【速報】Galaxy S23 Ultra 実機レビュー 掲載中!

Zenfone 10 レビュー | 価格と性能のバランスが良く、電池持ちがさらに最強に

Zenfone 10 レビュー
  • URLをコピーしました!

〈景品表示法に基づく表記〉本記事には広告が含まれています。

あなたに最適な格安SIMがわかります!

Q1

店頭でのサポートは必要ですか?

この記事では、ASUSの最新のハイエンドAndroidスマートフォン「Zenfone 10(読み方:ゼンフォン テン)」の実機レビューをお送りします。

2023年9月6日にASUSから発表されたZenfone 10は、5.9インチとコンパクトで軽量(172g)でありながら、最高峰のSoC「Qualcomm® Snapdragon™ 8 Gen 2」を搭載した高性能なスマートフォンです。

Zenfone 10を約2週間使用して感じたメリット・デメリットをお伝えします。

メリットデメリット
9万円台から購入可能(業界最安値?)
片手で持てるコンパクトなスマートフォン
現行最高峰で省電力性にも優れたSnapdragon™ 8 Gen 2を搭載
最大144Hzリフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイを搭載
4,300mAhの大容量バッテリー搭載で電池持ちが良い
ジンバル機能搭載のカメラでブレの少ない動画撮影が可能
発熱対策バッチリ
指紋認証・顔認証の精度が非常に良い
イヤホンジャック搭載
ワイヤレス充電に対応
microSD非対応
カメラの性能(望遠・AI補正)がイマイチ
スリープ時に頻繁に勝手に再起動する

メーカーのASUS JAPANにZenfone 10をお借りしてレビューを行っていますが、メーカーは本記事の内容に一切関与していません。忖度せずにZenfone 10の良い点・悪い点をレビューしています。

Zenfone 10の項目別評価は以下の通りです。

Zenfone 10
デザイン
携帯性
ディスプレイ
ゲーム性能
カメラ
バッテリー持ち
スピーカー
生体認証
発熱対策
価格
総合満足度

この記事では、Zenfone 10のデザイン、携帯性、ディスプレイ、ゲーム性能(快適性、発熱)、電池持ち、生体認証の精度・速度、スピーカーの音質などを中心にレビューしていきます。

目次

Zenfone 10のパッケージ・付属品をレビュー

Zenfone 10は白を基調とした紙製の外箱を採用。

外箱は環境に配慮した100%リサイクル可能な古紙パルプを使用、印刷には石油でなく大豆ベースのインクを使用しています。

Zenfone 10の付属品は以下の通りです。

  • USB ACアダプターセット
  • SIMイジェクトピン
  • 専用ケース
  • ユーザーマニュアル(兼製品保証書)等
  • IMEIシール

エコを理由に付属品を減らすメーカーが増える中、ASUS Zenfone 10にはケースや最大30Wで充電可能なUSB ACアダプターセットまで付属します。

Zenfone 10には本体と同様のデザインを施したブラックカラーのポリカーボネート製(プラスチック)ケースも付属します。

スマホマホ

スマホ本体のデザイン・カラーが気に入っているのに、黒のケースじゃ見えなくなっちまうよ(泣)

透明のTPUケースの方が嬉しいな!

ケースの内側から見ると上下側面は大きく開いています。

Zenfone 10の外観・デザインをレビュー

Zenfone 10は洗練されたスタイリッシュなデザインとカラーも特長の一つです。

本体カラーはZenfone 9から人気のミッドナイトブラックとスターリーブルーと、新色のオーロラグリーン、コメットホワイト、エクリプスレッドから選択できますが、メモリ・内蔵ストレージによりカラー展開が異なるので注意が必要です。

メモリ
内蔵ストレージ
8GB
128GB
8GB
256GB
16GB
512GB
ミッドナイトブラック
スターリーブルー
オーロラグリーン
コメットホワイト
エクリプスレッド

