle title=”悪い点” fontawesome=”fa-times-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • デカい・重い
  • おサイフケータイ非対応
  • スペックが最低ライン(12GB+128GB)
  • デザイン・カラーがイマイチ
  • 指紋・ホコリが目立つ
  • バッテリー持ちが悪い
  • 端末代が高い
  • 購入特典が微妙
[/st-midasibox-intitle]

※ auから販売されるGalaxy S20 Ultra 5G SCG03についてです。

Galaxy S20 Ultra 5Gはこんな人にオススメ

ずばり、Galaxy S20 Ultra 5Gは10倍のハイブリット光学ズームで物足りないマニアの方におススメです。

10倍のハイブリット光学ズームで十分な方は、Galaxy S20 Ultra 5Gよりも持ちやすくて使い勝手のいい「OPPO Reno 10x Zoom」がおススメです。

[st-card myclass=”” id=”3276″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”” thumbnail=”on” type=””]
国内版auGalaxy S20 Ultra(SCG03)165,980円
海外版SIMフリー【ETOREN】Galaxy S20 Ultra 124,500円~

Galaxy S20 Ultra 5Gはこんな人にオススメできない

Galaxy S20 Ultra 5Gはほとんどの方におススメできません

筆者自身もココまで他人におススメできないスマートフォンは初めてです。

Galaxy S20 Ultra 5Gはカメラに注力しすぎているせいで、スマートフォンの持ちやすさ(大きさ)、重さ、デザインといったスマートフォンにおいて最も重要であると考えられる点を完全に無視しています。

そのため、日常生活で持ち歩くデバイスとしては不適当です。

OCNモバイルONEのクーポンが激ヤバ!


OCNモバイルONE クーポンで激安