Samsung、国内版 Galaxyに指紋認証の問題を改善するアップデートを提供

この記事は約4分で読めます。

サムスン電子ジャパンは、国内版 Galaxyに指紋認証の問題を改善するアップデートを提供すると、Galaxyユーザー向けの情報共有アプリ「Galaxy Members」で発表しました。

先日、英国のGalaxyユーザーが指紋認証に登録していない指でもシリコン製のスマホケースを使うことによりロック解除できてしまうと報告していた。

Samsungはこの問題を認め、指紋認証のセキュリティーアップデートを提供することになった。

アップデートの対応機種は、Galaxy Note10(*)、Galaxy Note10+、Galaxy S10、Galaxy S10+、Galaxy S10 5G(*) です。

(*)は日本未発売の端末

現時点でセキュリティーアップデートの具体的な配信日は公表されていません。

スマートフォンに指紋が登録されている場合のみ、段階的に提供されます。

セキュリティーアップデートの更新通知を受信した場合、端末のアップデートを行うまで通知を削除できないため注意が必要です。

また、セキュリティーアップデート実施後に指紋を再登録するよう呼びかけています。

「Galaxy Members」アプリで公表された内容を下記に掲載しましたので、詳細はこちらでご確認下さい。

[指紋認識のソフトウェア更新のお知らせ]

Galaxy Note10(*), Note10 +, S10, S10+,及びS10 5G(*)端末の指紋認証について改善するソフトウェアバッチをリリースします。
内側がテクスチャ加工されたシリコン製の保護力カバーを使用している場合、テクスチャ白体がスマートフォンのロックを解除できる指紋として認議される事象が確認されました。
端木に指紋を登録している場合は、通知が送信されれます。この史新は段階的に送信されるため、時間がかかる場合があります。

(*)日本未発売

[更新手順]

1.「Biometrics update(生体認証アップデート)」というタイトルの新通知を受け取ったら、「更新」をタップします。

2.更新が完了したら、端末を再起動します。

3.過去にシリコン製力バーを使用したことがある場合は、以前の指殺倍報をすべて端末から削除し、カバーを使用せずに再登録してください。

ソフトウェアが最新バージョンに更新されていない場合、最適な指紋登録あるいはスキャンを保証できません。
また、内部にテクスチャ表面のあるシリコン製保護カバーの使用を控えることを強くお勧めします。
更新したら、必ず指紋全体をスキャンしてください。これにより、 中心や角を含む指紋のすべての部分が完全にスキャンされよす。

当社は製品のセキュリティを最優先に考え、今後も生体認証機能の継続的なテストと改善に努めます。

ご質問やご不明点がある場合は、Galaxyカスタマーサポートセンターにお問い合わせください。

[Q &A]

Q:新しいソフトウェアパッチの通知を受け取っていません。

A:通知は、端末に指紋が登録されているお客様にのみ段階的に送信されます。

指紋が登録されていない場合、通知は送信されません。

Q:端末のソフトウェア更新通知を削除できません。

A:アップデートには指紋スキャナーの主要な改善が含まれているため、インストールすることを強くお勧めします。
更新ブログラムがインストールされるまで、通知は削除できないことに注意してください。

Q:更新が完了した後に指紋を再登録する必要があるのはなぜですか?

A:過去にスクリーン保護力バーを使用したことがある場合、端末に登録されている指紋に誤った指紋情報が含まれている可能性があり、認識の問題が再現される可能性があります。
スクリーン保護カバーを装着している状態で端末に指紋を登録した知合、またはスクリーン保護力バーを装着している状態で指紋スキャナーを使用した場合は、以前の指殺をすべて削除し、カバーを装着せずに指紋を再登録してください。

以上

【追記】10月25日(金)

指紋認証のセキュリティーアップデートの開始を確認しました。

筆者が所有している端末のアップデート状況

・Galaxy Note10+ (SC-01M):10月25日午後

・Galaxy Note10+(SCV45):10月25日午後

・Galaxy S10+(SCV42):10月25日午前

タイトルとURLをコピーしました