Zenfone 10のデザイン・サイズをZenfone 9と比較します。

左:Zenfone 10 右:Zenfone 9
Zenfone 10Zenfone 9Zenfone 8Xperia 5 IV
重量172g169g169g172g
146.5mm146.5mm148mm156mm
68.1mm68.1mm68.5mm67mm
厚さ9.4mm9.1mm8.9mm8.2mm
カラーミッドナイトブラック
スターリーブルー
オーロラグリーン
コメットホワイト
エクリプスレッド
ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト
スターリーブルー
サンセットレッド
オブシディアンブラック
ホライゾンシルバー
ムーンライトホワイト
エクリュホワイト
ブラック
グリーン
ブルー
パープル
参考
Galaxy S23146x71x7.6mm、168g
Pixel 7155.6×73.2×8.7mm、約197g
iPhone14146.7×71.5×7.80mm、172 g
iPhone14 Pro147.5×71.5×7.85mm、206 g

最上位モデル(16GB+512GB)のミッドナイトブラックカラーのZenfone 10をお借りしてレビューしています。

背面右下に記載の機種名がロゴに変更となりました。

機種名の刻印はカメラ下に移動し、△記号のデザインもレッドカラーとなり、いいアクセントになっています。

Zenfone 10ではZenfone 9/8のFeliCa(おサイフケータイ)機能も継承。

FeliCaロゴが省略されていますが、FeliCaの位置は本体のフィルムや同梱の取り扱い説明書で確認できます。

Zenfone 10の側面のデザインもZenfone 9と比較しながら見ていきます。

Zenfone 10の側面はコメットホワイトカラーのみがシルバーで、その他のカラーはブラックとなっています。

背面から見て側面下部には左からスピーカー、USB-Cポート、マイク穴、SIMスロットがあります。

側面上部には3.5mmイヤホンジャック、マイク穴があります。

右側面には何もありません。

左側面は音量ボタン、指紋センサー内蔵の電源ボタン(ZenTouchボタン)が配置されています。

Zenfone 9では電源ボタンにラインが入っていましたがZenfone 10では廃止されました。それ以外でデザイン面の差異はありません。

その他のZenfone 10のインターフェースは画像の通りです。

Zenfone 10のディスプレイをレビュー

左からZenfone 10、Zenfone 9、Galaxy S23 Ultra、Pixel 7 Pro
Zenfone 10Zenfone 9Galaxy S23 UltraPixel 7 Pro
画面サイズ5.9インチ6.8インチ6.7インチ
パネル有機EL有機EL有機EL
解像度FHD+
2,400×1,080
QHD+
3,088 x 1,440
QHD+
3,120×1,440
リフレシュレート144Hz120Hz120Hz120 Hz
最大輝度1,100ニト1,100ニト1750ニト1,500ニト
参考
Galaxy S236.1インチ
Pixel 76.3インチ
iPhone14
iPhone14 Pro
6.1インチ

Zenfone 10は5.9インチの有機ELディスプレイ(AMOLED ディスプレイ)を採用。ディスプレイ性能はZenfone 9とほぼ同じです。

Zenfone 10のディスプレイはFHD+ (2,400×1,080) の解像度で445ppiと高精細です。

Zenfone 10のディスプレイはDelta-E<1と正確な色再現を実現するなど非常に高いパフォーマンスを有しています。

Zenfone 10は、ディスプレイの輝度(明るさ)が最大800 nit(100%APL)で、ピーク輝度も1,100nitであることから、屋外など直射日光の強い場所でもある程度問題なく利用できます。

リフレッシュレートの説明

Zenfone 10は通常利用で120Hzの高リフレッシュレート、240Hz のタッチサンプリングレート、1ms の応答時間に対応、滑らかでスムーズな映像体験を得ることができます。

一部のゲームでは、標準搭載のGame Genie(ゲーム管理・最適化機能)にて設定を変更すると、144Hzの高リフレッシュレートでゲームがプレイできます。

高リフレッシュレートはバッテリー持ちに影響します。

リフレッシュレートは設定画面にて、120Hz/90Hz/60Hz/自動から選択しながら、うまく使い分けましょう。

Zenfone 10の性能をレビュー

Zenfone 10Zenfone 9
SoCSnapdragon 8 Gen 2Snapdragon 8+ Gen 1
内蔵
メモリ
8GB
16GB
8GB
16GB
内蔵
ストレージ
256GB
512GB
128GB
256GB
microSD××
eSIM××
スロットSIM1
SIM2
SIM1
SIM2
3.5mm
オーディオジャック
防水・防塵IP65/IP68IP65/IP68
FeliCa

Zenfone 10は、コンパクトなデザインに超高性能のQualcomm Snapdragon 8 Gen 2プロセッサを搭載した強力なフラッグシップスマートフォンです。

16GB RAMと512GBのストレージを持ち、写真、動画、ゲーム、動画編集などの要求の高いタスクに対応します。

スマホマホ

あまりゲームをしない場合は8GBモデルで十分だよ♫

ベンチマークアプリ3種(AnTuTu、Geekbench 5、PCMark)を用いて、Zenfone 10のパフォーマンスを競合のスマートフォンと比較しました。

機種名Zenfone 10
SoCSnapdragon 8 Gen 2
AnTuTu1570578
Geekbench 5
(シングル/マルチ)
2004
5474
PCMark11918
AnTuTuGeekbench 5PCMark
AnTuTuGeekbench 6PCMark

Geekbench 5(マルチ)のスコアをグラフにまとめました。

Geekbench 5(マルチ) スコア
iPhone 14 Pro Max
6668
Xiaomi 13 Ultra
5648
Zenfone 10
5474
Galaxy S23 Ultra
5233
Zenfone 9
4556

また、AnTuTuベンチマークを5回連続で測定し、負荷をかけた状態でどれほどのパフォーマンスを発揮できるか調査しました。

機種名ASUS
Zenfone 10
ASUS
Zenfone 9
Samsung
Galaxy S23 Ultra
Xiaomi
13 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 2Snapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 8 Gen 2
温度 [℃]スコア [点]温度 [℃]スコア [点]温度 [℃]スコア [点]温度 [℃]スコア [点]
1回目40157057838120393136.21558053391552723
2回目45152829040118304739.2147485542.81514542
3回目45149031543118116740146454444.91524450
4回目45135381043116883342141891744.31517865
5回目45143874543118216741.1140624343.91535452

Zenfone 10は、2倍近い価格もするGalaxy S23 Ultraより高スコアを連続で叩き出し、かなり安定したパフォーマンスを発揮することがわかりました。

高性能で安定した性能を発揮するZenfone 10ですが、スリープ時において、頻繁に勝手に再起動する問題が発生しています。

筆者の端末ではスリープ時に30分に1回程度の頻度で再起動またはシャットダウン(電源OFF)される現象を確認しています。ただし、Zenfone 10使用中にこのような問題は発生していません。

ASUSの広報に確認を行ったところ、2023年9月6日のアップデートにて改善されるとのことでしたが、残念ながらアップデートを行っても改善は見られませんでした。

ただ、サンプル機固有のバクの可能性やハズレ個体である可能性もございます。

Zenfone 10のゲーム性能をレビュー

Zenfone 10にはゲームを快適にプレイできる環境が整っています。

ゲーム中に、画面の左上または右上からスワイプしGame Genieが起動すれば、本体の温度やゲームのフレームレートの確認、Webブラウザの使用、ゲーム画面の録画機能などゲームを有利に進める便利な機能が数多く搭載されています。

Game Genieは4つのモードが利用でき、④の高性能を選択することで最大限のパワーを発揮します。

①超省電力
②省電力
③ダイナミック
④高性能

実際にゲームごとの動作状況を確認しました。「TakoStats」を用いて各モード(①~④)でのFPSも測定しています。

リフレッシュレートは全て144Hzに設定。

Asphalt 9

レーシングゲームのAsphalt 9の動作状況です。

ビジュアルクオリティ「高品質」に設定の上、高性能モードごとに1レースずつFPSも計測しまたしたが、④の高性能を選択すれば、非常に快適に遊ぶことができます。

約2倍近い価格でコマ落ちも頻繁にあるSamsung Galaxy S23 Ultraよりも快適にプレイできました。

スマホマホ

筆者は、Samsung主催の「Asphalt 9 タイムアタックチャレンジ!!」で優勝するほどのガチ課金者です(汗)

原神

大人気の「原神」の検証です。

スマホの性能が求められるゲームですが、Zenfone 10ではけっこう厳しいです。

③ダイナミックを選択の上、画質:カスタム、フレームレート:60fpsで試しましたが、頻繁にかくつきが見られました(フレームレートは40fps程度でした)。

④高性能を選択し、画質:中(デフォルト)、フレームレート:30fpsならば、ある程度は快適にプレイできそうです。

ガチ勢の方からスメール(砂漠)のエリアが一番厳しいとも聞かれるので、何とも言えませんが・・・

Zenfone 10のカメラをレビュー

Zenfone 10Zenfone 9
メイン5,000万画素
SONY IMX766
1/1.56 インチ
F値1.9、84.6°
超広角1,300万画素
OmniVision OV13B
1/3.06インチ
1,200万画素
SONY IMX363
1/2.55インチ
F値 2.2、113˚
マクロ
望遠
ズーム倍率
(背面)
0.6~8倍0.6~8倍
インカメラOmniVision OV32C
3,200万画素
1/3.2
1,200万画素
F値2.45

Zenfone 10では超広角カメラとインカメラのセンサーが変更となり、AF(オートフォーカス)非対応となりました。

Zenfone 10のメインカメラ(広角カメラ)には5,000 万画素のSONY製 IMX766 センサー(1/1.56インチ)を採用、6軸ジンバルモジュールとアダプティブEISも搭載し、滑らかで画面揺れのない動画撮影が可能です。

アダプティブEISは端末のブレをリアルタイムで検知し、自動調整して最適な画角を維持します。これにより、手振れ補正の設定を気にせず、高品質な動画を撮影できます。

インカメラにはRGBWセンサーを採用した3200万画素の広角カメラが搭載されており、室内や暗い環境でも明るく高画質な自撮りが可能です。RGBWセンサーの採用により、光の取り込みが向上し、ノイズが低減しています。

また、Zenfone 10の対応撮影モードと倍率は以下の通りです。

超広角カメラ
13MP
OV13B
広角カメラ
50MP
IMX766
インカメラ
32MP
OV32C
写真0.6~0.9倍1.0~8.0倍1.0倍
動画8K30fps1.0~4.0倍
4K60fps
30fps0.6~0.9倍
FHD60fps
30fps1.0倍
Zenfone 9からの変更点
  • 動画:8K 24fps⇒30fps
  • 動画:FHD 60fps 超広角カメラ 非対応⇒対応
  • 動画:4K 30fps・FHD 60fps インカメラ 対応⇒非対応

動画撮影

Zenfone 10とZenfone 9はジンバル機能を用いた手振れ補正機能(HyperSteady)に対応しています。

Zenfone 10とZenfone 9の手ぶれ補正は「HyperSteady(ジンバル機能)」「普通」「オフ」から選択可能です(4K、8K撮影時はHyperSteady選択不可)。HyperSteady有効時は非常に安定した動画を撮影できています。

Zenfone 10、Zenfone 9、Galaxy S23 Ultraの3機種でFHD、60fpsの動画を撮影しました。Zenfone2台はHyperSteadyをON、Galaxy S23 Ultraも手ぶれ補正ONで撮影しています。

スマホマホ

Galaxy S23 UltraはZenfone 10の2倍近い値段だけど、手ブレ補正が凄すぎるね😯

写真撮影

Zenfone 10で実際に撮影した写真をZenfone 9と比較します。

作例はZenfone 10⇒Zenfone 9の順に掲載しています。写真左下にも機種名を記載しています。

昼間

Zenfone新旧モデルでもかなり異なる写真の仕上がりになっています。

スマホマホ

東京タワーはでっかいど~

▼その他のスマホで撮影した写真はコチラ▼

カービーがなんだか青い・・・(LED照明下での撮影に弱い?)

スマホマホ

千葉・幕張で9月10日(日)まで「台湾祭in千葉MAKUHARI 2023」が開催されているよ。

Zenfoneを開発・販売しているASUS(エイスース)は台湾のメーカーだから、Zenfoneを持っていって撮影してきたよ♬

スマホマホ

普段お酒呑まない人がビール飲んだら酔っ払ってかき氷食べられなくなっちゃった(T_T)

食べ物

食べ物は照明など撮影条件に大きく影響する印象です。

Zenfone 9でお寿司の写真を撮り忘れました^^;

夜間

光量の多い場所では特に困ることなく、撮影可能です。

居酒屋街の写真はZenfone 9で全体的に赤みが強い印象です。

その他のスマホでの作例はコチラ!

東京・赤羽の人気居酒屋「赤羽トロ函」、2機種でも写り方はけっこう違う印象です。

その他の機種での作例はコチラ!

電飾看板の多い駅前の写真では顕著な差が見られた。Zenfone 9では電飾看板にフォーカスを当てているために黒つぶれが多く見られるが、Zenfone 10では白飛びを恐れずにバランスを重視した写りに見えます。

ズーム

AI補正機能やシステム最適化のためか、ズーム性能はZenfone 9からZenfone 10で改善が見られます。

特に4倍程度の撮影で差が顕著に出ます(最大倍率の8倍ではそこまで差はないように感じます)。

【4倍】

【8倍】

ライトトレイルモード

ライトトレイルモードは、手動のシャッター操作やプリセットされたシャッター時間を使用して、トラフィックライト、ライトグラフィティ、滝など動きのある風景を線状になった光跡の写真で撮影できるモードで、搭載されているプリセットと撮影時間は以下の通りです。

モード撮影時間
トラフィックライト8秒
ライトグラフィティ8秒
8秒
人の往来4秒
スタートレイル2時間

実際の作例はコチラ!

ライトトレイルモード(滝)で撮影

インカメラ

Zenfone 10のインカメラにはRGBWセンサーが搭載、Zenfone 9と比較して光の取り込みが67%向上、ノイズが50%軽減されています。

インカメラでdocomoの変な鳥(ポインコ)を撮影してみましたが、あまり違いがわかりませんでした(人間を撮りましょう)。

おじさんの自撮り写真は掲載できませんが、人物の撮影では違いがよくわかります。

人間の肌がZenfone 9ではプリクラのような極端な補正が行われるのに対して、Zenfone 10ではシミやホクロなどをほどよく補正し、バランスの良いちょい盛りの写真に仕上げてくれます。

Zenfone 10の電池持ち・充電速度をレビュー

バッテリー持ち

Zenfone 10
Zenfone 9
バッテリー容量4,300mAh
急速充電30W
急速充電対応規格Quick Charge 4.0
USB Power Delivery 3.0
ワイヤレス充電×
リバース ワイヤレス充電×

Zenfone 10のバッテリー容量は4,300mAhで、前モデルZenfone 9からバッテリー周りで変更点はありませんが、ASUSによると、最適化等が行われバッテリーライフが12.9%向上したとのことです。

スマ男

確かに、Zenfone 10の電池持ちは優秀じゃな♬

Zenfone 10のバッテリー持ちを検証するために、PC Markバッテリーテストを輝度(明るさ)、リフレッシュレート(120Hz)最大の状態で行ってみました。

結果は以下の通りです。

機種電池持ち
(PCMark)
Zenfone 109時間49分
Zenfone 97時間53分
ROG Phone 7 Ultimate9時間16分
ROG Phone 69時間15分
ROG Phone 6 Pro8時間45分
Zenfone 84時間50分
Pixel 7 Pro6時間35分

Zenfone 10はZenfone 9と比べて電池持ちが大幅に改善されていることがわかります。

PCMark 電池持ちテスト(100%⇒20%)
Zenfone 10
9時間49分
ROG Phone 7 Ultimate
9時間16分
ROG Phone 6
9時間15分
ROG Phone 6 Pro
8時間45分
Zenfone 9
7時間53分
Pixel 7 Pro
6時間35分
Zenfone 8
4時間50分

今回の検証で、Zenfone 10はZenfone 9から約24.5%電池持ちが改善したことがわかりました。

また、実際に日常生活でもZenfone 10をメインで利用してみましたが、筆者の使い方なら1日は確実に使える印象でした。

ゲーム・Zoom会議など常にディスプレイを表示している状態だと、1時間に10%程度バッテリーが減るようです。

時刻電池残量行動記録
1日目8:27-8:5379%⇒100%Zenfone 10の充電
9:48-10:12100%⇒98%音楽視聴(イヤホン)
10:12-11:1198%⇒89%ゲーム(Asphalt 9)プレイ
13:52-15:4786%⇒65%Zoom会議
15:58-17:0364%⇒51%ゲーム(原神)ダウンロード
19:55-20:0349%⇒48%ゲーム測定の準備
20:56-21:0946%⇒39%ゲーム(Asphalt 9)プレイ
23:3037%就寝
2日目10:40-11:0130%⇒29%音楽視聴(イヤホン)
11:01-11:2729%⇒19%ゲーム(Asphalt 9)プレイ
11:27-11:4219%⇒16%プラウジング、写真撮影
13:46-15:0512%⇒0%音楽視聴(スピーカー、イヤホン)

数分程度のブラウジング・メールチェック等は行動記録に掲載していません。

充電速度

付属の純正充電器を用いて充電時間を測定したところ、

充電時間 [分]電池残量[%]
00
1022
2040
3055
4068
5079
6085
7094
8099
81:45100

また、Zenfone 10では新たにワイヤレス充電に対応した点も見逃せません。

Zenfone 10のスピーカーの音質をレビュー

Zenfone 10はコンパクトボディにもかかわらず、音質・スピーカーにもこだわっています。

Zenfone 10はDirac Virtuoによる高度なサウンドチューニングをえた大型のデュアルスピーカーも備えています。

3.5mmイヤホン、USB-C、Bluetoothを含むすべてのヘッドホン・イヤホンでこの空間オーディオを体験できます。

192kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生にも対応しており、ハイレゾ対応の音楽や音楽データを高音質で楽しむことができます。

実際にAmazon Music Unlimitedので音楽を再生してみると、想像以上のスピーカーに驚きます。

高域・低域はやや控えめですが、中高域は気持ちいいほどしっかり鳴らせている印象です。

ただ、スピーカーで大音量にすると、筐体が振動し不安定になります。

Zenfone 10は3.5mmイヤホンジャックにも引き続き対応、ハイレゾオーディオ(HRA)認定を受けており、ハイレゾオーディオ認定の出力デバイスに接続すれば、最大32 ビット/384kHzで再生可能です。

DiracVirtuo™と呼ばれる空間オーディオ技術に対応しており、ワイヤレス・有線のヘッドホンやイヤホンを使用する際に立体的なサウンドを楽しむことができます。

バックグラウンドで有効となるDirac がチューニングした様々なオーディオスタイルがあり、動的、音楽、シネマ、ゲームの4つのモードから選択できます。

Zenfone 10の生体認証をレビュー

顔認証対応
指紋認証対応
認証精度を◎・〇・△・×の4段階で評価

Zenfone 10の生体認証は側面の指紋認証(ZenTouch2.0 ボタン)と顔認証に対応しています。

ZenTouch2.0は指紋認証によるロック解除のほかスマートキーとしても機能します(機能は画像参照)。

顔認証・指紋認証の認証精度・速度は動画でご確認ください(後ほど投稿、Zenfone 9の動画を掲載中)。

顔認証

Zenfone 10の顔認証の認証精度・速度は非常に優秀です。

マスクやメガネ着用時でも問題なく顔認証が使えます。

指紋認証

Zenfone 10の指紋認証の認証精度・速度は非常に優秀で、認証に失敗したことがありません。

Zenfone 10のアクセサリーをレビュー

Zenfone 10の純正アクセサリーとして、便利なアクセサリー3 点セットの「Zenfone 10 Connex Accessories Set」が5,280円にて用意されています。

去年発売された「Zenfone 9 Connex Accessories Set」のレビュー記事も参考にしてみてください。

Zenfone 10用のSmart Backpack Mountは残念ながら発売されないようです。

Zenfone 9用の純正アクセサリーはZenfone 10で使いまわしできないので注意が必要です。

Zenfone 10のバンド・SIMカード対応状況をレビュー

Zenfone 10で対応しているバンド(日本国内で利用中のバンドのみ)と対応キャリアを表でまとめました。

docomo

docomo
世代BandZenfone 10
5Gn78
n79

n257


×
4G1
3
19
/26
21
28
42



×

3G
Ⅵ/XIX

Zenfone 10は5G n79非対応のため、ドコモ回線での利用はあまりオススメしません(使えないわけではありません)。

オススメの格安SIM(docomo回線)

第1位:

爆速!5分通話無料&月20GBで2,970円!

第2位:

6ヶ月間 4GBプランが550円!Zenfone 10も販売予定!

au

au
世代BandZenfone 10
5Gn3
n28
n77
n78
n257




×
4G1
3

11
18/26
28
42


×


Zenfone 10はau回線で快適に利用できます。

オススメの格安SIM(au回線)

第1位:

爆速!店頭サポート対応で安心!

第2位:

6ヶ月間 4GBプランが550円!Zenfone 9も販売中!

第3位:

基本料金0円!使うだけギガをチャージ!

SoftBank

SoftBank
世代BandZenfone 10
5Gn3
n28
n77
n257



×
4G1
3
8

11
28
41
42



×


×
3G

Zenfone 10はソフトバンク回線で快適に利用できます。

オススメの格安SIM(SoftBank回線)

第2位:

SoftBankと同品質!3GBで月990円!しかも12ヶ月間実質無料

第1位:

店頭サポート対応で安心!

楽天モバイル

楽天モバイル
世代BandZenfone 10
5Gn77
n257

×
4G3
(18/26)

※ 4GのBand18/26はauのローミングエリア

Zenfone 10はRakuten回線で快適に利用できます。

オススメの格安SIM(Rakuten回線)

第1位:

Rakuten Linkで通話無料!

Zenfone 10のレビュー | まとめ

最後にZenfone 10の良い点(メリット)・悪い点(デメリット)をまとめます。

ASUS Zenfone 10
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 片手で持てるコンパクトなスマートフォン
  • 現行最高峰で省電力性にも優れたSnapdragon™ 8 Gen 2を搭載
  • 最大144Hzリフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイを搭載
  • 4,300mAhの大容量バッテリー搭載で電池持ちが良い
  • ジンバル機能搭載のカメラでブレの少ない動画撮影が可能
  • 発熱対策バッチリ
  • 指紋認証・顔認証の精度が非常に良い
  • イヤホンジャック搭載
  • ワイヤレス充電対応
  • 9万円台から購入可能
デメリット
  • microSD非対応
  •  カメラの性能(望遠・AI補正)がイマイチ
  • スリープ時に頻繁に勝手に再起動する

Zenfone 10を安く買う方法

最後にASUS Zenfone10の本体価格・発売日と安く購入する方法を紹介します。

Zenfone 10Zenfone 9
8GB+128GB99,800円99,800円
8GB+256GB112,800円112,800円
16GB+256GB129,800円
16GB+512GB134,800円

Zenfone 10の希望小売価格は99,800円からで、2023年9月6日から予約を開始し、2023年9月8日(金)に発売します。

また、Zenfone 10の販路は以下の予定です。

スクロールできます
オンラインストアASUS Store
ECサイト Amazon.co.jp
家電量販店、ビックカメラ、エディオン、Joshin、ヨドバシカメラ
MVNO

Zenfone 10はMVNO(格安SIM)での購入がオトクになる可能性が高いです。詳細判明次第情報を更新いたします。

MVNO実質価格備考
【8+128GBモデル】
MNP:79,800円
端末単体:実質87,800円
端末のみ購入で10,000円ギフト券
通常価格:97,800円
【8+256GBモデル】
MNP:89,800円
端末単体:実質94,800円
端末のみ購入で10,000円ギフト券
通常価格:104,800円
【16+512GBモデル】
MNP:99,800円
端末単体:実質109,000円
端末のみ購入で10,000円ギフト券
通常価格:119,000円
【8+128GBモデル】
よかったらシェアして下さい!
  • URLをコピーしました!

コメント|お気軽にどうぞ♪

コメントする

CAPTCHA


目次